魔除けのお札

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索

魔除けのお札(まよけのおふだ)とは、よくわからないことが書かれたのようなもの貼ることによっていろいろな難を逃れようとする呪術の一つであるが、ほとんどの場合気休め程度にしかならないものである。に祈るべきところを、紙に祈ってしまっているせいで効果が出ないのかもしれないが、よくわからない。

日常生活における魔除けのお札[編集]

セールスお断り」、「NHKのシール」、「猛犬注意」などが上げられる。これを貼ることによって人の家から黙っていろいろ借りていく人や、いらないものを売っていく人家を直してくれる親切な人などから身を守れるとされているが、そう言う人はこのお札がある家を狙って入ってくるとも言われているので、実際には役に立ちそうもない。それよりは玄関を多少掃除の行き届かない状態にして、戸締まりをきちんとする方が実用的である。

アンサイクロペディアにおける魔除けのお札[編集]

最初からNRVや{{工事中}}など、いくつか種類がある。赤くする呪いのお札こと{{即時削除}}からは逃れられるかもしれないが、実際に赤くする魔法を使える怖い人の目をごまかせるわけもなく、むしろ目をつけられる元凶になりかねないので、使用は控えた方がよい。特に、「500Bにも満たない記述量で工事中を貼って初版作成する、しかも乱発」は厳禁である。ある程度形になってから投稿してほしい。

また、時折怖い人が魔除けのお札(往々にして呪いのお札をかねるが)を貼ることがあるが、これをむやみにはがすと、神の怒りに触れて記事に触ることができなくなったりするのでそれにも注意が必要である。

なお、ある程度の長さを持った記事の魔除けは{{工事中}}ではなく{{スタブ}}である。貼って悪いことはないからこっちでお願いしたい。なお{{NRV反対}}を貼り付けるという方法もある。

特殊な状況での魔除けのお札[編集]

取扱説明書というお札によってPL法という呪いから解放されるとか、工事現場のお札で責任から逃れられるとか、いろいろあるらしい。特殊な状況ではお札が効果を持つこともあるようである。

しかし、タイムカードというお札で残業代労災の呪いから逃れようとした会社がお札の書き方を間違って神の怒りに触れ、とんでもないことになったこともあると言われているので、実際に効果のある魔除けのお札の使い方には注意をした方が良いのかもしれない。

魔除けのお札を使うときは[編集]

用法、用量を守って正しくお使い下さい。そうしないと大体酷い目にあいます。

関連項目[編集]