CHAOS;HEAD

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索

※この記事は執筆者の妄想によって構成されています。

CHAOS;HEAD(カオスヘッド)とは、とある精神病院に7年間に渡って収容されていた少年(本名は公表されていない)が妄想した仮想世界を、アメリカのヴィクトル・コンドリア大学、精神生理学研究室がVR(ビジュアル・リビルディング)技術を用いて思考盗撮し、ビジュアルノベル化して発売したものを指す。

スポイラー
スポイラー

警告:以下の文章にはネタバレ、いわゆるスポイラーが含まれています。これにより記事はより空気力学的に洗練され、その結果としてより高速で疾走できるようになります。

もしあなたが、ガンダルフがファンゴルンの森で再び現れることや、親戚一同が会した遺言状公開の席にいた犬神佐清は実は別人だったことや、かばんちゃんはミライさん髪の毛から生まれたヒトのフレンズだったことや、流子と皐月は姉妹であることや、翔北は流川からパスを受けた桜木が最後にシュートを決めて山王に勝利することや、三好と前田はカイジを裏切っていることや、クラウド・ストライフはソルジャーではなく一般兵であることや、妹達(シスターズ)が生み出された本当の目的は「天使」を具象化するためであることや、涼宮遙は事故で三年間眠り続けその間に速瀬水月が鳴海孝之の彼女の座に納まることや、最初のアギトは沢木雪菜であることや、「先生」は「私」が父親の病気のため里帰りしている時に自殺して遺書を郵送してくることや、ウィキペディアアンサイクロペディアのパロディであることを知らないのであれば、充分注意して、救急箱を手放さないようにしてください。
Bouncywikilogo small.gif
ナニモノかがウィキペディアに「CHAOS;HEAD」の項目を執筆しましたが、要出典厨削除厨の暗躍により削除されてしまいました
ウィキペディアにこの項目があるように見えるのはウィキペディアンの妄想によるものです。

概要[編集]

本作品の実質の考案者である少年は重度の精神障害を患っており、その妄想は非常に複雑怪奇なものであった。その為、作品には非現実的な要素が多く、時にはプレイヤーの精神にまで作用し、現実と妄想の区別がつかなくなるような演出が多数存在する。

また、上記の大学の実験の一環として思考盗撮が行われ、パッケージ販売を通じて少年の妄想がユーザーにどのような影響を及ぼすかという点まで考慮されていたが、少年の思考を本人の許可を得ずに盗撮した為、現在著作権問題と社会的倫理を巡って議論が行われている。

なお、作品中で創価学会や、公明党をもじったと思われる団体が出ており、少年はアンサイクロペディアンであるという説も浮上している[1]

最近になって続編「CHAOS;HEAD らぶChu☆Chu!」が発売された。

作品内容[編集]

7人の美少女と織り成す愛と勇気のハートフルストーリー。ヒキヲタ一歩手前のへたれ主人公が、ある事件を境に3次元女子と急速に仲を深めていくという典型的な美少女ゲームの型をとっている。更に、魔法のようなファンタジー色の強い要素も含まれており、作中において深く物語と関わってくる。

ただし、肝心のルート攻略が存在せず、エンディング数も少ないため、発売当初は多くのユーザーから苦情が寄せられた。○箱版では新たに個別ルートが追加され、多くのユーザーが「これで七海は俺の嫁、ふひひ……」と思ったものの、どのルートも「これは酷い」。 さらにそれを解消するため、らぶChu☆Chu!や派生作品H(ひーたっぷ)ではありえんだろこれは、なラブラブハッピーな物語になったが、それは外見での話である。本当は後述のナイトハルトの、本編終了後に失った記憶を取り戻すことが目的となる、シリアスな内容の作品に仕上がっているため、見た目に騙されてはいけない。ちなみにシリーズのSteins;Gateはこれと比べて人気が低い。

登場人物[編集]

主人公とヒロイン達[編集]

