AKB論

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
AKB48創設者秋元康からの緊急のお願いをお読みください

AKB論(-ろん)とは、愚者たちが論壇空間の知的劣化を暴露する評論のことである。(ここで取り上げるAKB論とは東大教授のような「知識人」が展開する論評のことであり、よく想像される俗なメンバー論とは何の関係もありません)

概要[編集]

今や誰もが知るアイドルとなった2010年代文化の筆頭AKB48とその妹ユニット。その人気ぶりは、普段決してそうした若者風俗に関心を示さないおじ様方の心をも捉えた。それを受けて、中央公論といった論壇誌インテリ集団が目をつけ、特集を組むようになった。将来有望とみられる若手文化人に至っては、AKB論の単行本を出す猛者も現れた。彼らの「AKB論」は「論壇誌に取り上げられるんだから、藝術と呼ぶべきようなものがAKBにはあるのでは?」という興味をアイドルに関心を持たない層にまで呼び起こし、一つのトレンドを形成した。

こうした評論はユニットメンバーの個人的趣味がどうたらこうたらといったことではなく、AKBが大受けした理由や社会的背景、「若者の気分」(論者が若者の一部なのかどうかはお察し下さい)を歌の下手そうな大の大人が評することをもって特徴とする。オンナ集団の評論を行うのは男ばかりで、女の影がまるでみえないのもよくあるAKB論の特徴だ。

しかし、AKBの面々は、論壇誌読者が得意とする学校で習う事柄を、毎日茶の間の前で大間違いするお馬鹿集団(団員笑顔で自認)にすぎない。なので、そうした評論を読んで知性的な幻想を抱いた者は、ことごとく裏切られることになる。論壇で積み上げられた教養空間を踏みにじることに何の恥じらいも見せない反知性主義こそAKB文化の本質だ。

主な論理[編集]

論壇に載るAKB論では、概ねこのような論理が展開される。

AKBは未熟さを売りとするユニットだ
日本ではずっとアイドルの未熟さが愛されてきた。AKBもその系譜を引いているという主張である。一見客観的な主張をしているようにみえるが、実のところは「AKBが未熟なら、AKBを応援している若いお前らも未熟な存在だよね~」というおじさんの声がその本質である。そして、上司は安心して若い部下をAKB団員のごとく酷使できるのだ。
その前段に「K-POPのユニットは完璧さを売りとするが」とつくことも多い。この論理を適用すると、「韓国音楽は日本を超えた!」という論理が成立する。
AKBのメンバーは韓流ユニットと違って十人十色
AKBのメンバーは一人一人顔が見えるが、K-POPの面々はみんな顔同じという主張である。プロに匹敵する特技を持たないAKBの団員一人一人の名前など、熱心なファンでもなければ誰も気にしないし、ステージ上ではみんな顔同じにみえるということを指摘する声はまるで聞こえないようだ。ちなみに、K-POPの面々もステージを降りると、キャラ分けを行っている。
AKBは韓流ユニットの整形美人と異なり天然だ
ブスさを肯定へと転換する。しかし、AKBの団員はそこら辺にいる同年代の女よりはずっと美女の範疇に属する。そんなものはマーケティング文句に過ぎず、結局美女たるAKBは美女対決で外国のユニットに敗北することだろう。

「AKBは藝術的」という命題と、上に挙げた物言いは一見支離滅裂なようにみえるが、この支離滅裂が気になるようでは論壇に載るようなAKB論を展開することはできない。以下は「藝術的」とされる物言いの事例である。

AKBの手法は完全に新しい
誤りである。握手会などは韓国起源説が唱えられるほど他のユニットも堂々と展開してきたことだ。ここは、「AKBは完全新規の文化」などとむせあがっている狂信者たちを、アイドルの興行に完全に新しい要素などないとアイドルの歴史を基に語るのが大人の責任というものだろう。
AKBのコンサートは手作りだ
最初から専用劇場を持っていたAKBは発足以来、全てが資本の論理で動いてきた集団であり、手作りと思える要素は全て見せかけに過ぎない。と本当にストリート・ミュージックから誕生したユニットは証言している。豪雨の中で総選挙を行ったとしても、それは彼女たちが秋元康にこき使われているだけなのであって、決して手作りだったからなのではない。
AKBはブラック企業と闘争している
ブラック企業との闘争で名を上げた一雑誌編集長が新書で唱えた論理である。AKBの内部では、偉大なる秋元康元帥に対してブラック企業級の忠誠闘争が行われていることは、該当記事をみるだけで明白なことなのだが、この論理にかかると、「本当にブラック企業なんだったら、メンバーがあんなにアホの子ばかりになる訳がない」と反論されることになる。団員に向けて何気に酷い発言だ。そんな妄言を吐いた輩は、即刻謝罪して他の音楽ユニットを推すべきだ。
AKBは大東亜共栄圏
右翼漫画を確立した立役者の発言。AKBはインドネシアにある。中国にもある。しかし、21世紀の大東亜共栄圏で最大の下僕となるはずの台湾ではポシャった。
AKBはキリストを超えた!
濱野智志という若手知識人がある団員を讃えて一新書で堂々と公言。この本が出たことが、襲撃さえ平然と行う狂信者からAKBを隔離する名目となり、その団員卒業の決め手になったという。

