黒田長政

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
この記事には冗長性が不足しています。
改善には十分なメモリーとブロードバンド回線と大きなディスプレイが必要です。
アンサイクロペディア法
を熟読した上で、分量を増やして下さい。

黒田 長政(くろだ ながまさ)は戦国時代に父親の黒田官兵衛程ではないがそれなりに活躍した武将。父親の黒田官兵衛に褒められたいが為に織田信長の下で人質になったり徳川家康に取り入ったりしたが、当の官兵衛は「息子のことをどう思うか?」という質問に対して「別に」と冷淡であった。

人物[編集]

  • 重度のファザコンであり、ツンデレヤンデレを併発している。ちなみに父親とは違いマゾヒストではない。
  • 兄弟同然に育った後藤又兵衛に幼い頃から尊敬の念を抱いていたものの、思春期に入ったあたりから父親との間に超えられない壁を感じ始め、又兵衛に対し本心に反した厳しい態度をとるようになる。又兵衛もそれを半ば面白がりながらからかい続けてしまったので、長政は又兵衛に対して可愛さ余って憎さ100倍の状態になってしまい、官兵衛の死後に「もうあんたの顔なんてみたくない!」と又兵衛を領地から追い出した。又兵衛が出奔した後も「あんただけが幸せになるなんて許さないんだからねっ!」と奉公構を施し他の藩への仕官を妨害したり、刺客を差し向けてちょっかいを出したりしていた。
  • 能楽をたしなんでいたが、あまりにも音痴だったため家臣だけではなく全米が泣いた。この音エネルギーをなんとか有効活用出来ないかと考えた母里友信が作ったのが後の黒田節である。
  • 官兵衛がキリスト教に入信したので長政も洗礼を受けた。その洗礼名がダミアンである。額に666のアザがあるわけではない。
  • 父親と比べてカリスマがないと言われるが、これは本人の名前をローマ字表記するとCRODA NAGAMASA、イニシャルはC Nとなる。つまりCharisma Nothingであり、名前による呪いとも言える。
  • 細川忠興とは非常に仲が悪かったらしいが、一種の同属嫌悪からきたものと思われる。
Nemurineko.jpg この節を書こうとした人は途中で寝てしまいました。
後は適当に頑張って下さい。(Portal:スタブ)

関連項目[編集]