BRICs

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索

BRICsとは、世界経済の非合法な分野で勢力を拡大しているビルマ(現ミャンマー)、レバノンイスラエルコロンビアソマリアの5カ国の頭文字を合わせた総称である。各国の主要産業は順に、人身売買軍事兵器核ミサイル麻薬売買火器製造である。

概要[編集]

1990年代は、国際犯罪の温床になるとして、国連ICPOの監視対象だったが、近年ではアメリカ合衆国日本などの経済大国の援助もあって表の経済界への影響力は大きい。

各国の産業[編集]

  • ビルマ(B)
主に人身売買を主要産業にしており、世界各国の労働市場に大きく貢献している。性産業はもちろん、軍事政権下に置かれていることもあいまって最近ではイラク戦争の煽りを受けて軍事派兵もさかんである。日本企業では人材派遣最大手のリクルートアメリカの派兵会社ブラックウォーター社の協力を経て参入した。主に退職自衛隊員や元公安警察といった人達が登録している。
  • レバノン(R)
戦車や戦闘機の開発が発展している。他にも、日本からヨーロッパへ向かう日本航空の空路があるため、観光業も盛んである。
日本との関係も深く、年に一度、東京外国語大学の留学生とヒズボラの交流会が開かれる。
  • イスラエル(I)
政府主導の下、核開発が急成長している。特に核ミサイルの性能は高く、世界中の軍事関係者から高評価を得ている。アメリカのミサイル開発大手のレイセオン三菱重工業も現地に支社をかまえて、地元企業に研修員を送っている。三菱重工業かぐやの打ち上げにも貢献したと言われている。また、諜報技術は世界を一、二を争うレベルを誇り、MI6CIAはは現地に研修員を送っている。
  • コロンビア(C)
大麻覚醒剤といったものに代表される非合法薬物の世界規模の生産、流通、販売を一手に担っている。かつてのこれらの胴元はマフィアなどの犯罪組織であったが、日本の製薬会社の武田薬品工業がその資金力で現地の警察や傭兵を買収し、麻薬組織を殲滅したことで、業界構図を一気塗り替えた。現在、コロンビアは麻薬組織の国営化を狙っており、武田薬品は岐路に立たされている。
  • ソマリア(s)
銃器製造、密売が代表されるが、そもそもこの国には政府といったものが存在しないため、国と呼べるのかも疑わしいため小文字で表記している。世界の銃購入量の2割を担っている。
この項目「BRICs」は、執筆者がクラックをキメていた可能性もありますが、今はまだクソの山です。より愉快にしてくださる協力者を求めています。さぁ、これを見ているあなたも、恥ずかしがらずに書き込んでみよう! (Portal:スタブ)