高二病?[編集]

上のようにAKBを論理的に批判すると、熱狂的信者たちは「AKBを批判して、自分が偉くなったつもりなの?」と比企谷八幡を眺めるような憐みの視線を注ぎ、先生的な立場から「みんなに合わせることを知れ」と説教を試みる。

しかし、前項で挙げたような批判を音楽史上の教養に基づいて冷静沈着に行うのが、先生方の言論が揃う論壇の責任というものだろう。「AKBは藝術史に残る」と熱狂的に騒いでいる方が高二病の烙印を受けてしかるべきなのに、親AKB派の方が先生の側に立って批判者を高二病扱いしている。自ら歌をつくらずに、他人のつくった曲を消費しているだけという点では、同じ穴のむじなであることなどいざ知らず。

そんな情景が出現したのも、究極的に見れば、「東大を出た論壇の編集者は、AKBとももいろクローバーZ以外の若手女性ユニットを知らない」からとみて、まず間違いない。ちょっとでもちゃんとした情報があったら、「AKB礼賛の方が高二病」と判定できるはずだろう。

そして、自分自身の無学振りを何より自覚するAKB団員は、自分たちが何かの藝術集団であるかのように描かれた高尚なる評論を読まないまま、凡百のファンよりもずっと高らかに笑っているという。

あるべき論理[編集]

それでもAKBで公論を起こしたいというのなら、このような議論を立ててみてはどうだろうか?

AKBはAKIBAの文化を代表してなどいない
「わあわあ騒いでばかりいるきれいな女の子たちが、普段は静まり返っているファッションセンス無き男の子たちの文化を代表しているだって?ありえない」という論理を立てて、論壇でお高く留まっているおじさんたちが絶対知っていそうにないAKIBAの代表作を紹介する。「メイド喫茶だけがAKIBAと思っているのならそれは幻想」とでも副題をつけておけば、より多くの非AKIBA人が関心を持ち、啓蒙する言論誌としての本分を果たせることだろう。
AKBは貧者の声など代弁していない
総選挙に投票するには金が要る。一人一票の原則などもろともせず、投票に影響を与えたいのなら、投票権付きのCDを数百万円購入するほどの資金力が要る。後者など、貧乏な非正規階級には決してできないことである。総選挙に投票するのは、相当の富者であり、貧乏人はまずコンサートチケットをとるのに一苦労する。そして、チケットをとっても関連グッズを一切買えずに泣きをみる。
AKBは日本社会の格差を封印する魔法の道具と化した
どんなものでも、歌は現実社会に内在する経済格差を一時的に忘れさせる魔力がある。幼稚さがプロから指摘されるAKBにもその魔力を持っている。これを利用して、「経済格差に激怒して暴れる若者たち」を「幼稚なAKBに耽溺する若者たち」に変換すれば、恐るべき子どもたちがナメてかかって構わないどうでもよい存在になる。そして、世界中で若者世代の格差反対デモが頻発しても、AKBの歌が流れる日本社会にだけは深刻な格差がないという幻想に浸れるようになる。
AKBはネギまのパクリだ
AKBの構造をアキバ系作品の中で最も共有しているのは、30人余りの女子生徒がショタ先生を囲むネギまであることはおそらく論を待たない。好評となったのも、そのファン層を取り込んだからだ。もちろん、ここでいうスプリングフィールド先生が秋元康で、AKBとその付属ユニットが生徒たちであることも明白だ。
この2つを比べた場合、フツー男のアキモト・スプリングフィールド先生の地位がやたらと高く、バトルを繰り返す生徒たちの地位がやたら低い構造が透けて見える。なのに、AKBの方がネギまよりも女性たちに受け入れられるのは何故だろう?
AKBはつまらないと感じる人間を非人化する
AKB思想を世界に広めるべくつくられた深夜アニメでは、「娯楽禁止令」を敷く人間と戦うAKBという世界観が採用されている。この世界観はすなわち、「自分たちの歌と文化を面白くないと思う人間は、娯楽を否定する人でなし」という意味である。外国(例 インドネシア)の某宗教には裏の意味がよく伝わったことだろう。また、そのためにAKBはAK48銃を持って戦うという設定もあり、平和憲法のことなど意に介さぬというメッセージも読み取ることができる。

関連項目[編集]


野菜シスターズ.jpg 一日一本、健康のためにAKB論」を加筆しよう! 
さあ!!課長さんも、こっちにおいでよ!! (Portal:スタブ)