46億年問題

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
この記事には冗長性が不足しています。
改善には十分なメモリーとブロードバンド回線と大きなディスプレイ友情が必要です。
アンサイクロペディア法
を熟読した上で、分量を増やして下さい。
Wikipedia
ウィキペディア専門家気取りたちも「46億年問題」については執筆を躊躇しています。そのような快挙を手際よくやりおおせたことは、我らの誇りです。

46億年問題(-おくねんもんだい)とは、今から約46億年後に地球太陽に飲み込まれ、人類滅亡の危機が訪れるという問題である。

本件をめぐる考察[編集]

これほどまでの大問題だが、意外と誰も気にしない。本件を無視してかかる日和見主義者達は、こぞって「この問題を考えるにあたる以前に、別の課題が余りにも多すぎる」という理由を挙げる。以下に細目を列挙する。

  • そもそも46億年後まで人類はまず生き残っているのか、という問題がある。大衆文化では多くの未来予測があるが、せいぜい西暦5桁までしか書かれていない。しかも、西暦4ケタ台の近未来でも、支配者が世界征服を目的に戦争をしていたり、魔王が復活したり、世界の崩壊が訪れたりするなど、平和な予測はほとんど無い。46億年後に人間が絶滅している可能性は十分考えられる。
  • 別の問題は、仮に人類が生き残っていたとして、46億年も経てば科学技術によって滅亡を防げるのではないか、ということである。現在を基準に考えれば、スペースシャトルがラブワゴンのように、当たり前の存在になる日はそう遠くない。まして46億年後の技術といえば我々の想像をはるかに超えている。現在でもへの上陸が可能なのだから、46億年もあれば太陽系を抜け出して他の恒星系に移住しているはずである。
  • 更に、太陽の膨張で地球が飲み込まれる前に、膨張して接近した太陽により、地球の気温が上昇し地球上で生活できるかの問題がある。もし灼熱の太陽の下、海面上昇とハワイ気分を存分に楽しむために、いわゆるサマータイムが導入されていれば、この問題は回避されているかもしれないが、日本においてその可能性は0に等しい。
  • そのほかユニークな意見として、46億年後実際に本件に関わる事になる連中は、本件を問題とは考えないかもしれない、というものもある。曰く、そこまで生き残った人類の子孫は、とっくに進化して今とは異質な生物になっていると考えられ、恐らくは戦争や無駄遣い等による自滅を防ぐ為、悟りすました存在になるか、或いは某アニメの劇場版で描かれた様に巨大なアメーバ状の群体になる方向でいく事だろう。よって、太陽の件もあまり気にしない。
  • そんなことは問題ない。弥勒菩薩が地上に降臨し一切の煩悩を救うであろう(あれ、弥勒菩薩の降臨は57億年後じゃあ?)。

以上のことから、誰もこの問題に手を付けない。なに、言いだしっぺの法則?!ん~聞こえんなあ~。

関連項目[編集]