黄奎

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
この記事にはユーモアが不足しています。治療には十分な栄養と日光愛情新しい顔が必要です。
ユーモアの摂取方法にも十分気をつけましょう。
Walkingmonkey.jpg
独自研究:この記事や節の内容は独自研究であるとする見方もあるようですが、ここアンサイクロペディアで笑いを取るためには自分のアイデアを記事に注ぎ込む事が不可欠です自己言及的なページにならない程度に我が道を突き進んでみてください。
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「黄奎」の項目を執筆しています。
貴公子の風貌をもつ黄奎。

黄奎(こうけい、? - 212年5月)は、後漢三国時代の武将。「酷吏」と謳われた黄琬の長子、字は宗文。同時に蜀漢の武将の来敏の甥でもある。

生涯[編集]

陳寿の著本と異なる『三国志演義』…ではなく、中国のどこかの『元本』(『大徳元本』とも。モンゴル王朝の元代の大徳年間の野史、著者未詳)によると、江夏郡安陸県出身で、黄奎は黄琬の長男として生まれたという。192年4月に「ブタ野郎」の董卓王允呂布とともに暗殺に成功した父黄琬はブタの董卓の武将だった郭汜らによって王允とともに惨殺された。

黄奎は母の来氏と生き別れをして、一族とともに李傕・郭汜の魔の手から命からがらに逃れ、亡父と交流があった西涼馬騰馬超の父)を頼った。たまたま、黄奎は馬超より年長だったので、馬超は黄奎を兄事し義兄弟の契りを組んで寝食を共にしたという。

しかし、馬騰は年老いたため、家督を長男の馬超に譲り洛陽に移住して、名誉衛尉となり隠居した。まもなく黄奎は馬騰をはじめ次男の馬休・三男の馬鉄らととも同伴し、許昌で献帝を擁立した曹操を頼った。一方、馬超はいとこ馬岱(馬騰の亡弟の馬粛の子)とともに西涼に残った。まもなく黄奎は曹操から黄門侍郎に任命された。

しかし、曹操はかつて黄奎の父黄琬が自身のいとこの曹邵曹真の父)を謀殺した恨みを忘れなかった。そのため、洛陽に遷都した曹操は黄奎の下僕の苗澤(「苗沢」とも。『三国志物語』では、で黄家の執事の「苗沢」と名として設定されている)を買収した。これが曹操の「離間の策」であった。はたして曹操の思惑通り黄奎は下僕の苗澤を猜疑し、さらに苗澤は黄奎のの李春香(李香蘭)と密…アーン♥♥をしたのである。これを聞いた黄奎は激怒し、下僕の苗澤と妾を手討ちしようとしたが、両人は素早く、曹操のもとに逃げたのである。

211年、西涼にいた馬超が曹操の圧迫政策に不満を持ち、伯父貴分の韓遂(韓約)とともついに謀反を起こした。曹操自らが五万の軍勢を率いて馬超・韓遂を討伐しこれを鎮圧し、凱旋した。馬超は劉備を頼り、その配下武将となった。馬超と仲違いした韓遂は西方に逃れ、部下の蒋石・麹演らに暗殺されたとも、病死したともと…いろんな異説があるので、その末路に関してはよくわからない(誰か教えてくださ~い)。齢70余歳だったという。

翌212年、息子の反乱で危険な立場に追い込まれた馬騰は韓遂の息子・孫たちとともに黄奎と密談し、洛陽でひそかに謀反を企てた。このときの黄奎は「私の亡き父はかつて、豫州牧だったときに対立した曹操のいとこの曹邵を配下の沛国の相・袁忠に命じて、これを惨殺している、曹邵の遺児の曹真は父のみではなく、きっとこの私をも恨んでいるに違いない。その前に先手を打ち曹一族を皆殺しし、漢朝の安泰をはかるべきだ! 」と発言した。

だが、黄奎の下僕の苗澤は前述の通りに妾の李春香と結婚できる条件で曹操に買収されたので、曹操に主人らの謀反をベラベラと要らんことまで喋ったまま密告した。

長年の間にこの機会を待ちに待った曹操は「フフフフ~~ン♪♪これで、亡きいとこの伯南(曹邵の字)の仇を討てるね~♪」と、嬉しそうにスキップダンスリズムに乗りながら、直々に軍勢を率いて、亡父の仇を討たんと気概を持っている自分の「おい」の曹真を先鋒大将として、激戦の末に馬騰父子、韓遂の子と孫、黄奎の妻子などを捕虜にした。

同年5月、ついに黄奎一族と馬騰一族と故韓遂の遺族は市場処刑され、その首はマスコットにされた

ついでに例のお喋りマンの苗澤も連坐として処刑された(まさに外道!!!)。


歴史の渦に巻き込まれる! この項目「黄奎」は、歴史に関連した書きかけ項目から歴史に残る記事進化しなければならない。
歴史は今作られている!君の名をこの記事(の履歴)に刻むのだ。 (Portal:スタブ)