99%

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索

99%(きゅうじゅうきゅうぱあせんと)は、とても都合の良い言葉に分類される表現の一種である。「多分、大丈夫」等と同じようなタイミングで使われたりするが、99%本人は「多分、大丈夫」と同じ扱いにすることを嫌っている。

とても使いやすい言葉としての99%[編集]

この言葉はみんなが思っている以上に使いやすく便利な言葉である。例えば日常小学生の会話で使うとするならば「○○さん、明日の2時に遊べる?」と聞かれたときに、究極のこの言葉が空を切りながら自分の口から発言される。

99%大丈夫ぅ!」

どうだろうか? この例題を見てこいつの発言の使いやすさが分かったか?やばすぎるだろ(笑)

この言葉さえあれば99%無敵ジャン? だってさぁ、もし遊べなかったとしても1%遊べない確率があったんだから、理由として成立するし。ほら!この言葉の使いやすさ分かっただろ。

「多分、大丈夫」vs 99%[編集]

先ほども述べたように、この2組は対立関係にある。今のところの人気では惜しくも99%が敗れており「多分、大丈夫」が優勢な形をとっている。

だが、最近では教師の前で「多分」という言葉を発すると、なんかしらんけど教師がキレはじめる場合がある。これは、99%教師が昔に同級生に「多分」という言葉でイジメを受けたりしたのが原因だろう。この教師が「多分」という言葉に嫉妬心を燃やし始めたときから微妙に「99%」が「多分、大丈夫」を追い抜かそうとしている

99.999999999999999999999999999999999…%[編集]

99%の上位の言葉としてこのような言葉も存在する。99%よりも便利な言葉ではあるが、その文の長さとうっとうしさからあまり人気はない。と言うか嫌われている。

このようにあまりにも小数が続くと99%相手にされないようになり、言ってる自分も馬鹿馬鹿しくなり一挙両失となるので注意したまえ。

関連項目[編集]