BASIC

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索

Big-chest for All Single man is Imagination product from Child age(巨乳は独身者のための、子供時代からの想像の産物)の略称であり、多分Beginner's All purpose Symbolic Instruction Code(初心者のための象徴的な命令)の略だったらいいな、というわけではない。手続き型言語の一種とされる、俗に言うインタプリタ言語かもしれない。初心者向け言語といわれるが、あまり人気が無い。

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「BASIC」の項目を執筆しています。

概要[編集]

「パソコンを服従させることの喜び」を知る、第一歩である。 カンタンにプログラミングを覚えることができ、コンパイルの手間も考える必要がなく、正に初心者にはピッタリだと、プログラマは語るがあくまでも上級者にとって初心者向きの言語であって、プログラム初心者には最初の難関と知れ

ランタイム読み込み、インタプリタ言語の特徴を受ける、PC動作環境によるメモリ制約によってかなり実行速度などに変化があるので仮にプログラムが動いたとしてもタイミングが悪ければ動いてくれない、いわゆる「ツンデレ言語」でもある。


一般人にはセンター試験対策として、細々と存在をアピールしている。しかし見向きもされない。

歴史[編集]

パソコンがCUI(真っ黒な画面にひたすら文字だけでひたすらキーボードのみで操作していくもの。今で言うコマンドプロンプト)時代に盛況を見せたが、今ではあまり見かけない。現在主なものにはMicrosoftVisual Basicなどが挙げられる。みんなC言語で書いてるのか?

  • 1983年:たぶんこの頃に発売される
  • 1983年:画面の色を変更する際、PAINT命令で塗り替えていた。
  • 1984年:リファレンスマニュアルを見、少年たちの心は夢と希望に満ちる
  • 1985年:リファレンスマニュアルで覚えたDSKO$によるハードディスク破壊

文法[編集]

いたってシンプルである。以下はN88BASIC(86)でのプログラムと実行結果だ。説明はしない。頭を痛めてほしい。

10 CLS
20 PRINT "Hello BIG-CHEST World!!"
run

↓実行結果

Hello BIG-CHEST World!!
Ok

そういや、昔居たな・・・プログラムにえっちぃ単語を表示させる命令を入れて、実行させて喜んでるヤツ・・・

BASICが人気のない理由[編集]

BASICは前述のとおり、初心者向けの言語だ。しかし意外とユーザは少ない(全体的に)。せいぜいマクロ程度のものを作るときにしか使わないのが大半であろう。簡単に書けるのに何故か人気が無い。

  • そもそも言語自体作られていない。
  • いや、今からやりたくねぇよ
  • 真っ黒な画面に白い文字。
  • プログラミング中は他の事ができない(OS、種類にもよる)
  • そもそも今のGUIに対応しているBASICが無い(一部BASICを除く)
  • コピペができない(一部をn(以下略))
  • 構造体も何もあったもんじゃない(一部w(以下略))
  • オタクになりたくない(一(以下略))
  • 限られた関数しか使えない(以下略)
  • 職場に女の子が居な(以下略)
  • BASIC、カッコ悪(以下略)
  • 各種管(以下略)
  • 多(以下略)
  • (以下略)
  • モテないイメージがある
  • ↑焦るな

初心者向けは敬遠される?[編集]

BASICは簡単に記述することができるかもしれない(初心者談)という、曖昧さが人気の無さの原因かもしれない。そもそも、プログラミング初心者は有名なC言語からプログラミングの勉強に入る、というのが最近の若年プログラマ候補者のセオリーなのかもしれない。

筆者のうろ覚えの知識では、プログラマを目指すヤツの大半がBASICぅ?そんな初心者みたいなヤツでプログラムなんて組めるかよ!今時はCがカッコよくね?と言い放ち、無謀にもC言語に立ち向かった人間が大半だったと思う。さっさとポインタと構造体で撃退されて来い。ついでにガベージコレクションで絶望を知れ。

BASICは実行の際、一行ずつ命令を読み込んで実行されるため、重い、動作が遅い上に、ランタイムライブラリという最初からそんなもんOSに入れとけよ、バカ。的なものを動作するパソコンにインストールしておかないと動かないため、これも人気の無さの一つの要因かもしれない。安心しろ、最近のマシンパワーは半端じゃない。パワーで打ち切れ。DirectXはVisualBasicを見捨てたけどね。

上級者には受け入れられない要素[編集]

とりあえず、Variantは何とかしてくれ。現在流通している言語は大抵「数字を扱うなら数字用のハコ(変数)、文字を扱うなら文字専用のハコ」というように扱うものによって決まりがあるのだが、BASICではこれら全てをVariantで済ませることができる。型を知らなくて良いし、そこら辺は自動で変換とかしてくれるので、ありがたいのかもしれないが、慣れてくるとこれが「ありがた迷惑」にもなるため、敬遠される一つの理由となる。

そもそもプログラマの数が少ない[編集]

プログラマの一般的なイメージ。超肥満であり、脂汗をかき、ビン底メガネの標準装備、ニキビ何て当たり前。登山用リュックに謎のポスター(通称:ビームサーベル)標準装備。

みんなのことだ。プログラマのイメージは→だろ?

千差万別。居ることは居る。

誰だってこんな風にはなりたくは無いだろう。健康にも悪い。リュック&ポスターは飽くまでも個人の趣味なので、あえて突っ込みはしないが。実は、プログラマは、「キツい徹夜」、「一日中パソコンとにらめっこ」、「常に計算式、アルゴリズムを考えなければならない」(きつい、厳しい、帰れないの3K)など、結構体力、精神力ともにキツい職でもある。その上にランクが低いと給料も低いので、敬遠されるのだろう。技術者は減っていく一方だ。偉い人にはそれがわからんのです。

BASICの未来[編集]

現在、日本のプログラマの数自体が少ない上に大半がC言語、Javaなどの言語を習得している。この時点でBASICはいらない子に輝いているわけだが、最初に述べたようにBASICは上級者にとっては簡単な言語である。そんな事情もあってか、Microsoftは今までアプリケーション開発用であったVisualBasicをMicrosoftOfficeに移植し、主にマクロ用の「VisualBasic for Application:VBA」を作った。まだまだBASICにも未来がある。ついでに言えばVisualBasic.NETも新たに開発された。ある意味「ありがた迷惑の拡張版」であるが、一部信者からは褒められている言語でもある。以前のように、CUIアプリ開発用BASICはもう廃れてしまったがGUIのBASICにはまだまだ未来がある。さらに、最近はHSPと言うBASICに似ている言語もある。それは3Dゲームまで出来てしまうのだ。


みんな、BASICを使え。

外部リンク[編集]