1984年

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
偉大なる兄弟は見ている
クライムシンク
真理省」(ミニトルーは記事を極不可」(ダブルプラスアングッド思想犯罪」(クライムシンクと認定
愛情省」(ミニラブ正考」(グッドシンクに全訂正
(真理省によりこの記事の内容は非常に犯罪的かつ欺瞞を含んだものと見なされており、
上の虚偽がもたらしたあらゆる有害な部分の改善が愛情省によりおこなわれています)
世紀  19世紀 - 20世紀 - 21世紀
 10年紀  1960年代 1970年代 1980年代 1990年代 2000年代
  1981年 1982年 1983年 1984年 1985年 1986年 1987年

1984年 (- ねん) とは、ジョージ・オーウェルが世界における社会主義共産主義全体主義国家体制の概ね確立されると予想した年である。

しかし実際にはヨシフ・スターリン毛沢東、それにポル・ポトの死ぬちょっと前ごろから、社会主義体制の方針そのものが分裂したり、プラハの春騒動やニキータ・フルシチョフの平和主義政策などが影響して、実現することはなかった。きわめて惜しいことである。

北斗の拳風の谷のナウシカが掲載・放送されたり、Macintoshが作られたり、エリマキトカゲ吉幾三の「俺ら東京さ行ぐだ」がはやった年であるようだが、全体主義国家が完成していればもっと「理想的」なユートピアの世界になったことだろう。

  • 皇紀2644年
  • 戦後39年
  • 仏暦2527年
  • 民国73年

オーウェルの予想した1984年[編集]

  • 世界の国家はオセアニアというアメリカ合衆国、ユーラシアというソ連、イースタシアという中国の3つになる。
  • オセアニアは太平洋大西洋に守られ、ユーラシアは広大な領土に守られ、イースタシアは国民の生産性と勤勉性に守られるようになる。
  • 常に3国家同士でそれぞれに多大な影響を与えない戦争が行われている。
  • 社会は党によって思想・性・行動のすべてが管理される。
  • 言語は英語をもっと簡略化したニュースピークに統一され、余計なことを考えないようになる。例:「こみん☆てるん」

オーウェルの予想した1984年に第二次世界大戦の「もしも」が加わったら[編集]

現実の1984年[編集]

  • 世界の国家の数は第二次世界大戦前の倍以上に増え、アメリカソ連の二大陣営形成の他、第三世界(中国)の影響力が強まる。
  • ソ連のアフガニスタンにおける戦闘が膠着化し経済が疲弊する中、アンドロポフが亡くなる。
  • 資本主義社会においては、管理社会に対する反感が高まる。社会主義体制は完全に行き詰る。
  • 方言の数は通信手段の発達によってどんどん減少していったが、それでも1万以上の言語が残った。

関連項目[編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「1984年」の項目を執筆しています。