ATOK

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「ATOK」の項目を執筆しています。

ATOK(エイトック)とは、ジャストシステムが開発、販売している日本語作成ツールのことである。

歴史[編集]

NECPC-98シリーズを国民機にまでしたのは一太郎とその「日本語作成ツール」の為である。それとエロゲ

後にマイクロソフトWindowsに付属IMEをつけて販売してきたため、勢力が一気に失われる。また、一太郎は確かに優れていたが、世界標準であるWordには対抗しようもなく敗戦が濃厚となる。敗戦が濃厚になった時、NECはジャストシステムを捨ててWindowsに走り、ジャストシステムの恨みを買う。

この時にジャストシステム会長が残した辞世の句、

「えいやっと とっくにすてられ ゆきばなし」

は余りにも有名。その死を悼み、ATOKと名付けられたことが、関係者の証言で判っている。

その後、ATOKは独立して販売されるようになる。ATOKが現在でも最高の漢字変換ソフトであることに異を唱える人は少ないが、WindowsMS-IMEMac OS XことえりLinuxは各ディストリビューションに搭載しているIMが付属しているので、別途料金を出してまでATOKを買う人は減った。しかし、「毛唐の作った日本語作成ツールなんて、使える訳がないやい」と言った精神的鎖国主義者には未だにATOKは愛されている。長年にわたる愛好者の努力が稔り、「古いフリーソフト」として情報処理推進機構(IPA)から公認されるに至った。

内容[編集]

漢字変換ソフトという観点においてはATOKも数世代前から完成されており、今後もこれといった機能充実は見込めないであろう。しかし、付属辞書の充実やマイクロソフトOfficeとの連携と言った点で差別化を図っている。IEで文章を読みながら辞書を調べたり、タイピングしながら辞書で調べたり、即座に単語登録したりと周辺環境は充実している。また、携帯電話やゲーム機などの漢字変換ソフトとなったりと活躍の幅を広げている。

ATOKやMS-IMEは誰でも手軽に文章が作れるソフトとして完成されている為、日本語変換のひとつの流れとなり、日本語の文章作成を変えたとも言える。あの『恋空』などのケータイ小説(笑)もATOKなどの「日本語作成ソフト」が無ければ、絶対に生まれなかったであろう。

それを考えると文学に与えた影響は絶大で、夏目漱石10人分、オスカー・ワイルド3人分に匹敵するとさえ言われている。

文字の自主規制[編集]

文字の自主規制が激しいことでも知られる。「まいくろそふと」、「うぃんどーず」などの文字も変換できない。多くのユーザーが不満を訴えたが、「敵の顔を立てる馬鹿はいない」と一蹴した。はては「はんばーがー」「はりうっど」などのカタカナ文字を徹底的に排除した。多くのユーザーからは非難を浴びたが、国粋主義者たちは絶賛し、評価は業界でも二分している。

外部リンク[編集]

関連項目[編集]