Et al

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索

Et al(エト・アルもしくはエトール)とは、歴史上世界で最も科学の発展に貢献したイタリア出身の科学者である[1]。一部論文では主要研究者に加え「& al(およびアル)」と表記されることも多い。

アルは科学への熱烈な探究心を持った人物であったが、彼が主体的に成し遂げた研究や解決した問題は殆ど存在してない。しかし彼はその献身的とも言える科学への情熱により多くの研究者に助力し、社会学上の研究において37512の論文、行動科学において12336の論文、文化人類学の研究において455761の論文及びその他科学諸分野において不明量の論文に名を連ねている[2]

アルは幼少のころより科学分野に病的と言うべきほどの関心を持っており、科学分野に対する理解力も高く特に算術に関しては異常とも言える計算力を見せた。周囲の人間もアル自身も、彼が科学者となり偉大な研究を成し遂げるだろうと疑いもなく考えていた。しかし彼は理解力や計算力や熱意といったものに関しては誰一人及ばぬほどの能力をもっていたが、独自で研究を成し遂げるために必要な、未解決の事象の根本を推察するような豊かな発想力や問題解決の手段を作り出す独創力といったものが一切として欠けていたために、彼自身が主体として成し遂げられた研究結果はほぼ存在していない[1]

しかし彼は科学分野への情熱を捨てきることが出来ず、他の研究者の手助けとなることを決意し、膨大な数の試行や観察調査またそのデータ整理と計算などにおいて彼は研究者たちの大いに助けとなった。特に単純な計算やデータの整理は数人から数千人程度の役割を難なくとして果たし多くの研究に大幅な進展をもたらすこととなった[1]。彼の研究への尽力がなければ科学の発展は科学全体でも50年は遅れただろうと考えられている[3]

アルは数多くの偉大な研究において献身的な助力を行ったが、多くの場合は研究における4番目5番目以下の功労者として扱われることが多く、筆頭著者となったことが一度もない。そのため、主要な研究成果を成し遂げた科学者として見られない場合が殆どである。そのため彼は後にノーベル賞などを授与された偉大な研究に関わっていても、受賞者として名声を得ることは果たしていない。近年、ノーベル賞で1研究結果の受賞人数を3人から増やそうとする動きが見られるが、それはアルに賞の栄誉を与えるためとも言われている[4]

アルはあまりにも多くの論文の著者に名前を連ねており、なおかつ筆頭著者になっていないために、単なるギフトオーサーシップとして名前を載せているだけではないかとの批判も少なからずある。しかしアルの業績は多分野に亘り、ユーリ・ストルチコフのような特定の事情による論文数の水増しとは一線を画している。一部の陰謀論者は、アルは世界的な富豪で、世界中の研究者に資金を提供する見返りに論文に名前を載せるよう要求していると主張するが、根拠のない噂の域を出ない。[5]

欧文誌には彼の名が頻繁に見られるが、和文誌に彼が参加した研究論文が投稿されたことはほぼ皆無である。しかし日本人研究者との共同研究自体は多く、たとえば江崎玲於奈小柴昌俊といったノーベル賞受賞者との共著論文も多数存在する[1]

主な業績[編集]

マンハッタン計画
オッペンハイマーの指揮の下、臨界までの連鎖反応に関する諸計算および爆縮レンズを成立させるためのZND理論を用いた膨大な計算において尽力を果たした。特に爆縮レンズの計算においてはノイマンと共同で10ヶ月以上の時間が必要ながら、計算の完成に大幅な時間の短縮を見せることとなった。第二次世界大戦中にマンハッタン計画が完成したのには、実際のところアルの功績が大きく、悪魔の兵器の生みの親として批判に晒されていたオッペンハイマーとは強い確執があった[3]
チェルノブイリ原発事故の事故調査
Wikipediaチェルノブイリ原子力発電所事故の出典.jpeg
日本語版wikipediaの出典などからも、その貢献が一目で見て取れる。

出典[編集]

  1. ^ a b c d Taro Yamada et al.(2012) "エト・アルの関わった研究とその反証結果について" 02-04
  2. ^ John Smyth et al.(2001) "Et al's research, its all" 38-44
  3. ^ a b John Doe et al.(2003) "Et al's history ofhalf his life"
  4. ^ Alan Smithee et al.(2006) "ノーベル賞の栄光と堕落"
  5. ^ Pedro Peréz et al.(2004) "The suspicions of honorary authorship about Et al's report"

関連項目[編集]