鯨偶蹄目

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「鯨偶蹄目」の項目を執筆しています。

鯨偶蹄目(くじらぐうていもく)とは、バカクジラなどを含む哺乳類の分類群である。遺伝子の系統分析の結果、従来の鯨目と偶蹄目(ウシ目)を統合して成立した。

概要[編集]

ウシ・バカ・鯨などを含むグループ(分類群)であるが、これを馬鹿鯨のグループと理解してはならない。もっとも、このグループが実在する馬鹿・河馬(カバ)を含んでいる[1]ことについては後述する。

旧来の偶蹄目(ウシ目)は、草食や反芻動物との印象が強い可能性がある。鯨偶蹄目に含まれる動物の大多数はこの印象に近いが、雑食性のイノシシや、草食性であるが非反芻のカバ、基本的に動物食であるクジラ・イルカなども含まれる。

主な動物[編集]

  • ラクダの仲間
    • ラクダ - 砂漠の反芻動物。唾が非常に臭い。死ぬとカンカンノウを踊ることもある。
    • アルパカ - 毛を利用したりする南米の動物。ラクダと同じく、唾が非常に臭い。
  • ブタの仲間
    • ブタ・イノシシ - 肉の塊。ただし性格は獰猛で、野生のイノシシはもとより家畜のブタも人を襲うことがあるので要注意である。反芻はしない。
    • ペッカリー - いわば新世界のイノシシ。それがどうしたって?
  • ウシ・カバ・クジラの仲間(鯨反芻亜目)
    • ウシと同じように反芻する動物
      • ウシヤギヒツジ - 分類学上、これらは比較的に近い。つまり食肉用の動物。神の乗り物であろうが、神に奉げられようが、神に導かれようが、結局は肉!
      • ジャコウジカ - ムスク(麝香)を分泌する動物。麝香は宇津救命丸などの原料にもなっている。
      • シカ - バンビやせんとくんを含む愛玩動物だが食用にもなる。中国にいる馬鹿という動物(別名エルク・ワピチ)もシカの一種である。つまり、馬鹿は愛玩するか、さっさと屠畜して食用にすべきである。なお、トナカイもシカの一種であるが、サンタクロースのそりを引ける間は、屠畜を免れている。
      • キリン - 食欲の赴くままに首を伸ばしすぎた動物。ペットとして飼うこともできるが、普通はダンボールは餌として与えない。
    • 反芻しないカバとクジラ・イルカ
      • カバ - 逆立ちしても馬鹿にはならない。遠縁のブタと外観が似ており、性格も同じく獰猛である。
      • クジライルカ - カバに最も近い動物。カバとは似ても似つかぬ外見だがそれでも最もカバに近い動物。

考察[編集]

鯨偶蹄目には、上記のように多くの家畜が含まれており、またそのうちの多数が食用としても用いられる。上記に示さなかった野生動物も多く存在するが、それらの多くまた生態系の食物連鎖の中で、第一次消費者(平たく言うと肉食動物の餌)の地位を占めている。「で?」という疑問を投げかける読者は、一度自分の頭でよく考えて欲しい。

脚注[編集]

  1. ^ 残念ながらチンドン屋は、ホモ・サピエンスであるので、鯨偶蹄目には含まれない。