麻帆良

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索

麻帆良(まほら、「まはんら」ではない)は、埼玉県にある巨大自治区さいたま市麻帆良区が2005年(平成17年)にさいたま市から分離独立して自治区となった。

概要[編集]

市長は赤松健である。しかし赤松は傀儡であり、実質の政治は図書館島と呼ばれる施設の地下都市(ジオフロント)に建造されているコンピュータシステム「まぎぃ」によって執り行われている。

中心地は川越線沿線であるが、中央公共施設(役所病院学校 etc.)は深谷辺りに、別の市街地は多摩市にある。これから推測されることは、地域が南北東西チリのごとく大変長いことか、飛び地だらけであるということである。なお中央公共施設の中でも、学校の周辺は欧米風になっており、そこではしばしば異常現象が見られる。

学校の受け入れは通常だが、小等からエスカレーター式の巨大な学園(中等から全寮制)・修学旅行ぐらいしか外に出ることのない環境、ギネス級の大きさでありながら観光ガイドにすら乗らない巨大な樹、果てには区全体を結界で覆うという半ば閉鎖的な空間である。他にも平然と刀剣を持ち歩く生徒や教師、生徒が調理・営業する屋台、小等部ですら普通に賭けを行うなど日本の法律を度外視した環境でありながらそれをおかしいと思わない人間が大多数を占めるのが現状。

中央公共施設は、東京中央駅を模している。東京駅の駅舎を造った事に対する自負だが、税金の無駄使いにも見える。悪魔量産結社ザジ会超枉道仙境界統幕結社連合の潜伏先。 その他、「やばくて名前の出せない団体」が群雄割拠している大変危険な環境である。

交通[編集]

ラジオ[編集]

  • FM麻帆良

他にも、NACK5等の関東のラジオ局も聞ける。

テレビ[編集]

  • MHK

なお、MHKは麻帆良放送協会の略である。日本放送協会との関係の悪さは有名。

他にも関東広域圏のテレビ局やテレ玉の電波が受信出来る。

産業[編集]

学園都市を標榜しているだけあって、主要産業は学生の輸出である。しかし、学園関係者以外はその学生の需要に依存するかなりいびつな産業構造となっている。少子化による将来の市場規模縮小が見えているが学生などの構成員の高年齢化、個人消費単価上昇により学園周辺産業は大変バブリーである。このままでは夕張市とかいわれているが学園はまったく気にしていないようである。むしろそれを煽り豊富な経済力を背景に行政を乗っ取り独立を狙っているといわれる。ネギ産業以外は全くの無力である深谷市がそのターゲットと予測されており深谷駅に似た外観の校舎はいずれ正式に駅として乗っ取り交通網を掌握するためなのではないかと考えられている。

観光[編集]

年に数度の学園イベントを中心に年間200万人の動員を誇っているが近年、メディア露出の少ない地域限定有名人を目当てにストーカー観光客が全体の1割を占めるといわれている。

他にも、ここはアニメ「魔法先生ネギま!」の聖地巡礼スポットとしても有名で、観光客のうちの何割かはその聖地巡礼を目的としてやってきている。

関連項目[編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「麻帆良」の項目を執筆しています。

Photo[編集]


この項目「麻帆良」は、執筆者がクラックをキメていた可能性もありますが、今はまだクソの山です。本当にありがとうございました。彩の国さいたまに訴えられないうちにさっさととりかえることをお勧めします。 (Portal:スタブ)