ナイトハルト(中の人吉野裕行
主人公。本名、西條拓巳。 キモヲタであり重度の変態。ふひひ、君は彼の声に耐えられるか?服を着たままの女性のボディラインを透視でき、下着のデザインまで一瞬にして把握する能力を持つ。その見境のなさで実妹までも毒牙にかける。彼のヘタレぶりはなぜか敵を警戒させる。アニメ版の彼が覚醒した反動かアリオスガンダムは空気化した。
ハーレム化の妄想を抱き、タイトルを「コスモスヘッド」に変えようと企んだこともあるとか。アニメでもその要素が形を変えて盛り込まれたらしい。
追加版でも彼の末路は酷いものもある。
ビシィさん(中の人喜多村英梨
本名、咲畑梨深。メインヒロイン。PC版では彼女以外のヒロインは攻略不可能。なのに扱いが酷い。ついでに攻略とはいえない展開である。公式HPのキャラ紹介画像が酷いことになっていたり。噂では言葉様と同じくらい返り血の似合う女の子らしい。言葉様はライバルのビッチや自分の血だが、彼女はどこぞの誰ともわからん初老男の血でしかも拓巳の妄想か現実かわからん始末。もしかすると戦闘ではヒロイン中、最も弱いかもしれんキャラ。一応、個別ルートでは活躍するが、「だったら初めからそうしろよ!」と思わないでもない。幼児化してロリコンファンにもアピールする。好物は立ち食いそばらしいがさすがに食べる場面はない。
コミック「かおす;へっどH(ひーたっぷ)」の主役。
西條七海(中の人宮崎羽衣
主人公の実の。ややツンデレ気味な実に恋する禁忌属性の持ち主。名言は「ナナを、メチャクチャにしてぇ!」。右手を切断される(どう進めても回避不能)、剣の使用機会がほぼ無い、個別ルートは実質バッドエンドのようなものである(中の人いわく、実とのラブラブハッピーエンド)、梢シナリオの集団レイプ(妄想)など、全ヒロイン中でもかなり酷く扱われている。PC版では、メーカーに「彼女をメインヒロインにしろ」という要望が多数届いた。右手はアニメ版では回避される。FESには「実妹はメインヒロインになるのは少ない」といわれたが、メイン格である。七海ファンはフィッシュバーガーが食べたくなるかも。
コミック「かおす;へっどH(ひーたっぷ)」の主役。
楠優愛・美愛(中の人たかはし智秋(優愛))
ストーカー女。ヤンデレ-デレ=ヤンである。後半での扱いはほとんど空気に近い。というか、拓巳と接触ない。しかし、そのおかげで箱版の各ヒロインルートでの生存率は抜群である。実は双子だという話も。美愛(に化けたポーター)に自分の存在理由を責められるのが伏線である。
箱版をやるなら最初に攻略しましょう。攻略するよね?するに決まってる。しないはずが無い。あなたは初めににわたsの√をやるべきyp。七シ毎をやって終わりなんて言わセナい。やるわ米?や わ よ n?
