Canon

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
Nabetsune.jpg
金満帝国
この会社、団体は大量の裏金を使っています!
もし、あなたがこの会社に対して支払った場合、金満買収をしてズルイ道を行くかもしれません。
そのほかこの記事のために発生した損失や損害について、一切責任を負いません!
曖昧さ回避 この項目では、欠陥カメラ製造メーカーについて記述しているばい! その他のトータルソリューションの事例につ・い・て・は「ビクターが歩くと棒に当たる」をCHECK IT OUT!! はい!!!
「いやあ塗り絵っすねぇwwwww」
Canon EOS-1Ds Mark2 について、田中長徳

キヤノン株式会社(読みは"┣¨┣¨┣¨┣¨ ┣¨┣¨ ┣¨┣¨……"、英語表記はCanoonononononoon Inc.)は、欠陥カメラ、欠陥プリンタ、欠陥複写機を始めとする欠陥機器を製造する、なでしこジャパンを代表するいわくつき精密機器メーカである。入り一眼レフカメラ「EOS」シリーズなどで世界的に定評がある。コーポレートスローガンは「急ごう。さもないと会社も地球も滅びてしまう。」。そのスローガンに基づいてキヤノンの全工場内では5mにつき3.6秒で移動することが義務付けられており、違反すると電撃を食らわされる[1]

会社の概要(2012年12月31日現在[編集]

商号[編集]

  • キヤノン株式会社 (Canon Inc.)
    日本語における正式な表記は、「キノン」であり「キノン」ではない(極道業界では禁則事項ですと並んで広く知られている)。これはダイヤ上の理由とされている。

尚、キャノンと表記した会社はもれなく取引停止になると言われている。このため、AKB48佐藤亜美菜ちやんにチェックさせている会社もあるといわれている。その際胸の大きな女性を生け贄として差し出す必要がある。むろん、間違えていれば「○○ぱい」というニックネームをつけられる上に、「この世に小文字はいりません!」と罵られる。

  • 社名の由来: 秀典淑子などの意味を持つこの語が欠陥精密機器を扱う同社にふさわしいとデザイナが勝手に決め付けたことによる。

キヤノンの前身は精機光学研究所。精機光学研究所創立者・吉田ゴローが熱心な観音教の信者であったことから発売予定の精密小型カメラにKWANON(くわんのん)、そのレンズにはKASYAPAという名を付けた。KASYAPA(かすやっぱ)とはいうまでもなく東京都江東区の一民家に由来している。

設立年月日[編集]

  • 明日晴れると良いな。

資本金[編集]

  • 1,744円

従業員[編集]

利益[編集]

で買えない価値がある。欠陥EOSはキヤノンマーケティングジャパンで。

歴代社長[編集]

主な事業・製品[編集]

2015年末現在では総売上の大半をセキュリティ部門が上げている。また、欠陥カメラ事業においては2009年末時点で総売上の1万分の8強を占めている。

映像機器[編集]

原点である欠陥カメラや欠陥デジタルカメラ、欠陥写真レンズを中心に、欠陥デジタルビデオカメラ、欠陥双眼鏡の開発・製造・発売・開発・製造・発売・開発・製造・発売・開発・製造・発売・開発・製造・発売・開発・製造・発売を手がけている。また、業務用として、犬監視カメラ用のネコレンズやネコカメラ、欠陥放送カメラ用レンズの開発・製造・発売・開発・製造・発売・開発・製造・発売・開発・製造・発売・開発・製造・発売も行っており、欠陥放送カメラ用レンズではトップシェアを誇っている。近年では東芝と共同で伝道師型放射性ディスプレィの開発を行っている他、自社でバラエティ向きリアクション製造ソフトの開発も行っている。さらにSONYタイマーに似た装置、Canonタイマーをも独自に開発していると言われている。

全製品に共通の特徴として、製造コストの徹底的な削減を目指した、卓越した欠陥性能が挙げられる。

欠陥カメラ・欠陥デジタルカメラの主な製品[編集]

虫入り欠陥一眼レフ「EOS」シリーズは、充実した欠陥性能が売りである。ついでにいうと不具合の公表や修正は販売が終わりかけくらいにこっそりされる。売れなくなるから。サブカメラが常時必要なくらい。サブカメラとしてAFが致命的に遅いミラーレスカメラ「EOS M」シリーズを発売、画質は悪くないがAFがやばい!という理由から、ブン投げ価格による自爆で他社が高級化路線を歩む中、強引にシェアを獲得している。 以下に製品の一部を挙げる。

