鳥人間コンテスト選手権大会

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「鳥人間コンテスト選手権大会」の項目を執筆しています。

鳥人間コンテスト選手権大会(とりにんげんこんてすとせんしゅけんたいかい、JAPAN INTERNATIONAL BIRDMAN RALLY)は八頭身テレビ主催による、腕を鍛え鳥のように羽ばたいて飛ぶ距離を競いに競いあうレース。「エクストリームスポーツ」の正式種目としても認定されている。常連参加団体や関係者からはしばしば省略して鳥コンとも愛称される。司会は以前は桂三枝が務めていたが、2002年からは今田耕司が担当している。

概要[編集]

特攻部門の代表的スタイル

元々は『びっくり日本新記録』という番組内で行われていた一企画だったが、主催者及び参加者がみな鳥頭だった事もあり、3歩も歩いたら企画内容を忘れてしまう為、これではイカンという事で年次イベント化させた。

発足当時は純粋に「飛ぶ」事を追求した企画であり、様々なドラッグを使って飛ぶ化学実験コーナー、敢えて仕事で失敗をして首が飛ぶまでの時間を競い合う人体実験コーナー、とりあえず落ちてみて臨死体験の時間の長さと華やかさをを競い合う芸術コーナーなど多岐に亘っていたが、PTA軍からの「子供(当時/現在は子ども)が真似をするから禁止」という攻撃によりこれらのコーナーは全て廃止されて陥落。その後、現在のスタイル『鳥人間コンテスト』という番組として確立された。

また「軍靴の音が響き渡る」というライバル新聞社からの指摘により、目立つ為に装飾を重ねただけの羽根を付けて飛ぶ「特攻部門」も廃止、現在のように「滑空羽部門」「人力羽部門」を主とする2形態となった。 当初、BJというツギハギだらけの医者による改造手術が問題になる程度だったが、 近年のバイオテクノロジーの発達により、「人力羽部門」参加者に自らに鳥の遺伝子を組み込む者が続出。 ついには70%を鳥化してしまい、実際に飛んでしまう参加者が登場。 「遺伝子改良部門」の設立が検討されている。 現在のところ、コンテスト後、マタギに撃ち取られた参加者は3名(うち行方不明が1名)。

なお、近年になってから東北地方の大きな祭などで時々放映される『烏人間コンテスト』との関連は常々囁かれ続け、何かと黒い噂が絶えない。

沿革[編集]

だまされて参加した人の例
コンテストの様子
  • 1977年:記念すべき第1回大会(『びっくり日本新記録』内コーナーとして)開催。轟二郎の名が鳥コン界に激震を与え、轟二郎による絶対王政時代が始まる。
  • 1985年:『びっくり日本新記録』がPTA軍からの執拗な攻撃を食らって、ついに陥落。この頃から轟二郎王政に翳りが見え始める。尚、「この気ナンの気気になる気」のフレーズで有名なインドパンのCMは残る。
  • 1987年:特攻部門の中止→事実上の廃止に伴い、轟二郎の絶対王政が終わる。
  • 1988年:轟二郎、インタビュアーとして復活(立憲君主制)。
  • 2004年:西淀川大学人力飛行機部のプロペラ機「ペンギン号マークⅡ」が福井県沖83キロ地点で着水し、昨年の余呉湖着水の記録を大きく塗り替えた。*大会関連記事 虚構新聞社
  • 2009年:嘉田知事が脱ダム宣言を受諾したため、大会中止となった。
Nemurineko.jpg この節を書こうとした人は途中で寝てしまいました。
後は適当に頑張って下さい。(Portal:スタブ)

関連項目[編集]

この項目「鳥人間コンテスト選手権大会」は、執筆者がクラックをキメていた可能性もありますが、今はまだクソの山です。より愉快にしてくださる協力者を求めています。さぁ、これを見ているあなたも、恥ずかしがらずに書き込んでみよう! (Portal:スタブ)