89式5.56mm小銃

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
Itape89.jpg
各隊員の個性が溢れる
89式小銃
種類 専守防衛兵器
訓練用電動エアガン
製造国 日本
設計・製造 豊和工業
東京マルイ
口径 5.56mm
6mm
銃身長 420mm
433mm
ライフリング 17.8cm/1回転
滑腔砲のためなし
使用弾薬 5.56x45.png‎(○)
装弾数 20発/30発(68~420)
作動方式 緩衝撃ピストン式ガス利用ターンロックボルト
気体利用(電動ピストン)
全長 916mm(固定銃床式)
916mm/670mm(折曲銃床式)
重量 3,500g
3,700g
発射速度 年間200発
使用者によっては年間10000発程度
銃口初速 920m/s
90m/s
有効射程 500m
50m

89式小銃(はちきゅうしょうじゅう、はちきゅう、「はちきゅうしきごうてんごうろくみりしょうじゅう」とは絶対に呼ばない)は極東のとある豊和工業が開発、製造し続ける自動小銃である。64式7.62mm小銃の後継とされているが、未だに検閲により削除により現行使用されている。


開発秘話[編集]

歩兵の弱体化と「殺すより負傷させた方が敵の戦闘能力を低下させる」、「戦争のルール一覧の第六条第二項の三により、自衛隊員はおそらく全員が死にたくないと思っているので、相手を殺さない程度の威力の銃を使用する」という戦術の見直しにより、弾薬は従来の7.62mm×51から5.56mm×45の小口径のものへと更新されるようになった。

これを受け豊和工業はAR18を基盤に開発を進めたが、ライセンス上の問題が生じたため新規設計することを強いられた。1978年、試作第一号銃HR-10(HokuHoku Rifle 10)が完成。HR-15で諸事情により安全装置切り替えレバーは右側へと移設された。HR-16が1989年に制式採用されたが、開発着手よりすでに15年が経過していた。世界規模で見ると小口径の自動小銃としては後発であり、基本構造はまったく更新される気配はなく、以後長きに渡って製造され続ける迷銃となることが防衛省により確約されている。

といっても米軍50年前から基本構造の変わらない銃を使ってたり、英国はもっとひどい銃を採用してるので目くそ鼻くそ方式で防衛省の方がマシとは言える。

なお、実戦指向が強い特殊作戦群や特別警備隊は信頼性を考え外国製品を採用している。某英国特殊部隊みたく自国の兵器が検閲により削除によるものと思われる。

と、何も知らん奴が語る。

特徴[編集]

