鳴門市

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「鳴門市」の項目を執筆しています。
Chakuwiki.png
長文が読めないバカな人のために、チャクウィキバカたちが「鳴門市」の項目を執筆しています。
Wikitravel.png
放浪癖に取り憑かれた人のために、ウィキトラベルのトラベルライター気取りたちが「鳴門市」の項目を執筆しています。
市役所

鳴門市(なるとし)とは、四国徳島の東の果てにある町。鳴門海峡の巨大洗濯機は全国でも有名。

概要[編集]

巨大洗濯機こと渦潮の音が町中に響く。長期間住んでいる市民はその騒音に耳が慣れているため、並の騒音は気にならない。あなたの近所で、この音と同等あるいはそれ以上の騒音を聞いても動じない人がいたら、高い確率で元鳴門市民である。他所から転居してきた住民は、初めから離れた場所に住み、年を追って少しずつ海側へと移り住む。これは洗濯機の音を耳に慣れさせる段階的な処置で、海沿いに住む市民ほど古くからの住民であると客観的に知る事ができる。市内には砂場が随所に見られるが、これは名産である鳴門金時(さつまいもの一種)を育成するための耕地である。また収穫後には砂場として一般開放され、子供だけでなく市民の多くは砂遊びを楽しむ。その為か砂の造形が盛んで、日本を代表するプロ選手も多く輩出している。地名の由来は千葉の成東である。

鳴門海峡の巨大洗濯機について[編集]

全国的には渦潮(うずしお)と言う名で知られるが、地元では巨大洗濯機と言われる事が多い。毎日渦潮が発生する時間帯になると、洗濯物を積んだ船が出港し、渦潮に洗濯物を投下、洗濯する。1985年には、 大鳴門橋が開通したため、この橋の上から洗濯物をクレーンなどで釣り下げて洗濯する方法も採られている。最近では、関西から観光客を呼び込もうと、 大鳴門橋から洗濯物を投下する体験ツアーも組まれている。

また、主にラーメンなどに使われるナルトはこの渦をイメージしており、庶民の味として全国的に親しまれている。

その他[編集]

  • うずまきナルト氏が町の親善大使を務めている。同氏は毎年開催される全国ナルト品評会で名誉審査委員長を務めている。
  • ミスター猪子氏が代表を務めているNPOが今ブーム。なぜか家族と共に、岸はじめ氏によって勝手に鳴門市の名誉市民にされてしまった。
  • 中国産の、鳴門のわかめは有名で、三年連続で(2008年1月、09年7月、10年7月)全国ネットで取り上げられた。

関連項目[編集]

この項目「鳴門市」は、執筆者がクラックをキメていた可能性もありますが、今はまだクソの山です。より愉快にしてくださる協力者を求めています。さぁ、これを見ているあなたも、恥ずかしがらずに書き込んでみよう! (Portal:スタブ)