鶴竜力三郎

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「鶴竜力三郎」の項目を執筆しています。

鶴竜 力三郎(かくりゅう りきさぶろう、1985年8月10日 - )は、蒙古国ウランバートル市出身の現役相撲レスラー、大関互助会会員である。本名はマンガルジャラウィーン・アナンドであるが、我等が大日本帝国に滞在している際には師匠さかぽこの名前にちなんで福薗 犬三郎(ふくぞの けんざぶろう)という偽名を用いる。銀行口座や戸籍などは既にこの名前に書き換えられている模様。身長1.19hyde、体重144kg、人間の血液型ではA型である。

表向きの来歴[編集]

おやは蒙古大学で教授をしているエリートで、非常に裕福な家庭であった。幼少期にはテニスバスケットボールアーン♥♥などの球技に勤しむなど、当時庶民の子供達からは高嶺の花といわれるスポーツを積極的に取り組んでいた。家庭が裕福であることから海外のテレビ番組も人工衛星を通じて視聴できたことから、我等が大日本帝国の犬HKが外国向けに配信していた相撲中継を幼少期より毎日欠かさず観戦していた。同郷の旭鷲山の活躍と、蒙古の相撲ブームに乗っかって力士を志したが、受験した花籠部屋力士選抜会で落選した。花籠部屋には後に十両互助会ガサ入れ騒動に巻き込まれて相撲界を永久追放された光龍荒磯部屋から潜り込んで関取になったガチ力士荒鷲が蒙古出身関取として活躍している。

その後父の同僚のコネで井筒部屋師匠のサカポコ親方を紹介してもらったことから2001年11月場所で初土俵を踏んだが、三段目で苦労し、その頃に八百長を独学で学んだとされる。その甲斐あって2005年11月場所で新十両となる。

十両ではタネ銭が少ない力士のための救済団体十両互助会という組織があるが、鶴竜はこの団体会員の安壮富士から受けたスカウトを拒絶。2006年11月場所で新入幕をようやく果たせるだけのタネ銭を確保できた。

2007年12月に、同郷の先輩、日馬富士(当時、安馬)の手ほどきを受けたところ、その成果を発揮して2008年1月場所では初めて夜の三賞である戯能賞を獲得した。その後鶴竜は幾度も戯能賞を獲得していることから、日馬富士から教わったテクニックは相当なものであることが伺える。現在までに夜の三賞は6回受賞しており、2回目以降はそれぞれ2009年3月、5月、9月、2010年7月、2011年5月技量審査の各場所でも獲得している。全盛期は2009年で、それ以降は朝青龍との熱愛報道をフライデーされていることもあってか受賞回数は減少している。

なお先述したように、普段は福薗犬三郎と名乗っているが、犬HK専属の相撲解説者舞の海秀平も「鶴竜の雰囲気は福薗一族の親類とも思える」という発言をしており、サカポコと養子縁組してもバレないのではないだろうか。

「鶴竜の雰囲気は福薗一族の親類とも思える」
鶴竜力三郎 について、舞の海秀平

そして空気が読めないことに、初土俵、新十両、新入幕は全て11月場所なのに、新三役・新大関・新横綱は5月場所であった。

2012年3月場所9日目の鶴竜

右画像のように、2012年3月場所9日目には、横綱白鵬を破ったことに興奮した、大鳴戸親方(大関互助会元会長・出島、現・大関互助会OB会運営委員)が、木村庄之助(年齢不詳)相手にいかがわしい行為をして退場処分、そして外部から大量の座布団が投じられて鶴竜の頭にぶつかるという事件が発生した。鶴竜は当初「新しい帽子を買ったんだ。これ、いいでしょ」と報道陣に見せて回ったが、後に「座布団をよけることが出来ませんでした。エクストリーム・座布団の舞に敗北しました」と観念した様子であった。