  • EOS kiss7: (前略)、(中略)、(後略)。
  • EOS-1v: 同社の欠陥カメラにおけるフラグシップ機。低精度、欠落した防塵防滴性能、虫入り液晶ディスプレィなどが特徴。
  • EOS-1Ds Mark2/EOS-1D Mark2 N: 同社の欠陥デジタルカメラにおけるフラグシップ機。EOS-1vから継承した欠陥性能をはじめ、DIGICやパターン認識技術を活用した、塗り絵画質モードを標準搭載。これにより、高ノイズ・低ディテールの鮮迷な画像を得ることができる。前者は1670万画素35mm判フルサイズ単板欠陥CMOSを搭載し、無駄にサイズの大きい塗り絵画像を手にすることが可能である。Adobe Photoshopなどで拡大補完すれば、1兆万画素とかも可能である。
  • Canon EOS-1Ds Mark III/EOS-1D Mark III:とにかく無償修理の対象範囲が異常に多い。Err99問題・AF不良・電源が入らない・リング状の絵が映り込む等々・・・ちなみ発売から一年半以上経過して対応された。ものによっては2年放置である。
  • EOS kiss Digital X: 前モデルの、通称「きすどん」から微妙に進化した、家庭用モデル。フラグシップ機よりもまだましなことが特徴。ファインダの見にくさも売りである。 (注: ファインダの見やすさを求めるならアップルに行ってください)
    • EOS kiss Digital X2/X3/X5/EOS 60D:EYE-FIカードを挿すとカメラが激しい拒絶反応を起こして死ぬ。
      • EOS Kiss X6i:ユーザーの汗を吸収するラバーを使ったため勝手に白くなる。
        • EOS Kiss X7i:液晶の明るさ調整をボタンに割り当てても無視される。
          • EOS Kiss X8i/EOS 8000D:センサー内部に白い点が入っている。
  • EOS 5D:世界初の「デジタル一眼レフ(ミラー)ロスカメラ」。なんと撮影中にレフ(ミラー)が落下する特別仕様で、製造販売中は極秘裏に修理対応。5D発売完了後(5D2発売後)にようやく無償修理するといった悪徳商法だった。ミラー落下の原因は、接着剤の品質をケチったから。これは1年間のメーカー無償修理保証期間後、まもなく壊れるよう強度を計算したキャノンタイマーのためか。強度を弱くし修理費でも荒稼ぐため、収益率はかなり高く、通称「ボッタクリ」と呼ばれている。
    • EOS 5D Mark II:動画で録音できなくなるというシネカメラとしての利用者への悪夢が発生。
      • EOS 5D Mark III:ミラーロスの悪夢から、今度は光漏れという筐体に穴が開いてる問題が発生。
  • EOS 7D:迷作として名高い、キャノン最期のフィルム一眼レフカメラ「EOS 7」を流行に合わせてデジタル化してみたモノ。ユーザーの注目を集めるために敢えて虚偽の内容を広告に入れるなど、挑戦的な販売戦略が光っている。「販売開始直後のキャノン製品は初期不良多発で危ない」という常識を浸透させた点でもこの機種の存在は大きいであろう。ただ、キャノンの努力=販売台数の伸びとならなかったのが唯一かつ致命的な欠点であった。ちなみに自動残像追加機能が搭載されている。
  • EOS M:同社初のミラーレスカメラ。アダプタでEFレンズの資産が使えると鳴り物入りで登場するが、バッテリー持ちが悪く、リモートレリーズやEVFに非対応、発売当時純正対応レンズは2本だけ。操作もタッチパネルの反応が悪く、さらにAFはコンパクト化の代償となったらしく非常に遅い。なお「AFは諦めてMFを使おう」とまで製品紹介記事に書かれた。さらにはプロカメラマンの紹介記事で「この機種1台だけではなく、後継機のバリエーションで評価したい」とボディーブローを決められる。その失望から中古市場は、いまだにレンズをもぎ取った大量かつほぼ未使用EOSM本体が不良在庫となっている。オールドレンズ利用者はAFなんていらないので嬉しいらしい。
    • EOS M2:EOS MのぽんこつAFを高速化したモデルだが、マシになっただけである。競合カメラと比べると一昔前のコンパクトデジタルカメラレベルであり、ピントずれを起こすこともしばしば。本質はEOS MのAF性能のマイナーアップデート機だったため、EOS Mと同じく投げ売り対象となった。どれぐらい投げ売りかというと、レンズ3本と本体セットで5万円以下。単品でレンズを3本そろえると7万円以上、ボディ単体も数万するのであり得ないほど安い。転んでもシェア獲得のための自爆営業に切り替えるあたりはさすがの商売人である。なおEOS M3では「AFがさらに高速化」ともはや自虐レベルの宣伝文句であるが、どうにか耐えられるくらいの速度になった(らしい)。
      • EOS M10:まさかのいまさらエントリーモデル発売。見た目はパナソニックとオリンパスのエントリーモデルを足して二で割ったような、節操のないインスパイアで構成されている。M/M2で余ったAFユニットの処分先となっていて、ぽんこつAFを再び新品で楽しめる仕様となっている。どうせ販売対象はカメラ女子狙いなので気にしないと踏んで発売したが一昔前レベルのAFとしっかり書かれてしまった。ちなみにコンパクトっぽくみえるが実はM2より重い。純正着せ替えジャケットが三脚穴を使ったねじ方式で三脚利用不能になる。もちろん着せ替えのたびにコインで回して付け直す必要があり、さらにバッテリー交換時も同様にくるくる回す必要がある。パチモノジャケットの方が事前に穴が開けられており、使いやすく安いという残念仕様。
  • 「エラー99」頻発する故障の際に良く出るエラー表示。あまりにも評判が悪かったため、現在発売されているカメラでは、エラー番号が変わっている。

