魔界

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
Dokuro mark.gif
注意‼:この記事は発狂した利用者により書かれたため、読むと頭が腐ります‼
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「魔界」の項目を執筆しています。
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「MAKAI」の項目を執筆しています。

魔界(まかい)とはアンサイクロペディアサーバーの実体が存在している場所であり、アンサイクロペディアウィキペディア管理者の生まれ故郷である。もちろん空想の産物ではなくちゃんと実在する。

害妖[編集]

魔界を支配する大魔王(某利用者:通称チンポ・ウェールズ)は生まれた瞬間産婆を殺ったついでに両親と駆けつけた警官も殺して、全員犯して掘ってやった生まれつきの殺人鬼。全ての女をレイプしてメス豚共を売り飛ばした上犯し放題。女は全てチンポの奴隷、やりたい時に殺る犯し放題。妬んで憎んで殺し合い悲鳴の雨を降らす人間は皆肉の塊であり、ジジイババアは抹殺しガキ共を奴隷とした。おぞましい世界である。 魔王が全てを支配し、売られた喧嘩は全て買い、触れる者はみな八つ裂きにされる。

地獄からの死者である管理者たちは一般利用者の罪は尻を八つ裂きにすることで罰する。

彼らの使役するマッドモンスター(ソックパペット)は天使を引き裂き血の雨を降らし神の悲鳴が雷となり、腑や脳味噌、死骸も亡霊も憎悪も殺意も地獄の底まで何もかも食い散らかす。

人口と民族[編集]

主に魔族(いわゆる悪魔)と怪物からなり、魔王もこれに属す、しかし魔女などの元人間もいるし、たまにとか天使と言った。他界の連中もやってくる。こう言った連中が来る理由は主に遊びか魔王との商談である。人口は決まってないが季節とかで増えたり減ったりする。

塵劫胴体[編集]

非道すぎる場所だが人口はじょじょに増加傾向にある。なぜなら悪魔達が地上で波長の合う引きこもり・ニート・DQN・熟年離婚被害者の男などに次々と憑依して仲間を増やしているからである。社会階級は上から魔王・貴族・平民(セールスマンRMTNEET)・奴隷(農奴、百科事典サイトの利用者)・不可触民(屍体再生業者、資本主義の豚、百科事典サイトの管理者)に分かれる。

血痢[編集]

詳細不明。あの世地獄とごっちゃにされることがあるが、悪魔の辞典(少なくとも英語版の開始時はそうだった)であるアンサイクロペディアが実在しているのだから黄泉の世界なわけがないと思うよ?(だがもしかしたら利用者の方が向こう側に引きずり込まれてるのかもしれないという虞も否定しきれない)

逝キ方[編集]

普通の人は死んでもここにたどり着けないが、特定の方法によって魔界へと行くことができる。その方法とは、踊る人形、笑う人形、泣く人形、怒る人形の4つを魔法陣の周囲に置いて呪文を唱うわぁぁぁぁあああああああバリバリグシャグシャメキョッ

死亡確認.jpg
死亡確認

ごめんなさい。ごめんなさい。
この時代ではお伝えできない事実が含まれていたため、投稿者は消去しました。