鶴竜の大関互助会加入と同時に、大関互助会の役員改選が行われ、新たに会長に就任した琴奨菊と、副会長として再任された前会長琴欧洲の下で、その頭脳を発揮しながら影の広報部長として貴ノ浪(音羽山親方)並みの活躍を期待されているが、稀勢の里会員は「こいつはいつか裏切る」と見ている。副会長を更迭された把瑠都と、モンゴル出身日馬富士はノーコメントを貫いている。


2014年3月の春場所後、横綱昇進してしまいました。
土俵入りは雲竜型を選び、土俵入りの指導は貴乃花光司が担当。
5月場所は9勝6敗で横審に注意される。しかもうち1勝は豪栄道に圧倒的に負けたのを白鵬の物言いで髷つかまれたことにされて、反則勝ちにしてもらって勝ったもの。
名古屋場所は、日馬富士に後ろ立褌(要は尻の割れ目の部分に被さる部分)掴まれたうえではたきこまれて負けた。アッー!

真の姿[編集]

検閲により削除されてしまうため、真の来歴はこのアンサイクロペディアとて、書くことは禁じられている重大機密である。

実は鶴竜はの化身と呼ばれ、人間が飼い犬に対して去勢を繰り返したことで子孫繁栄に失敗したことに怒った犬族が、人間の姿をした者が最強の人類を倒すことで報復しようとして作られたのではないか、という研究結果が出されようとしている。四股名の下の名前は力三郎なのに、偽名の下の名前は犬三郎になっているのもこの伏線のように感じられる。

また目つきや顔つきがどことなく柴犬に似ているように見えることから、人間のファンからは「実家の犬に似ている」、それが「実家の犬」「わんわん」とあだ名が変遷していくようになった。既に一部の人間には犬の化身であることが知られてしまっている恐れがある。また、一部の人間には小動物とも呼ばれる[1]

「鶴竜は実家の犬に似ているから応援する。」
鶴竜力三郎 について、実況板の鶴竜ファン

ちなみに、鶴竜は犬HKの番組の中で「今年の抱負を漢字1文字でお願いします」と言われた際、ヘタクソな漢字(蒙古出身だからここは別に仕方が無いけど)で「犬」と書いたことがあるとは、これまたいかに。

ウランバートルの狂人・鶴竜[編集]

横綱昇進後は真面目だった素行や性格が悪化し、毎日稽古をサボってエロゲ三昧となり、凌辱ゲームの内容を妻の天咲千華に試すことが日常茶飯事となった。天咲を電気ショックやロープ縛りで痛め付けて凌辱し、無理やり「鶴竜関!さんきゅーべりーまんこ!さんきゅーべりーまんこ!さんきゅーべりーまんこ!さんきゅー!おーいえーす!」と言わせた夜の本場所の一番は一種の都市伝説となっている。本場所でも自身の成績を安定させるためにモンゴル同胞のホープ逸ノ城を巡業で痛め付けるようになり、相撲内容も初日から9連敗した宝富士に変化をするなど明らかに劣化した。さらに2chのボクシング板に入り浸っては体重が重いことを理由に威張り腐り、ボクシングを扱き下ろして大相撲を美化するなどなどやりたい放題。ただし、こうした蛮行は横綱の地位にいることによるプレッシャーがそうさせている模様。

横綱・鶴竜に死んでほしいと思う方は、是非とも井筒部屋の稽古場に来てください!稽古土俵なら合法的に人を殺すことが可能です。但しそれは、あなたにしても同様です。せいぜい死んで行くのが案外楽であると気づくのが関の山です!

関連項目[編集]

関連サイト[編集]

[相撲はボクシングより厳しいよ [転載禁止]©2ch.net http://kanae.2ch.net/test/read.cgi/boxing/1419095824/]

朝青龍殴られ 01.jpg この項目「鶴竜力三郎」は、ちゃんこ不足のようでごわす。
さあ、そこの新弟子も力士の要たるちゃんこを作ってみるでごわす。強く当たったらあとは流れで行くでごわす。ごっちゃんです! (Portal:スタブ)