9.11

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索

9.11とは、2001年9月11日に全世界同時公開されたアメリカの映画。公開初日から1億人近くが映画館に足を運ぶなど大ヒットを記録した。また、この映画の監督・オサマ・ビンラディンは米国をはじめとする世界各国から表彰を受けている。

概要[編集]

spoiler
spoiler

警告:以下の文章にはネタバレ、いわゆるスポイラーが含まれています。これにより記事はより空気力学的に洗練され、その結果としてより高速で疾走できるようになります。

もしあなたが、 アルフレードが残した形見はキスシーンのフィルムであることや、 公文書館の記録を消したのはドゥークー伯爵であることや、 ボーグがフェニックス号の打ち上げを妨害して歴史を変えようとしたことや、 生前のキャスパーは美少年だったことや、 ホッパーは小鳥に喰われることや、 ペンギンは市長になろうとして失敗することや、 無名も秦王を狙う暗殺者だったことや、 ケビンの両親は離婚しそうになるが結局ヨリを戻すことや、 長谷川宗男は影の管理官であることや、 寅次郎に兄がいたことや、 矢立肇中の人はいないことを知らないのであれば、充分注意して、ポップコーンを手放さないようにしてください。

米国時間9月11日8時46分に世界一斉に上映が始まる。物語はテロ組織・アルカイダがテロを決行し飛行機で世界貿易センタービルに突入するという物語。第一便がビル北棟に突入するところから上映が始まる。9時3分に第二便が南棟に突入する。斜めで突入したために損傷が大きく、後に突入した南棟のほうが先に崩壊した。緻密に映画は作られており、世界各国のマスコミの様子まで撮影されている。日本ではNHKのアナが「これは映画ではありません」と述べるところまで上映されており、緻密さに驚く観客も多かった。

9時38分にアメリカ国防総省(ペンタゴン)に飛行機が突入し国防総省も崩壊した。4つ目のテロはハイジャックこそされたが旅客が阻止したが虚しく墜落し、物語は幕を下ろした。

この映画を受け危うさが明らかになった貿易センタービルは一度爆破解体し再度立て直した。またペンタゴンも改修工事を行い、今まで認められてきた一般人のコックピット見学も不可能となるなど世間に大きな影響を与えた。

日本での上映[編集]

日本では上映開始時間が21時になってしまうためにNHK総合・BS3波が映画を放送した。しかしこの対応に対し国民は「台風が迫っているのにNHKがこれでいいのか」と批判が浴びせられた。しかし視聴率が良かったため民放各局も同時に放送を始め、さらにはラジオが音声のみで放送するなど前代未聞の公開となった。

特にニッポン放送は聴取率が期待できるオールナイトニッポンRを中止し緊急生放送として放送した。ただ、L字画面にする局は一局もなく批判が殺到した。

その後[編集]

2011年にこの映画の監督・ビンラディンが死亡したがこの死に対し世界各国は「いい映画をありがとう!」などと惜しむ声が多くあった。米・オバマ大統領は「写真を見た。間違いなく彼だった。残念だ」とコメントをするなど、一人の映画監督が死んだにしてはあまりに大きい扱いとなった。

関連項目[編集]

Bouncypotato.gif
この記事「9.11」は何故か「アメリカ同時多発テロ」とネタや題材がダブっています。どちらが真実なのかは神のみぞ知ります。
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「9.11」の項目を執筆しています。
にーこにっこどーが♪
ニコニコ動画中毒患者のために、ニコニコ大百科ではニコ厨たちがお金をかけてまで「9.11」の項目を執筆してくれています。


この項目「9.11」は、執筆者がクラックをキメていた可能性もありますが、今はまだクソの山です。より愉快にしてくださる協力者を求めています。さぁ、これを見ているあなたも、恥ずかしがらずに書き込んでみよう! (Portal:スタブ)