個別ルートは恐怖の投げっぱなしエンド。これはさすがに・・・
蒼井セナ(中の人生天目仁美
S嬢。ガリガリ君ソーダ味をこよなく愛するクールビューティ。全キャラ中で一番戦闘シーンが多いが、決定的な活躍の場が少ない。一応、ツンデレ扱いらしい。犬が怖いのがグロい過去関係らしいが、アニメではあまりわからない様子。
個別ルートはMMRのごとき超展開。「300人委員会」「人間牧場化計画」って。あと、他ヒロインのルートでの死亡率がひどい。
コミック「かおす;へっどH(ひーたっぷ)」では本編と違ってこずぴぃと拓巳に迫りまくる。MFコミックではこずぴぃと共に主役を乗っ取り、活躍せんとする。
岸本あやせ(中の人榊原ゆい
電波統失。怪しい新興宗教団体の教祖様。演説の際にステージ上で剣を振り回すなど過激なパフォーマンスを見せる。だが実際は意外とまとも。メディアごとに毎回歌を変えて、ボロ儲けしている。ぶっちゃけ梨深より、この娘やセナの方がメインヒロインにふさわしいポジションにいるような・・・
追加版ではエロい。その代償のように他ヒロインは酷い目に遭い、空気化する。
くいをうて~
こずぴぃ(中の人辻あゆみ
本名、折原梢 。テレパシーで他人と会話できる能力を持つ。変な語尾や擬音多用などのアニメ口調が特徴。ところで鏡に向かって「おまえは誰だ」って繰り返すと発狂できるって本当?おとなしい外見と裏腹に肉大好きで野菜嫌い。
個別ルートでは発狂&暴走し、血まみれになる。本人以外もとんでもなくグロい羽目になる。この娘に限らんが個別ルートは手抜き臭が酷い。血まみれにしたかっただけちゃうんかと。ついでに拓巳に後ろから襲われ、淫語を強制されそうになる。セナと同じく、他ヒロインルートでの死亡率が高い。
MFコミックではセナと共に主役を張る。
星来(せいら)オルジェル(中の人友永朱音
真・ヒロイン。本作の中で最も登場場面が多く、最も主人公を理解しており、最も主人公が愛する女性。脳内彼女だもんね。口癖は「ぼけなす」。一応原作ではツンデレ?たまに増える。変身前の名前は「天之河星来」。主人公の裏人格でもある。所詮二次元内のリア充で脳内架空キャラなのに拓巳に振られる真似をする。
アニメ化によって最大の恩恵を受けたキャラ。確実に原作よりかわいくなっている。
エリンフレイ・オルジェル(中の人加藤英美里
らぶChu☆Chu!しか登場しない星来の妹。自称ツンデレ。もう1人の拓巳の分身脳内彼女。よってアニメには出てこない。変身前の名前は「天之河エリン」ではないらしい。妹なのに外国人とのハーフなのか。口癖は「どたわけ」。拓巳とヒロインをボロ糞に言う性格の幼女。

