Close

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索

Close(コロセ、殺せ)とは、裏社会での隠語である。主に店舗の入り口などに「close」または「closed」と書かれた紙が張られ、その日のうちに殺される。「closed」の場合、殺人を執行中で来たら「殺すど」と言う意味である。読み方はそれぞれ「ころせ」と「ころすど」。

概要[編集]

裏社会では暴力団が自らのヤマにある店を耳っており、店は頑張って気に入ってもらってたり、逆に目立たないようにしたり、殺されないようにさまざまな事をしている。しかし、それでも気に食わないことがあれば、店の前に「close」の張り紙がされる。本来なら、その日のうちに町を徘徊する殺し屋が殺るべきなのだが、あまりの量に処理しきれず、翌日には店の主人が「close」の張り紙を取り、営業許可のしるしである「open」に張り替えてしまう。また、殺し屋が「close」の貼り紙のあった店を見逃すことで、商店街などからの信頼を得ることにもつながっている。

「close」の貼り紙があれば、それが暴力団に嫌われた証拠となり、たとえ殺されなくても、少なくともその日はその店に誰も入ろうとしない。

使用例[編集]

殺したいやつのいる店に「close」と書かれた紙を貼り付ければいいだけである。ただし、店の人に気付かれてもいけない。殺し屋に給料を払っているのは暴力団なのでこの事がばれたら、貴方が殺される。

殺し屋[編集]

殺し屋はさまざまな業務形態を装って街中を見回っていたが、暴力団側の管理の都合上、駐車監視員(違法駐車取締りの業務を委託された、民間法人の従業員)に統合された。2006年6月以降、駐車監視員を恐れるものが多いのは、この為である。

駐車監視員は、違法駐車を見つけるとまず、ナンバープレートから個人を特定し、車に脅迫状を貼り付ける。車の所有者は警察に金を渡し、殺されるのをに逃してもらう。警察は金の一部を駐車監視員にひそかに渡すことで、駐車監視員はそれを高リスクがある仕事の小遣いとしている。

関連項目[編集]

Wikipedia
ウィキペディア専門家気取りたちも「Close」については執筆を躊躇しています。そのような快挙を手際よくやりおおせたことは、我らの誇りです。