軍事都市国家・大魚津帝國

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
Nuvola apps important yellow.svg 注意
この記事は魚津厨に支配されています。編集する際は魚津厨を怒らせないような編集をお願いします。
Tennnouninnka.jpg
畏クモ天皇陛下ハ御自ラ全臣民ノ爲ニ
本項ノ全内容ヲ天覽遊ハサレタリ
Naval Ensign of Japan.svg 大本營認可
本項ノ全文章及全内容ハ完全ニ正シキ事實トシテ大本營ニ依リ認可セラレタリ
全臣民ノ爲ニ畏クモ現人神タル天皇陛下ハ御自ラ本項ニ御目ヲ通サレ給ヘリ
此ノ項目ノ内容ヲ疑フハ現人神タル天皇陛下ヲ疑フト同義ニシテ
誤リタル思想ヲ持ツトセラルヽ場合ハ政治犯思想犯トシテ内亂罪ノ對象トス

軍事都市国家・魚津市(英語表記:Uozu City、通称:WARS CITY)は、名称に「WARS」が付いてる通り、年がら年中戦争状態である軍事国家である。このため、平和憲法が適用される日本から独立せざるを得ず、日本から独立した唯一の軍事国家都市国家となってしまった。また、これに伴う軍需生産(カーバイド・IC等)も盛んであるため、経済特区だったりする事も。

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「魚津市」の項目を執筆しています。
Chakuwiki.png
長文が読めないバカな人のために、チャクウィキバカたちが「魚津市」の項目を執筆しています。
Wikitravel.png
放浪癖に取り憑かれた人のために、ウィキトラベルのトラベルライター気取りたちが「魚津市」の項目を執筆しています。

概要[編集]

戦国時代はこの辺りには城(魚津城、松倉城、升方城、北山城、天神山城、坪野城、小菅沼城、水尾城、水尾北城など)が多く、多数の武将が戦を展開していた。また、大正時代には米騒動というライステロを起こした。この事から、はるか昔から軍事国家としての素質があったと言っても過言ではない。

市民は元々軍国主義者が多く、太平洋戦争の時は無茶苦茶戦争を支持していた。終戦以降も敗戦を信じず戦争を激しく支持していた。故に新憲法や民主化政策にも全く従わなかった。このためGHQは「軍国主義一点張りの魚津市は日本から追い出してしまおう」との事になり、1952年に軍事都市国家として日本から独立することになった。このため、今でも外国との戦争・市内での内戦のために戦争状態である事は言うまでもない。現在は北朝鮮に喧嘩を売っている(?)。

日本から独立している都市国家なので、もちろん富山県からも独立する形となる。当然、日本の法律や憲法はここでは適用されず、独自の政治が認められている。将来的に日本に宣戦布告する予定。

歴史[編集]

  • 1918年 - 最初の市街戦である米騒動が勃発。後に全国に波及。
  • 1941年 - 太平洋戦争が勃発。
  • 1952年 - 日本から独立、現在の軍事都市国家・魚津市が誕生。
  • 1956年 - 市街戦が原因で火災が発生、市街地の大半を焼失。

本市を舞台とした作品[編集]

この市では戦意高騰目的の映画もいくつか製作されている。当然、国の方針で全部の映画に「魚津」と入れなければならない。

Star Uozu[編集]

1977年にこの魚津市でロケが行われ、全米で第1作が公開され、以降6部作が製作される。これにより魚津という名前がメジャーになったと言われている。

遠い昔、富山県において、魚津共和国という巨大な共同国家体が存在した。しかし、時が経つにつれ、政治の腐敗が生じ、統治秩序は崩壊、共和国は分裂の危機を迎えた。こうした中、古より魚津共和国を陰で支えてきた魚津守護隊と呼ばれる騎士団が、共和国の秩序を回復させるために奮闘する。だが、彼らの前に、数千年も前に滅びたといわれる悪の力を信奉する黒部が現れる。彼らの理想は魚津守護隊の排除と強力な秩序による富山の統一。そんな中、ある辺境の都市滑川で一人の少年が魚津守護隊として導かれ、魚津共和国・魚津守護隊・黒部の運命に関わっていく事となる。この少年と後のその子供達、魚津守護隊と黒部の攻防、そして、魚津共和国から富山県へ、そして、どっかの上の国の圧制に対する反乱により復活した「新共和国」への変遷を描いた壮大な物語である。

スクール☆魚津(ウォーズ)[編集]

魚津市の某高校を舞台に、ラグビー部が全国大会を目指す、というもの。1985年にドラマ化され、続編も制作されている。

ファミコン魚津(ウォーズ)[編集]

魚津市のウォーズ(戦争)をテーマとしているゲーム。1988年に発売。桜井帝国をいかに圧倒できるかが勝負の鍵となる。

デジモンクロス魚津(ウォーズ)[編集]

2010年7月から放送中のデジモンシリーズの6作目。今回は舞台が魚津市になっているため、そういうタイトルになった。

スター魚津(ウォーズ)[編集]

サマー魚津(ウォーズ)[編集]

本市出身の有名人[編集]

魚津マン(ウォーズマン)
富山湾沿いの怪しげな工場で誕生し、3歳で海の向こうの怪しげな国へと渡る。魚津市が生んだロシアのスーパーヒーロー

キン肉マンに出演した事で一躍有名人となる。魚津市名誉市民、魚津市スポーツ省初代大臣

兵器[編集]

この市は軍事国家としては、非常に愉快な兵器がいくつか登場する。

蜃気楼[編集]

海上に幻の映像を作成し、敵の攻撃の命中率を下げる。春先限定の最終兵器。

埋没林[編集]

2000年の眠りから覚めたバイオテクノロジー兵器。

ホタルイカ[編集]

海上に生息。自ら発光するため、敵の目くらましに多く使用される。

心霊スポット[編集]

人々を恐怖に陥れて戦意を無くす効果がある。

坪野鉱泉
白倉トンネル
経田の首チョッキン
松倉城址

関連項目[編集]