その他の重要人物[編集]

だいちん(中の人小野大輔
本名、三住大輔。ギャルゲーにつきもののテンプレ的悪友キャラ。女たらし。セックスアニマルである。女の敵。拓巳をキモオタとか根暗というが、彼自身も相当アブないヤツ。しかも(自分以外の)男はどうでもなのに積極的に彼に話しかけて来る。典型的悪友。ちなみに中の人と下の名前が同じ。事件とは関係ない空気。だったが、梢シナリオではヤバイ扱い。
将軍(中の人代永翼
ハンドルネーム。主人公の妄想の産物?正体については色々言われており、主人公の別人格とか車椅子の老人(声は少年)とか。猟奇殺人鬼とつるんでいるという噂もあるらしい。「7年間入院」ってもしかして・・・・。彼?の存在自体が巨大なネタバレである。
「将軍」というネーミングセンスはどうか。
「将軍→軍隊→敬礼→ビシィ」?
野呂瀬玄一(中の人三宅健太
希テクノロジーの社長。人知れず、寡黙にノアIIを用いて暗躍し続ける、謎怪しい男。何か目的があるようだが……?
政府の重要な人物で、本作のラスボス。ってことはグラジオール?新世界の神を目指している。モデルの団体の人間よりは見た目はかっこいい部類だろう。半球体を従えている。
女子高生を監禁・実験したり一般人を襲ったりとやることがショボイのと覚醒したとはいえドヘタレの拓巳に負けたため、最弱のラスボス扱いである。自分の分身までいる様子。
追加版バッドでは世界の神化するんかい?
簡単に説明すると、剣で戦う碇ゲンドウ。
グリム(中の人青木紀子
本名、葉月志乃。ネットゲーム廃人兼美人看護師そして巨匠。中ボス。実は狂信者で猟奇殺人鬼。にも関わらず、萌えな立ち絵がある様子。相当ヤバイ人。諏訪のセフレ。ポーター。彼女のポートは手提かばんの中。
看護婦というただでさえ忙しい職業にありながら、オリジナル拓巳を探し、コピー拓巳の様子を見、事件を起こし、宗教活動に参加し、刑事と付き合い、ネットゲーもやりこむという超人。医師にも負けないメスさばきの腕を持ち、麻酔なしで自分に帝王切開手術を行うというブラックジャックもびっくりな人。しかも第2の事件までは妊娠中で、その後は腹に手術跡をかかえていたはずである。葉月たん頑張りすぎ。
諏訪護(中の人保村真
「~っス」刑事。どうでもいいモブキャラかと思いきや中ボス。実は狂信者で猟奇殺人鬼。ポーター。事件を追ってるのが実は・・って典型キャラ。やっぱり判を恨んでいる。丸腰の相手を銃殺します。藤田耕作・安沢三郎・鷹木了という3人の手下がいるが邪魔になったのであの世逝きの惨殺。
どうせなら七海に十字架投げられたかった。こんな奴があれを構えても絵にならない。
甲羅沢(浮浪者)中の人浜田賢二
本名は波多野一成という事になっている浮浪者。いつも手のボードにはとんでもない電波なことが書かれている。誰かの親父らしい。よく遭遇する拓巳は近くにいても気づいていない様子。
なお、このような惨状になった理由として『異世界での戦闘時の後遺症』が有力視されている。
追加版でも電波に磨きがかかり、ガルガリ娘(ガルエさん)と共にMMR化する。
高科史男(中の人石田彰
精神科医。ノータリンにされる不幸な普通(常識)人。なぜここに石田を・・・ 
百瀬克子(中の人くじら
オカマ声のおばちゃん。これでも35歳。情報屋のようだ。相当がめついよう。好物は羊羹。主な相手は、判、諏訪、優愛。彼女?にキスされたピンクのでぶっちょゲロカエルんが泣いていた。
陰で婚期を気にしている。
背景かと思いきやセナシナリオで恐るべき正体を見せる。こんなことしたら野呂瀬の立場無いんじゃないの・・・・・。
判安二(中の人一条和矢
口調がいやらしい中年親父の刑事。面倒事は部下の諏訪に押し付けている駄目な上司。諏訪曰く、優秀らしいが、同僚が犯人のメンバーと疑いもしない無能なお人好し。見るからに怪しい場所に乗り込むかませ役。
いわゆる解説役。
倉持雄大(中の人小形満
白髪・白髭のオヤジ。検閲により削除をモデルにした団体のエラい教祖様。決めゼリフは、「神光の救いあれ。」ボス的役割だが所詮は野呂瀬の捨て駒でかませ。追加版でも相変わらずとのこと。モデルの人間よりは見た目はコスプレ以外は普通?だろう。
空気その1。テンプレ的悪玉。
猪鼻康三(中の人楠見尚己
野呂瀬、倉持と共に出現するオヤジ。公明党をモデルにした団体の代表の様子。ボス的役割だが所詮は倉持と同様。追加版でも相変わらずとのこと。モデルの人間よりは見た目は普通だろう。
空気その2.こいつも分かりやすい悪人。

関連するキーワード[編集]

