鳥類キャリアによるIP

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「鳥類キャリアによるIP」の項目を執筆しています。

鳥類キャリアによるIP(ちょうるいきゃりあによるあいぴー)、正式名称「鳥類キャリアによるIPデータグラムの伝送規格」(en:A Standard for the Transmission of IP Datagrams on Avian Carriers)とは、1990年4月1日に、RFC 1149で公開された技術仕様である。インターネットでIPデータを送受信する方法の一つである。

概要[編集]

送信者は、IPデータをネットワークから取り出し、16進数に変換した上で、巻き物に転記して、筒に収め、伝書鳩に取り付ける。次に、受信者に宛てて伝書鳩を飛ばす。受信者は、筒から紙を取り出し、コンピュータにIPデータ入力を行う。これによって送受信が成立する。伝書鳩が捕食される、などの理由で行方不明になった場合には、IPデータは失われる。

データ送信先を検索中

特長[編集]

キャリアは1次元イーサネットに制限されることなく、3次元イーサネットを移動することができる。

実装[編集]

この規格は、基本的にIPデータの送受信方法を定めたものに過ぎない。第三者が盗聴、改竄、なりすましなどをすることが容易なので、実装にあたってはIPデータの暗号化を行うことが望ましい。ただしキャリア自身によって、ワームは自動的に取り除かれる。また、ウイルスに対する抵抗力は、キャリアの個体差に影響を受ける。

実装した様子

応用[編集]

伝書鳩の代わりに、他の鳥類を使用することもできる。ただし、帰巣本能の強い鳥類を使用しないと、IPデータが失われる可能性が高くなる。

現時点では規定されていないが、鳥類以外の動物でも実装可能と考えられる。ただし、移動空間に制限を受ける。

これも規定されていないが、運搬させるデータの格納方法を、鳥類が運搬可能な重量の範囲内での磁気・シリコン記録媒体を用いることにより、IPデータの大容量化を図ることが可能になり、より実用性が増すと推測されている。

拡張[編集]

RFC 2549でサービス品質の向上が規定されている。

関連事項[編集]

NOW LOADING .... Loading bar blue.gif
鳥類キャリアによるIPの執筆者をロード中です。しばらくお待ちください。
待ちきれない場合は自分で執筆してください。 (Portal:スタブ)