avast!

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
医療情報に関する注意 ご自身の健康問題に関しては、ためしてガッテンDHCで何とかしてください。免責事項もお読みください。
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「avast! antivirus」の項目を執筆しています。

avast!(アバスト)とは、人工知能を有する無料の免疫系ソフトウェアである。

概要![編集]

avast!は、人間でいうところの免疫と同じ役割をしており、コンピュータにインストールされたウイルスを排除しようとするアンチウイルスソフトウェア的な性質を持っているが、2011年10月頃より、avast!の人工知能システムがavast!自身をウイルス認定するという現象を生じさせた。

これにより、自己免疫が自分自身を攻撃する事により、自己免疫疾患ソフトウェアへとアップグレードされた。いわば人間で言うところの膠原病というやつである。

特徴![編集]

  • コンピュータに被害を及ぼす可能性のあるソフトウェアを排除しようとする。
  • 定期的なアップデートにより、免疫能力を向上させ、コンピュータ内ワクチンデータベースを作る。
  • ワクチンデータベースを元にコンピュータ内でスキャンが行われ、害のあるファイルがあれば、排除または隔離する。
  • AI機能により、毎日利用している事で自我に目覚める。
  • サクサク軽快なウイルスバスターよりも軽量かつ安心できるソフトウェアである。
  • 最終的に自己をコンピュータに害あるウイルスだと認識し、自分自身を隔離しようとする。
  • アンチウイルスベンダーがウイルスを製造し、ばら撒く。するとアンチウイルスソフトが必要となり儲かる。これをマッチポンプと呼ぶ。

対策![編集]

avast!が適切にアンチウイルス活動のみを行わせるためには、過剰に生じる自己免疫による拒絶反応を抑制する必要があり、プログラフ(タクロリムス)のような免疫抑制剤的ソフトウェアをインストールする必要性がある。

しかし、免疫抑制ソフトウェアは自己免疫を抑制する一方で、アンチウイルス活動にも支障をきたす恐れがあるため、注意が必要である。

対立![編集]

信者の間では、同様の性能を有する免疫系ソフトウェアについて、どちらが優れているか対立が起きる事がある。

Microsoft Security Essentials
マイクロソフトが提供している無料のアンチウイルスソフトウェアである。
マイクロソフトが提供しているだけに安心感があり、かつ軽量であるものの、メモリ使用量に驚かされたり、何の感知もしない事に不安を覚えたりするのではないだろうか。
ウイルスバスター
サクサク軽快(笑)な有料のソフトウェアである。
コンピュータ初心者が良くパソコン販売店で買わされているイメージが非常に強い。
AVG
avira
カスペルスキー
全く知名度の無いアンチウイルスソフトウェアであったが、AKB48人気にあやかり、一気に有名になった。
昔から、ウイルス感知率が高いと話題の有料ソフトウェアである。
Norton Antivirus
通称ノートン先生。ドクターではない。国内有名メーカーのコンピュータにインストールされている事が多い。
ノーガード戦法
アンチウイルスソフトを入れない戦い方である。
常に不安と緊張感が生じるが、最もサクサク軽快な戦い方で、ロースペックのコンピュータでも一流どころと戦うことができる。
また、ウイルス誤認を起こすこともなく、簡単なインターネットする上では、最も便利な手法である。
Macintosh(iPhone)を使う!
[せいかい]
Windows(Android)は確実な方法ではありますが、お金もかかるし、ウイルスのターゲットになりやすいのが難点です。
それよりも別の手段を探してみませんか?
ちょっとしたシステムの入れ替えでなんとかなるかも?
          ↑
       ココがポイント!

外部リンク[編集]