8月25日

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
2017年8月
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

8月25日(はちがつにじゅうごにち)とは、一週間後に迫りつつある9月1日による夏休みの宿題が終わっていない日本全国の生徒に対する最後通牒である。

概要[編集]

来る9月1日に備え、この日から全国的に宿題をする生徒が急増する。この日までならしっかり計画を立てて宿題に励めば、例え宿題に一切手を付けてなくてもギリギリ楽に終わらせることができるが、最初から計画的にできるならこうはなっていない。危機感のない生徒は「大丈夫、明日からやるから」等と言い続け8月31日に泣きを見ることになる。始業式が9月2日だからといって油断するとやっぱり泣きを見る。ちなみに、1945年には「日本の夏休みの宿題を撲滅する」という建前で千島列島の松輪島にソ連軍がやってきたらしいよ。

宿題をやっていない君へ[編集]

ほとんどやっていない宿題を完遂させる為にはしっかりした計画を立てねばならない。が、上記にも書いてある通り計画的にできなかったから宿題が溜まっているのである。筆者はそんな君にも救いの手を差し伸べるべく、出来るだけ効率よく楽に宿題を終わらせる方法を記述する。

宿題を7(8)日分に分ける[編集]

ドリル系の宿題はおおよそ30~40ページ、並びにプリント集や漢字練習系で課せられる宿題は大体10~20ページ、合計約40~60ページで構成されている(筆者調べ)。これを7で割ると少なくて一日6ページ、多くても一日9ページやれば終わる計算になる。

但し、読書感想文や自由研究の存在も忘れてはならない。

親に頼る[編集]

頼みに成功すれば最も効率の良い方法だが、逆に失敗すると説教を喰らった挙句結局自分で宿題をしなければいけない二重の苦しみを味わう事となる 。

兄弟や友達を活用する[編集]

終わってない宿題を手伝ってもらったりすることで自分の負担を軽減できる。しかし余計な出費がかかる事がある。

ページを抜く[編集]

インパクトの薄い地味なページを数枚抜く事で宿題を減らすことができる。この方法であればページが少ないことを追求されても「最初からなかった」と言えば大抵しのげる。だが抜きすぎるとバレるのでご利用は計画的に。偶に抜いたページを渡され提出を要求される事もある。

宿題を貰い損ねた事にする[編集]

あってもなくても変わらない様な宿題は貰ってない事にしよう。

例外[編集]

以下の類の宿題はこの日から開始しても間に合わずに放置したり、改竄や偽装を行わなければならない場合がある。

アサガオの観察日記系[編集]

基本的にこれをやっていないということは観察対象が既に枯れている場合がほとんどで、どうしようも無くなる。枯れていなくてもそれまでの成長の過程を想像しながら書き起こさなければならない。デタラメな成長を書くとバレる。

お手伝いカード系[編集]

日頃からお手伝いをしているお利口さんなら適当にやった事を書くだけでいいが、お手伝いをしていない子は「お皿洗い」や「風呂掃除」などをでっち上げて書かなければいけなくなる。中には開き直って「やってない」を連投する奴もいる。

お天気カード系[編集]

最近はYaho●!やg●ogleで簡単に検索できるようになったのである程度は楽になった。しかしパソコンを持っていない奴や触れない子には地味に面倒な課題である。

絵日記系[編集]

ただでさえ日記という面倒くさい課題に絵まで描けというアホな宿題。お絵かきが好きな子はいいが絵を描くのが苦手な子にはただの壁である。

ラジオ体操カード系[編集]

時既に遅しとはこの事である。諦めて放置しよう。

始業式接近型うつ病[編集]

8月25日前後から主に児童に流行するうつ病。始業式が迫っているという現実に直面し、「もうすぐ学校だなぁ、やだなぁ」と言い鬱になる生徒が後を絶たない。特にこの日が日曜日の場合は8月25日と9月1日にサザエさんが放送されるので注意が必要である。万が一児童が視聴して鬱になってしまった場合はしっかりメンタルケアをし、現実を受け入れ安くさせましょう。発症の原因は明確ではないが、宿題を完了していない児童に多い傾向がある。なお症状は一時的なものであり、学校に行くようになるとすぐに治まる。

教育関係者にとっての8月25日[編集]

ただでさえ宿題に追われている学生を前に、無慈悲な教師が生徒宛の残暑見舞いに「夏休み明けテスト有り」との残酷なお見舞いを食らわせる事例が虚構新聞社の調べで発覚した。夏休み明けの不登校や非行との因果関係もあるとの見方が強くなっているため文部科学省は夏休みの宿題そのものを廃止するとの方針を打ち出している。しかしながらこれでゆとり教育に逆粛清されました

最近では[編集]

始業式が8月25日の学校も増えている。そしたら、先生に一週間の猶予を乞いなさい。

ただしその学校が増えればこの記事の内容が8月18日に(以下略

最後に[編集]

残りの夏休みを満喫したければ、すぐにブラウザを閉じて遊びに行きましょう。

但し宿題を終えていない君、すぐに宿題に取り掛かりなさい。

関連項目[編集]