3月3日

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
2017年3月
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

3月3日は、1年の中でも特に厄日である。「散々」という語呂合わせがそれを象徴しており、「死に」となる4月2日とそのレベルを争っている。「雛祭り」というエクストリームスポーツを行う日としても知られている。

東京都葛飾区亀有の3月3日[編集]

その厄日傾向は、特にこの地域で最大限に増幅される。昔、この町に在住していた両津勘吉雛祭りの人形を破壊したのが原因で、現在でもこの日になると度々厄が彼、ないしは町全体に襲い掛かる。ちなみに,両津勘吉の誕生日でもある。

雛祭りとしての3月3日[編集]

雛祭りとはこの3月3日、女児及び女性限定でお正月・成人式以外に着物を大っぴらに着れる数少ない記念日。また白酒の飲み比べを行い、金平糖を投げ合うエクストリームスポーツの競技名

概要[編集]

雛祭りは元々、躾の厳しい皇族・貴族の子供達のストレス発散方法の一環として考案された行事で、白酒の飲み比べや金平糖の投げ合いを行う日本古来のエクストリームスポーツである。審判は必ず雛壇の上に鎮座することが定められている。

ただし白酒の製造がまだ普及していなかったので当時はどぶろくなど密造酒を使い行っていた。雛祭りの正しい正装及び戦闘ルックは本来十二単などの平安女性装束でないといけないのだが、金や人脈の無い庶民の為に現在はルールを改変し、普通の和服かワンピースの着用が許可された。現在はお雛様こと雛形あきこがキャンペーンガールを務めている。

後に将軍大名へ正室として嫁いだり、あるいは側室や奥女中として入った皇族や公家の娘たちによって、この祭りは武家社会にも伝わり、また鎖国でやってきたポルトガル人がこの祭りをスペインに持ちこみ、「トマト投げ祭り」の発祥となった。

ルール[編集]

甘い金平糖も投げれば本気で痛い。

金平糖投げ[編集]

  • 敵陣のお雛様とお内裏様を破壊すれば勝ち。血祭りになっても破壊されない限り続行
  • 服装は十二単などの平安女性装束か和服及びワンピースを着用する。
  • 扇以外で金平糖を防いでは行けない。
  • 投げる金平糖は市販の物を使用。
  • 金平糖は急所・眼以外ならどこでも当てても良い。

白酒飲み比べ[編集]

  • 相手が先にダウンするかゲロを吐くまで勝負する
  • とっくり一本すつ飲む。
  • 甘酒の使用は不可。
  • 白酒が無い場合はもち米と麹を適当に混ぜて密造したどぶろくも使用可

ルール制定は京都に本部を置く「雛祭り運営委員会」が制定。

歴代キャンペーンガール[編集]

グラハム・ベルの誕生日としての3月3日[編集]

実を言えば、この日は電話機発明したとされているアレクサンダー・グラハム・ベルの誕生日(1847年)だったりする。彼は耳が不自由な人の教育にも熱心だったこともありおまけにみみで語呂が好いってことで、彼を記念してこの日がの日となっている。

そういう訳で年度も押し迫ったこの日に小中学校では耳鼻科の検診が行われたりするのだが、最近は耳の方よりこの頃から悩まされる鼻の病気も見過ごせなくなり全く無意味とは言えない、皮肉なことになっているんだとか。

関連項目[編集]

Undictionary Logo Text.png
この記事「3月3日」は何故かアンディクショナリーにも項目がありダブっています。どちらが真実なのかは神のみぞ知ります。


この項目「3月3日」は、執筆者がクラックをキメていた可能性もありますが、今はまだクソの山です。より愉快にしてくださる協力者を求めています。さぁ、これを見ているあなたも、恥ずかしがらずに書き込んでみよう! (Portal:スタブ)