鹿島線

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
「恐れながら森田様水戸に強い友が現れたのです。鹿島線と名乗る、鉄道でございます。」
鹿島線 について、ツチダマ
「鹿島線だと? 愚な! この世に千葉に勝る力などあろうはずがない!!
見ておれ! そ奴を捜し、動労千葉の力を思い知られてやろうぞ!」
鹿島線 について、チバゾンビ

鹿島線(かしません)とは、JR東日本の千葉支社が管轄する路線で千葉以東から唯一川を越えて茨城県に入る路線である。

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「鹿島線」の項目を執筆しています。
Chakuwiki.png
長文が読めないバカな人のために、チャクウィキバカたちが「鹿島線」の項目を執筆しています。

概要[編集]

始点は佐原駅0番線であるが、成田線との分岐点は隣の香取駅である。両駅とも香取市内にあるが、香取神宮の最寄り駅である香取駅にはみどりの窓口は無く、「水郷」として有名な佐原地区に位置する佐原駅に窓口は有る。これは重複区間でも所有が認められる数少ない一例で、枝線の強みを見せた一例でもある。

1960年の鹿嶋市の開拓の際に建設された路線で、ほとんどの区間で高架線である。そのため踏切がなく、沿線は渋滞問題とは無縁である[1]。全線に渡って単線であり、本数も少ない。そのため、強風でも吹けばすぐに運転見合わせとなる。

しかし、高速バスの増便などに千葉支社側が何の対応もとらないうちに、旅客輸送の役目が薄れ、次第に空気輸送専用線の認識が根付いてしまい、その為「アボーンネットワーク」と呼ばれる、所謂廃線リストにその名を連ねる結果となってしまっている[要出典]。すでに乗り入れ先の鹿島臨海高速鉄道の側線では旅客営業を廃止させた路線もあり、ここも時間の問題と実しやかにささやかれている。


又、常磐線沿線の浜通り夜ノ森以北(旧相馬家領)に鹿島駅があることについて、「『真野川駅』とでも名乗れよ!」「チバラキ県にある本家が『鹿島駅』を名乗れよ!」という声もあったという。なお、浜通りには、夜ノ森以北で中村郊外の『相馬鹿島』と、夜ノ森以南(旧岩城家領)で平郊外の『岩城鹿島』があり、常磐線の鹿島駅は『相馬鹿島』に当たる。もちろん、浜通りの二つの鹿島が、相馬家と岩城家が鹿島神宮を勧請した事に由来するのは言うまでもない。JR側はこのことに対して「遠く離れた旧相馬家領でも鹿島線を思い出してほしい。そのために水戸支社に無理を承知でお願いしたらすんなりと通ってみんなで抱き合ったんですよ。」と述べている。

未成線から出来た大洗鹿島線との直通運転[編集]

大洗鹿島線(以下:大鹿)が出来た。ちなみに電化がされるとしたら鹿島サッカースタジアムあたりにデッドセクションをもうけ、成田エクスプレスの水戸発着の列車をもうけるだろうが、大鹿側がそこまでねばるとは考えにくく、第一ぼくのかんがえたもうそうの域を出ないためここまでにしておく。ちなみに千葉支社側は「線路は貸しても車両は貸しません。帰っていいですよ」と公言しており、大鹿側も承認している。

脚注[編集]

  1. ^ 過疎路線というのが本当の理由なのはあえて誰も言わない

関連項目[編集]