VR(ヴィジュアル・リビルディング)技術
元々は介護を目的としたもので、世界中の盲目の人々から注目されている技術である。生まれながらに盲目の人でもビデオカメラなどの映像機器を介することで、そこに映る景色が見えるようになるという画期的なシステム。その手法を説明すると、ビデオカメラに映った風景の映像信号を、脳が唯一認識することの出来る神経パルスと呼ばれる電気信号へと変換し、これを脳と繋がっている視神経へと接続するのである。この応用で、脳内で発生する信号パルスの解析さえ可能なら、その人間の思考を映像化するなどして読み取ることが可能となるのである。
物語内では電気が神経を伝っていくという事になっているが、三次元では違うので注意。
妄想
脳内で思い描く非現実の総称。その内容や頻度は個人によって差があり、重度のものになると一日中妄想に耽ることもあるという。一般的にポジティブ志向とネガティブ志向に分かれており、個人の性格が強く反映される。
使用例:星来(せいら)かわいいよ星来。ふひひ。
ポジティブを選んだのにネガティブっぽい妄想になる場合や、その逆もある。まあ拓巳だし。
グラジオール
グラジオール・サーガに登場する邪心王であり、全てを終焉へと導く存在。伝承によると、邪心を抱く七人の黒騎士の持つディソードの力の結晶「邪心の黒き大蛇」によってのみ唯一打ち倒せるという。
ディソード
妄想の剣。使い手の妄想であり、普段は実体化をしていない。しかし、周囲との共通認識がなされた場合リアルブートし、剣としての実体を持つ。その形状は非常に複雑であり、使い手によって形状が異なる。各剣には使い手ごとに花に関係する名前がそれぞれつけられている。
「なぜ剣なの?」という質問をしてしまった者はゲロカエルんの材料にされるという・・・
ポーター
希グループ(NOZOMI)の行動要員にして、天成神光会の信者たち。人造ギガロマニアックス。脳のデットスポットに反粒子を送り込み、妄想の共通認識を起こすことで幻覚からリアルブートで様々な物理現象を引き起こすノアⅡの端末「ポート」を背中のリュックに背負っている。いわば、組織の戦闘員的存在だが、ほとんどは戦闘能力を持たない。主に男性で構成され、普通の容姿の青年からキモいオタクまで様々。稀に女性もいる様子。
「セナはなぜこいつらを捕まえないの?」という質問をしたものはガルガリ君の材料にされてしまうという・・・
ノアⅡ
人工の神。永久機関。見た目は、深緑の半球体にコードがついたもの。グラジオール?。CPUは、「Ir2」という意味不明の公式。妄想の共通認識をリアルブートさせ、様々な物理現象を引き起こし、強力なものだと大地震まで起こすことが可能。(例:セカンドメルト、サードメルト)自己防衛機能があり、製作者・管理者でないと接近できない。ノアⅡプロトタイプという試作品のダミーまで存在する。
ゲロカエルん
いわゆる販促用劇中マスコット。全12種類存在し、さらに増える予定。渋谷の「カエル屋」などで売られている。
おにぃな実妹やヤン女、こずぴぃの絆創膏などで愛用される。てっきり背景と思いきやGE(GravitationErorr)レートなどで重要な役割を果たす。
fun^10×int^40=Ir2
7つのミレニアム懸賞問題の8つめの問題。
ちなみにいらん妄想数学である。
駄洒落的に解釈するのが最も良いと考えられており、「funとint(eresting,ercorce,eraction...)がいっぱいあればIr2(愛があるっつー)」が一応の回答である。

テレビ放送版について[編集]

2008年10月より、当作品を原作としたテレビ番組が放送開始。大人の事情か、地上波は関東ローカル限定と言う迫害を受けているが、それ以外のエリアはCS放送でカバー可能と言う腹積もりであろう。何故か、AT-Xで無くキッズステーションでの放送となっているが、なるたると言う前例があるとは言え無鉄砲と言う向きも少なくない。そして、大人の事情の割には元ネタよりグロさは大幅に減っている様子。だが脳味噌ほじほじについては何故か原作より直接的に、というかモロに描かれている。

脚注[編集]

  1. ^ VIPPERである可能性は、ニュー速VIPをもじったと思われる掲示板が出てきていないことから、ほぼゼロだと断定されている。

関連事項[編集]

Ronjeremy mario.jpg このゲーム「CHAOS;HEAD」には、致命的なバグ・不具合が含まれています。このままでは発売できませんし、仮に発売しても非難の嵐となるでしょう。発売を延期してでもデバッグに参加して下さる開発者を求めています。 (Portal:スタブ)