Deep Love

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「Deep Love」の項目を執筆しています。
「実に下らない」
Deep Love について、福山雅治

Deep Love(でえぷ ろヴぇ)は日本を代表するお笑い芸人のYoshiによる携帯小説、それを原作とした映画漫画・テレビドラマである。後にリアル鬼ごっこ恋空へと続く平成のお笑い小説三部作の第一弾である。

あらすじ[編集]

売春が趣味のDQN女子高生アユが色々あっておばあちゃんと同居することになる。DQNな元彼のホスト不思議な小麦粉で死んじゃったり、DQNな友人がDQNレイプされDQN予備軍のガキを孕んだのでレイプを指示したDQN女に復讐をするなどして過ごしていたある日、おばあちゃんが亡くなり、葬式で心臓病のDQNに出会う。

例の如くDQN女子高生はDQN男に惚れて、手術費用を稼ぐために唯一の特技のセックスを生かしてDQN親父と売春を繰り返す。ついでにDQN男のDQNな父親とも寝る。エイズに感染するんだけどお構いなしにセックス!セックス!そして死ぬ。

なお、DQNな友人が孕んだ子供の名前はアユにしてDQNの無限連鎖が繰り返されること間違いないというDQNDQNDQNDQNDQNDQNDQN!なストーリー。

世界観[編集]

現代日本をベースとしているようだが、「道端で堂々と売春をしていてもお咎め無し」「レイプ犯が誰一人として逮捕されない」などのことから、治安が著しく悪い世紀末な世界であると考えられる。

登場人物[編集]

おばあちゃん
この物語の実質的な主人公。二本で1円の造花を売る仕事で200万円も稼ぐバリバリの職人さんである。
パオ
この物語の準主役級のポジションである。主に運び屋として活躍する。
アユ
例の百科事典サイトの該当項目に「いつも体を売って、5万円という高額をオヤジ達からもらうアユは、女子高校生にしては大人っぽく、そして誰もが振り向く顔だち。そして何より、スタイルがいい。」という中二病患者も真っ青な房設定が書かれている。
義之
不治の病に犯された恋人」という、もう一万回くらい使い古された設定の男。
レイナ
アユの友人。メロンパンを主食としており、あのツンデレとは盟友である。
レイプ犯
この作品では戦隊ヒーローの敵戦闘員のごとくウジャウジャ現れる。
居酒屋の親父
映画版は仮面ライダーベルデが演じている。

映画版[編集]

デビルマンCASSHERN等の多くの名作映画が生まれた2004年に公開。恋空やリアル鬼ごっことは違い、監督も脚本もYoshi本人が担当しているため原作のギャグ要素を限界まで引き出すことに成功している。

映画としても、物語のテーマをエンドロールで作文を流して伝えるなどの斬新な手法を用いて映画ファンに衝撃を与えた。

ドラマ版[編集]

テレビ東京の深夜ドラマという無茶な局・時間帯に放送したため、存在すら知られていない。にも関わらず、キャストの違う2シリーズが存在する。

Nemurineko.jpg この節を書こうとした人は途中で寝てしまいました。
後は適当に頑張って下さい。(Portal:スタブ)

関連項目・リンク[編集]