ガラパゴス小銃
日本人の体格に合わせる為に、日本人お得意の改良を行い、64式小銃の反省点を踏まえた結果、64式の製造で行われた頑丈で耐用命数が伸びるけど製造費が高くなる削り出し加工による生産を止め、薄い鉄板を単純プレス加工して製造することにより軽量化とコストを下げ、容易に歪みや破損を起こし易くすることにより耐用命数を下げ消耗し易くした結果、納入価格は高く性能は低く製品化された。東洋のガラパゴス化には逆らうことは出来なかった。
部品の少なさ
64式と比べて部品数は少なく、なんとカラシニコフよりも少ない。
構造の簡略化で生産コスト削減を実現したが、一挺あたりの調達単価は30万円前後で軍用小銃としては相変わらずぶっちぎりの高さである。
ゆえに部品一個あたりの価格もぶっちぎりで世界一であり、筋肉バカの隊員は整備のたび部品の紛失に怯えている。
デザインを損なわない機能的な二脚
匍匐時や、掩体からの射撃の安定性を重視し、64式小銃と同様に相変わらず二脚を備える。
64式のアルミ製ものと異なり、スチール製で脱着ができるが紛失が恐ろしいため、近接戦闘訓練においても誰も外そうとはしない。
脚はたたむと被筒部に密着するような形状であるが、肉薄のため曲がったり折れたりしやすい。
あと、長いこと使い込むと、被筒部にある滑り止めのリブが、二脚と接する摩擦によって削れてくる。
右にある理由がある安全装置
切換レバーは64式小銃と同様に相変わらず右に付いている。切り換えの順番は時計と反対回りに「ア(安全)→レ(連発)→3(3点バースト)→タ(単発)」となっているためアタレない。
しかも狙っている途中に『あれ、サンタ??』と見間違う隊員はいないとか。安全装置のすぐ下がフルオートである小銃は他にカラシニコフしかないため、右側に安全装置を取り付けなければならない事情は明白である。
穴のある弾倉
弾倉の側面に残弾数が確認できる穴が4つ空いているが、匍匐時にハサミムシなど小さな虫が入り込んでそのまま薬室に送られ装填不良を起こすことは良くある。
ベテランの隊員は相変わらずビニールテープで穴を塞いでおく。ただし、規定外の位置にテープを張ると陸曹にぶっとばされるので、透明なテープを用いる。
89式多用途銃剣
ワイヤーカッター(実際には切れ検閲により削除)栓抜き、缶切り等の機能を備えてみたが実際のところ全く使われず、役に立たず、邪魔であったりする。
付属品のワイヤーカッターを保護する「鉄線きょうカバー」及び「紐」を付けないと被服及び身体に引っ掛かり怪我をしたり、破損させたりする。
なお、鉄線きょうカバーは気付いたら脱落検閲により削除したり、身体に結びつける為の紐も気付いたら切れて紛失検閲により削除するので現場では専らブラックテープが愛用されている。
また、新隊員教育で89式を使った教練を初めて受ける前に、まずは脱落防止用の銃剣止めを売店で購入するのが習わしである。
部品脱落防止策
64式などのへっぽこ銃と同じように、訓練の際の衝撃などで部品が脱落すると思っているアホンダラが居るので、毎回訓練の時には黒いビニールテープでグルグルに緊縛されている。
経済貢献機能
89式に限らないが、この銃には壊れることにより製造元が地味な部品で潤う設計がされている。
照星部にねじ込まれている照星は指で押すと簡単に折れ、照門部に付いている上下転輪を数回ほど回すと中の部品が金属疲労により壊れ、夜間概略照準蓄光しないと使えないけどぶっちゃけサイト照らすだけで意味がない具を固定するための照門部の軸が指で回すと簡単に取れ脱落する。
部品を結合している止めピンも、ロック機構は針金で抑えているだけ。分解する際に奥まで止めピンを押し込むと、針金が簡単に破損する。なので、新隊員教育の教練では上官から「あんまり奥まで押すな」としつこく言われる。でも、強めに押さないと外れないのである。
銃剣も刺突すると折れ、銃剣を仕舞う鞘も柔軟性の無い割れやすい素材を敢えて使うなど色々と考えている。
また、銃自体の耐用命数が低いので、初期の89式が新たな89式に置き換えられるという、スパイラルなことも起きている。
防錆処理が甘いんじゃね?機能
西方の部隊で新たに発見された機能で海上からの水路潜入の際、海中の塩分によって銃の主要部分が腐食を起こし一部機能に制限が掛かることである。
具体的には錆で開かなくなる二脚部、錆で固着して調整できなくなる照星と照門、切り換えられない切り換え軸部、動かなくなるスライド、挙げ句の果てに分解結合すらも出来なくなるほど固着するなど日本製らしく細部まで拘ってる。
なお、一部隊員がグリスを塗りまくったりオイル缶に漬け込んだりしてるが、見つかると武器陸曹から酷い目に遭わされる。
ただし、発砲を行わない、風雨に晒されるなどの過酷な状況での訓練では、もったいないのでゴム製のニセモノを使う。
凝った作動部のおかげで作動不良
ショートストローク式とロングストローク式の良いとこ取りを狙い
ピストンの前に別体式ピストンを置くというトンデモ設計により
発射ガスのカーボンや弾丸のメタルジャケットがピストン部の前の別体式ピストンに付着すると
別体式ピストンの動きが弱くなりピストンも止まり動かず容易に作動不良を起こす。
更に油膜が切れるとシリンダーやピストン、別体式ピストンについてるリングが磨耗し使用不能。
誰が設計した?射撃検定や訓練程度の発射弾数でジャムってどうすんの?
こんな作りでよくOK出せたな防衛省