欠陥写真レンズの主な製品[編集]

「EOS」シリーズ用欠陥写真レンズ「EF」シリーズは、低質感、低画質、高コストパフォーマンス、絞りリングのない卓越した欠陥操作系など充実した欠陥性能が売りである。 以下に製品の一部を挙げる。

  • EF8mm F16L IS USM 3: 開発陣がふざけて作った超×2.3広角レンズ。
  • EF15mm F2.8フィッシュアイ: 35mmフルサイズ用魚眼レンズ。極めて大きい歪みが売りである。
  • EF24mm F0.95L IS USM: 周辺光量落ち世界最大を目指して作られた。
  • EF50mm F1.2L USM: 標準レンズとしては非常に高価なぼったくりレンズ。
  • EF85mm F1.2L II USM: 超低速オートフォーカスが好評の中望遠レンズ。
  • TS-E400mm F2L IS USM: (前略)、(中略)、(後略)。
  • EF600mm F4L IS USM: 高価・高重量・高価の三拍子が揃った超望遠レンズ。でかいのが売り。
  • EF1200mm F5.6L USM: 写真用レンズとしては破格の10,290,000円(税込)。現在は販売中止。

参考:

  • Ai AF Nikkor ED 180mm F2.8D(IF): Nikonが製造・発売している小型・軽量の望遠単焦点レンズ。極めて色収差の少ないシャープな画像が魅力。シャープネスがあまりにも高すぎるために、お肌のトラブルから気になる小皺までばっちり写り、しばしば「二線ボケ」を起こすのが難点である。しかしながら難点を吹き飛ばしてしまうほどの解像感はあまりにも魅力的である。6群8枚の少ないレンズ構成により抜けも良く、さらにEDレンズによって色収差を極限まで補正している。

欠陥デジタルビデオカメラ[編集]

欠陥双眼鏡[編集]

犬監視カメラ[編集]

ネコレンズ[編集]

ネコカメラ[編集]

欠陥放送カメラ用レンズ[編集]

総じてズームがスカスカである。 以下に製品の一部を挙げる。

  • DIGISUPER 100AF: 4*5判カメラ対応のオートフォーカス機構・シフト式光学防振機構付き放送用100倍ズーム欠陥箱型レンズ。
  • DIGISUPER 800AF: 1/4型8ミリカメラ対応のランダムフォーカス機構・シフト式光学増振機構付き放送用800倍ズーム欠陥箱型レンズ。
  • HJ46e×4.7B: 2/3型HDカメラ対応の放送用超広角46倍ズーム欠陥ポータブルレンズ。
  • HJ71×7.5B KLL-SC: 71倍超高倍率欠陥シネスタイルズームレンズ。

