1週間

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「」の項目を執筆しています。

1週間(いっしゅうかん)とは、世界を時空面から支配する7人神々のことである。この神々は人類に接触を図ってくる。ある神は戦いをもたらし、ある神は幸福をもたらす。

それぞれの神[編集]

人類を襲う月曜日の御姿。
  • 月曜日神・マンマルバ: 人類に最初に襲ってくる強敵。ブルーマンデーという人の心に闇をもたらす魔法を使う。また使い魔 中央線などを繰り出す。相手は死ぬ。
  • 火曜日神・チュウズーボ: 月曜日神との戦いで疲労した所を襲ってくる、卑怯な神。
  • 水曜日神・ウェンディーヌ: かなり強力。相手を油断させるのが得意。
  • 木曜日神・サーガイン: 実力的には最強。多くの人を苦しめてきた神。
  • 金曜日神・フラビージョ: 土曜日神と仲がいい。持久力がないのか、この神との戦いの後半は非常にラク。
  • 土曜日神・サタラクラ: 人類の味方。多くの人はこの神の来訪を祝福するだろう。しかし、一部の人にとってはやはりとなる。
  • 日曜日神・サンダール: 神というより。優しい、慈愛心にあふれている。実際に見たことはないが顔はきっと美人だろう。むしろ美少女かもしれない。それだけにこの神との別れが一番辛く、この別れこそが一番の強敵との指摘も。その現象をサザエさん症候群と呼ぶことがある。

追記[編集]

土曜日神と日曜日神以外の神は人類に対し好戦的だが、しかしこの世界では祝日という奇跡(この奇跡をもたらしているのは政府というまた別の存在だが)があり、この奇跡によって好戦的な神の気性が和らぐ事がある。

関連項目[編集]