2014年のアルビレックス新潟

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索

2014年のアルビレックス新潟(2014ねんのアルビレックスにいがた)は7つの記事で構成されている。

記事名・リンク 内容
2014年のアルビレックス新潟・序章 2013年の躍進の結果、大いなる希望を旨に新シーズンに乗り出すアルビレックス。しかしそれは、次の悪夢への第一歩だった。未来がどうなるか誰にも分からない中では、誰も無邪気に笑うことを止めることはできない
2014年のアルビレックス新潟・第一部 シーズンが開幕してからわずか10分で全てが終わったアルビレックス。そして、そこからが苦難の始まりでもあった。そして始まる毎年恒例の移籍した選手たちの穴を埋める作業。なお、この作業については2014年を通じて行うこととなる。
2014年のアルビレックス新潟・第二部 アルビレックス新潟の歴史上、最低最悪の夏の移籍の始まり。なお、普段なら5ヶ月先に訪れるチーム瓦解の危機が、2014年度は夏に来た。そのため、民心の安定を図るために、いつも以上に情報量を増やし、詳細な話もてきとーな話も大量にぶち込んだ結果、この2ヶ月だけで10万バイトに迫る物量となる。
2014年のアルビレックス新潟・第三部 2014年7月。アルビレックスの歴史上最低最悪の夏の名に恥じぬばかりに、不安と混乱がチームに蔓延する中、チームの戦績は急降下。そして、まったく点が取れなくなったまま残留争いへと巻き込まれていく。けれど、幸いなことに、もっとひどい悪夢について、アルビレックスは2012年にすでに通過していた。
2014年のアルビレックス新潟・第四部 2014年8月。死ね、代理人。
2014年のアルビレックス新潟・第五部 シーズン途中におけるエースストライカーの移籍という、チーム崩壊の危機を辛くも免れたアルビレックス。しかし、そこからの道のりは2012年を思い出すような強烈な得点力の無さだった。しかし、だからこそ新戦力が鍛えられる。そして、一緒になってより鍛えられるファンと関係者の忍耐力。いつもの話である。
2014年のアルビレックス新潟・第六部 2014年の秋、それは明らかに2015年に向けた積み重ねであり、たとえ敗北を積み重ねても2015年を信じればまったく問題ではないからこそ実にまったくアルビファン。夏に混乱したチームも徐々に落ち着き、少しずつ少しずつ来年のチームの形が出来上がっていき、そして迎える信じがたいほど平穏な冬。

なお、アルビレックスが降格の危機に陥ると情報量が激増するのは仕様である


関連項目[編集]

Disambiguation
このページは人間の頭がごちゃごちゃになるのを回避するための項目です。この項目を見た場合は、すばやくここからリンクされている別のページに移動した方が、頭のためになります。ここへリンクしているページがありましたら、他の人の頭をショートさせないためにも、ここから案内される各々のページへリンク変更をしてください。