鹿嶋市

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
曖昧さ回避
佐賀県にある「鹿島市」とは異なります。
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「鹿嶋市」の項目を執筆しています。
Chakuwiki.png
長文が読めないバカな人のために、チャクウィキバカたちが「鹿嶋市」の項目を執筆しています。
Wikitravel.png
放浪癖に取り憑かれた人のために、ウィキトラベルのトラベルライター気取りたちが「鹿嶋市」の項目を執筆しています。

鹿嶋市(かしまし)は、茨城県東部に位置する鹿行地方の都市である。

武神タケミカヅチとその化身とされるジーコを信奉する鹿島蹴球教団の本部があり、東国有数の聖地として名高い存在である。

概要[編集]

常世国」や「納豆共和国」といった数々の異名を持つ茨城県の東の果てに位置するが、蓮根共和国と呼ばれる新治県に属すると主張する者もいる。鹿島の語源は「神島」であり、神島が「神鳥」を経て香取となったと伝わり、鹿島と香取は「拍手」と「柏手」のような関係であると説明される。

鹿島の地は、不老不死の理想世界とされる常世国に通じる境界であると信じられており、彼の地でひとたびリバート合戦が勃発すると、鹿島神宮に鎮まる武神の加護を求めて、報われない労働に邁進する人間が後を絶たない。

西瓜メロンの生産が盛んであり、北に隣接する鉾田と同君連合を組み「メロン王国」と称している。同じくメロンの産地である夕張市浜松県も同一の国号を名乗っているが、鹿嶋市民は誰も気にしない

地理[編集]

鹿島神宮の鳥居前町でありながら、鹿島灘と北浦に挟まれた地形上の制約から産業は振るわず、「神都」と称された伊勢市や「小江戸」と呼ばれた香取市のような発展は長らく見られなかった。

茨城県の最貧地域であった鹿島郡と行方郡をまとめて鹿行(ろっこう)と呼び、鹿嶋市は鹿行の中心都市とされている。その一方で鹿島郡は、猿島郡(古河周辺)や北相馬郡(取手周辺)とともに「猿馬鹿」と呼ばれ、納豆共和国の最辺境に位置づけられている。

茨城県内の水戸土浦より、千葉県佐原成田との結びつきが強いことから、納豆共和国中央政府によって「反茨城勢力の活動が活発な地域」と見なされ、厳しい管理・統制の下で不当な扱いを受けている。

市の南部は、砂浜を掘って港を造り荒れ地に工場を建てたことで、一大工業地帯に変貌を遂げている。カシマサッカースタジアム以北は、南部と打って変わって、枯ススキが物寂しくたたずむ原野であり、そのものずばり「荒野」という地名があるくらい荒涼とした風景が広がっている。

歴史[編集]

今でこそ鹿行の中心地のような顔をしている鹿嶋市であるが、かつての鹿島は(今もそうだが)取り立てて人口の多い町ではなく、鹿島郡最大の町として賑わいを見せていたのは鉾田であり、鹿島郡役所も鉾田に置かれていたのである。

鉾田と鹿島のどちらが先に市となるか、他の納豆共和国民から生暖かい視線が注がれていたが、鹿行で初めての市として鹿嶋市が誕生するまでには、鹿島港の建設から数十年もの歳月を待たねばならなかった。

鹿嶋市が誕生するきっかけとなったのは、茨城県によって押し進められた鹿島港の建設ではなく、住友金属蹴球団のJリーグ加盟によるところが大きく、鹿島アントラーズの活躍によって、鹿島町とその北に隣接する大野村との間に団結心が芽生えたことで鹿嶋市が誕生したのだと言われている。

なお、南隣の神栖村とは心が通じ合わず、合併は物別れに終わっている。今となっては鹿行における人口最大都市に成長した神栖市は、鹿島にとっての新たな脅威となりつつある。

交通[編集]

かつては霞ヶ浦の水運によって土浦との関係性が強かったが、現在では鹿島線と国道51号の恩恵によって、完全に千葉県の属領と化している。

鹿島臨海鉄道大洗鹿島線は、「臨海鉄道」と名付くものの車窓から太平洋を望むことができず、沿線地域が西瓜の産地であるのにICカードスイカが使えないのはよく知られた事実である。

また、大洗鹿島線には、名前が長いことで有名な長者ヶ浜潮騒はまなす公園前駅がある。なお、浜梨(ハマナス)は、茄子でもでもなくバラの仲間である。駅名をひらがなにすると「ちょうじゃがはましおさいはまなすこうえんまえ」となり22文字を数えるため、「貴重な駅名板の領域を無駄遣いしている」と厳しい批判にさらされている。

関連項目[編集]


この項目「鹿嶋市」は、執筆者がクラックをキメていた可能性もありますが、今はまだクソの山です。より愉快にしてくださる協力者を求めています。さぁ、これを見ているあなたも、恥ずかしがらずに書き込んでみよう! (Portal:スタブ)