鹿沼市

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「鹿沼市」の項目を執筆しています。
Chakuwiki.png
長文が読めないバカな人のために、チャクウィキバカたちが「鹿沼市」の項目を執筆しています。
Wikitravel.png
放浪癖に取り憑かれた人のために、ウィキトラベルのトラベルライター気取りたちが「鹿沼市」の項目を執筆しています。

鹿沼市(かぬまし)は、栃木県中西部にある、古き良き日本の原影を残す田園都市である。

農業園芸に使われる鹿沼土の産地であることから、市内の至る所に庭園がみられ、花畑の国」ガーデニング聖地と称されるほどである。鹿沼市民の頭の中にもお花畑が広がっているといわれる。

概要[編集]

巨大な亀の背中に乗っている理想郷である。一般には魔境として知られ自然の要害都市として有名、グンマーから襲撃に来た多くの部隊が鹿沼に侵入した後に消息を断っている、そればかりか栃木県民ですらその全容を知る者がいない、故に魔境と呼ばれる。林野率が高く、林業が盛んであることから、家具建具をはじめとする木工製品が生産されている。鹿沼近辺は、サツキの一大産地であるため、鹿沼市民はサツキのことが大好きである。「さつき大橋」や「サツキゴルフクラブ」など何かとあらゆる物に「サツキ」という言葉をくっつけたがる習性を持っている。

現代における日本の住宅は、都市化の影響によって庭のない家が増え「ウサギ小屋」などと呼ばれている。「家庭」は文字通り「」と「」から成り立っており、どちらかが欠けても円満な家庭を築くことは出来ないのである。鹿沼は、家を彩る建具と、庭を彩る植栽とが揃っている大変素晴らしい都市であり、先人たちは「いずれ鹿沼が日本を救う日が来るかもしれない」との言葉を残している。また、ガーデン・シティ (The Garden City)を目指すため (細かく手入れされた公園やガーデン、トレイルなどがある街をそう呼ぶ、それが人々を呼び込む)、市民が一丸となって観光都市化し人口減少を食い止めるためにガーデンシティーキャンペーンを平成26年度から行っていてる、(市政はまったく理解せず)。それとともに文化創造とクリーンな街を目指す一環として自転車の街運動を推進している。しかし市がそれらの重要性を全く理解しておらず、また老害市民や既存の利権を守ろうとする者たちの邪魔に会いなかなか進んでいない。このままでは最近発表された2040年には全国の半分の自治体が消滅の危機に瀕すると発表された中の一つになるだろう。

地理[編集]

日光例幣使街道日光線東武日光線が通じ、「日光への玄関」としての役割を担っている。

市の西部は険しい山岳地帯(足尾山地)が広がり、日光の獣系・鳥系モンスター、足尾の岩石系・金属系モンスター、桐生の植物系・真菌系モンスターの勢力が衝突している危険地帯であることから、山伏たちの修行の場となっている。

歴史[編集]

古代より山岳信仰霊場として、近世には日光例幣使街道の宿場町として、近現代には上都賀地区の中心都市栃木県の六大都市の一つとして繁栄してきた。

県都・宇都宮市に近すぎたこともあって、鹿沼の都市機能および人口宇都宮へ吸収されつつあるという危機的状況に陥っている。宇都宮の首位都市化の阻止が目下の課題となっている。しかし、「お花畑」な鹿沼市民には、この状況が読めていない模様である。一方で、あえて宇都宮に吸収合併され、政令指定都市化後の「宇都宮市鹿沼区」を宇都宮の中心地としてしまうモリ師の丹次思想を唱えるものもいるという。それを阻止しようと下都賀郡で同じ下都賀の栃木を望む声があった粟野町を合併(鹿沼は上都賀)したが、逆に上都賀の西方町を合併されてしまった。

関連項目[編集]


この項目「鹿沼市」は、執筆者がクラックをキメていた可能性もありますが、今はまだクソの山です。より愉快にしてくださる協力者を求めています。さぁ、これを見ているあなたも、恥ずかしがらずに書き込んでみよう! (Portal:スタブ)