鶏頭

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「ケイトウ」の項目を執筆しています。

鶏頭 (けいとう、学名 : Celosia argentea) とは、の頭をぶっさしたような花である。

概要[編集]

一年生植物であり、から (6月〜9月) にかけてとさかのついた鶏の頭が花として咲く。どこからどう見ても鶏の頭であるためこのような名前がついた。学名も「鶏の頭」という意味である。

日本に入ってきたのは奈良時代のことであり、園芸の花として非常に人気があるが最近では野生の鶏頭を見ることは少なくなってきた。

光が苦手であり、夜を中心に活動する。また朝になると光を浴びる苦痛によって「コケッコー」と鳴くことで知られている。そのため昔の人々は目覚まし時計として使っていたようである。

花の部分を手でこすると黒い種がボロボロと落ちてくる。

文化[編集]

正岡子規の俳句、「鶏頭の十四五本もありぬべし」は鶏頭が十四五本も庭先に並んで咲いているという恐怖すら覚えるような光景を歌にした俳句である。「恐怖を覚えるような俳句はありなのか」という点で評価が別れている俳句であり、「鶏頭論争」という名前すらついている。

さらにこの鶏頭の花のゴツゴツ感を表した句もあり、俳句ではあまりオノマトペを使わないという暗黙の了解を思い切り破ったような俳句もある。

また狩野永徳の作品で、鶏頭の花を書いたものがある。

食用[編集]

鶏の頭のような花は非常にタンパク質が高く、特にとさかの部分は甘い味がする。そのため日本でも食用植物として栽培されている時期もあった。アフリカ東南アジアでは日常的に鶏頭の花を食べている。

関連項目[編集]

俳句の話もうしたっけ。まだかな。忘れた。まあいいや。これからします。しなかったような気がするので。

文化[編集]

正岡子規の俳句、「鶏頭の十四五本もありぬべし」は鶏頭が十四、五本も庭先に並んで咲いているという身の毛もよだつような光景を歌にした俳句である。さらにぞっとするのは子規の描写が大雑把なことで、仮にも見たままを読む「写生句」をみずから提唱していながらこんな大きな花の本数もはっきり判断できないなんて大丈夫か、結核菌が腰から逆流して脳に来たのではないか、などと物議をかもした。いわゆる「鶏頭論争」である。

有名な絵画作品については、……忘れた。

花の部分を手でこすると、黒い種がボロボロと落ちてくる。

黒い種が。

ボロボロボロボロ。

もしかして: とりあたま

関連項目[編集]