対テロ対策[編集]

近年の海外派遣、市街地戦闘を重視した戦略の変化に伴い、独自の改良が施されている。光学照準、フラッシュライト、負い紐などの費用は、相変わらず隊員から徴収して玩具屋から独自に調達している。

左手用切換レバー
イラクに派遣された部隊の小銃には左側にも切換レバーがを付けることを許された。これは右手親指で操作して素早く安全装置を解除するためではなく、左手に持ち替えた時に右手に持ったときと同じ手順で発砲できるようにするためのものであった。
素手の親指で操作すると、相変わらず引き上げたときに指の皮が破ける。使い続けていると左手用切換レバーを固定している針金が取れレバーが脱落検閲により削除
光学照準
これは相変わらず隊員が自費で購入する。しかし、射撃訓練においては使用できないため所持していてもゼロイン修正すらできていないのが現状である。でもようやくお偉いさんが隊員達が買う理由が分かったのか、それとも自費購入の隊員らを可哀想に思ったのか、装備品として調達し出したそうな。
前方握把
被筒部に装着して握って銃を保持する。正面から銃弾を受けたときに、被筒部を包んで支える握り方では4指を失う可能性があるが、前方握把を握った場合では1、2本で済む。前方握把の追加などまったく想定されていなかったので、これを追加してトンファーのように振り回した隊員が被筒部の破損事故を起こしてからは使用禁止の通達が出ている。これをやったのは西の方の「レンジャー!」と叫びまくる人達の多い部隊だった。
負い紐
一部の部隊では3点スリングが使用されているが、武器庫から出し入れするたびにいちいち調節するのがめんどいし、長距離移動時には相変わらず肉に食い込んで痛い。首にかけて銃を提げて首を絞め死にかけた隊員もいる。
06式小銃てき弾
64式と共用できる自爆機能を持った相変わらず危険な小銃てき弾。これでも2006年採用のライフルグレネードですよ?
尚、発射する際にゴーグル等を装着しないと発射ガスにより眼を痛めたり、湿気や降雨の際に発射すると目標より遥か手前、:射手の手前で着弾、不発したりと国産兵器らしい代物であるため脅威に怯える西方のある部隊では代替えとして海外製の60mm迫撃砲が採用された。尚、天下りや防衛議員が甘い汁を吸うため06式ポンコツてき弾は配備継続で有る。

89式小銃型訓練用電動エアガン[編集]

従来の交戦訓練用装置(バトラー)では胴部の被弾判定しか行えないため新たに導入されたのが、玩具メーカーの東京マルイ製電動エアガンである。センサーが判定するバトラーとは違い、音や被弾者の「ひでぶッ!」や「あべしッ!」などの声でよりスリリングでエキサイティングな細かい判定が行えるようになった。しかし、相変わらず納入数が少なく隊員が自費で模型店で購入しているのが現状である。それでも個人的に購入したM16やAK、短機関銃のMP5、機関銃のM60やMG3(のつもりでMG42)、個人的に組んだFALやSCARなどを持ち込む熱心な隊員もおり、戦略研究に余念がない。

先進軽量化小銃[編集]

防衛省技術研究本部が「先進装具システム技術の研究」の名目で進めている改良型。東京マルイ製の玩具を改造するだけの簡単なお仕事である。2008年には、最も破損しやすい前方握把にコンピュータ操作装置を配置する、装備の総重量を要求に合わせるため内部にチタン合金を多用するなど、方向性を根本的に間違った試作品が公開された。 しかし防衛省、自衛隊はお役所らしく誰も責任とりたくないから現場努力で終わるのは目に見えてる。

関連[編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「89式5.56mm小銃」の項目を執筆しています。