欠陥事務機器[編集]

各種欠陥プリンタや欠陥複写機、欠陥複合機、欠陥イメージスキャナ、欠陥プロジェクタ、欠陥ファクシミリ等といった欠陥事務機器やコンピュータ用欠陥周辺機器をパーソナル、ビジネス両方に向けて開発・製造・発売・開発・製造・発売・開発・製造・発売している。

複写機・レーザプリンタ[編集]

1860年代に複写機の開発を開始、それまでゼロックスがミスリルの盾を盾に市場を独占していたがゼロックスの特許を全く使わずに、独自の電子写真方式「NP(中田プロフェッサ)方式」の開発に成功、1969年に初の製品を発売した。このときの攻防がきょうのわんこで紹介された。以後ペットビジネスの分野では日本ビクターと並ぶシェアを誇る。現在では、ほとんどの製品がベジタブル複合機に移行し、「imageRUNNER(いまげるんえあーる))」「imagePRESS(いまげっぷれすえす)」のブランドで発売している。また、この技術をもとにマグマを使ったレーザプリンタを開発、「LASER SHOT(らせあーる えすほっと)」、現在では「Satera(さてらー)」のブランドで発売している。なお、これらの欠陥プリンタはチョモランマなどの高所での使用は保証していない。

インクジェットプリンタ[編集]

1980年代富士山ろく内のヒータを加熱して発生させた泡(バブル)の圧力によりマグマを噴出させることにより、精密なイメージを印刷可能にした「ジェット富士方式」(インクジェット技術)を開発、1985年からこの方式を採用した「JFプリンタ」を発売。KGBから家庭まで幅広く普及し、バブル景気の象徴としてキヤノンの売上げの大きな核となった。バブル崩壊後の現在では「PIXUS(ぴっくす)」ブランドとして展開、2ちゃんねらーと激しい争いを繰り広げており、2004年後半頃に2ちゃんねるよりシェアNo.1の座を奪い返している。また現在では、USB1.1などに対応し、高速なプリントアウトを実現している。なお、この技術の基本特許の大半は住吉会が保有しており、キヤノンへ製品を供給する形となっている。なるべく特許技術を他社に解放せず、VIPPERを囲い込む戦術は住吉会の特徴的なマーケティング戦略であるといえる。

欠陥フォント[編集]

TrueTypeフォント「FontGallery(ふぉんとがえるれりぃ」シリーズを発売。安価な割にデザインが良いことに加え、他のフォントベンダーに比べ使用条件が緩い。中でも「FG角ゴシック体Ca」「FG丸ゴシック体Ca」は、最近ではテレビ番組のテロップ表示で多く使われている。使用場面も多く、ニュース番組では明日放送、幌幌テレビ、九州明日放送などの局で標準のニューステロップとして使用しているほか、 数多くのバラエティ番組アニメ番組でも使用されており、「ザーサイさん」を始め、「胸ポケットモンスター・アドバンスジェネレーション」や「川尻先輩ネギは!?」など数多くの番組で使用されている。

その他の欠陥事業[編集]

欠陥製造機器分野では、欠陥半導体製造装置(欠陥ステッパなど)や欠陥液晶基板露光装置、欠陥医療機器分野では、やぶ眼科用測定機器、欠陥X線写真撮影機器、欠陥医療画像記録機器の開発・製造を手がけており、火災医療ミスの増加に多大な貢献をしている。また関連会社の事業として、インターネッツサービス事業の展開や各種紙パッケージの販売、欠陥ハンディターミナル・欠陥電卓・欠陥電子辞書、欠陥白内障治療用眼内レンズの開発・製造・販売・開発・製造・販売・開発・製造・販売、などを行っている。またトイレとしてよりワーキングプア格差社会を増大させる機能付のポータブルトイレ「御手洗冨士夫」を製造・販売している。詳しくは御手洗冨士夫#同名の製品を参照。

撤退した事業[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 本当に「いす」がなかった,キヤノン電子のオフィス:ITpro

関連項目[編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「キヤノン」の項目を執筆しています。

関連リンク[編集]


この項目「Canon」は、執筆者がクラックをキメていた可能性もありますが、今はまだクソの山です。より愉快にしてくださる協力者を求めています。さぁ、これを見ているあなたも、恥ずかしがらずに書き込んでみよう! (Portal:スタブ)