魔法少女リリカルなのは The MOVIE

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「魔法少女リリカルなのは The MOVIE 1st」の項目を執筆しています。
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「魔法少女リリカルなのは The MOVIE 2nd A's」の項目を執筆しています。
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「頭の固い方々シリーズ」の項目を執筆しています。

魔法少女リリカルなのは The MOVIE(まほうしょうじょ - )副題「踊る大魔法使い」とは、TVアニメ・魔法少女リリカルなのはリサイクルした映画である。全米が泣いた! 2010年冬、本邦初公開され、数多くの伝説を残した。

序章[編集]

旧歴462年、ミッドチルダは核の炎に包まれた!

1st[編集]

ミッドチルダ人は増えすぎた人口を異世界へ移民させるようになり、既に半世紀が過ぎていた。ミッドチルダの周囲の数多くの管理世界はミッドチルダ人の第二の故郷となり、人々は異世界で子を産み、育て、そして死んでいった……。

クラナガンから最も遠い、ミッドチルダ極北部に位置する聖王教会はベルカ公国を名乗り、ミッドチルダ連邦に独立戦争を挑んできた。この一ヶ月あまりの戦いで ベルカ公国とミッドチルダ連邦軍は、その総人口の半分を死に至らしめた。ミッドチルダ人は自らの行為に恐怖した……。

ベルカ公国は、大規模質量兵器とベルカ式魔法を使った近接攻撃をあわせて多用する作戦によって当初は戦争を有利に進めたが、ミッドチルダ連邦軍の強力なミッドチルダ式魔法の登場により、戦いは長期化する。この戦いは、後世の歴史家にベルカ戦争との名称で呼ばれることになる。

なのは大地に立つ[編集]

新暦65年、第97管理外世界に戦線は移動する。小規模な戦闘の後、ふとしたことからミッドチルダ式インテリジェントデバイスが現地の一般人、高町なのはの手に渡ることとなる。彼女は自らの意思と関係なく、ミッドチルダ連邦軍に巻き込まれていくこととなる。戦いを通じて魔法少女として覚醒していくなのは。果たして彼女の運命や如何に。

太平洋、血に染めて[編集]

フェイト・テスタロッサが容赦なく砲撃を浴びるシーンが問題視された。 しかし、これはなのはにとっては、相手と「おともだち」になるために、必要な過程である(事実、なのはは作中において、アリサ・バニングスと殴り合いの喧嘩の末に友情を築いている)。 この描写の是非を巡って一大論争が起こったが、やがて、戦いの末に、もとい、相手に容赦なく砲撃を浴びせて友情を築くこと、またはその砲撃を浴びせる行為そのものを「友愛」と呼ぶまでに至った。

Z[編集]

ベルカ戦争の残党狩りに対抗して組織されたヴォルケンリッター。突然そのトップに就任することとなった八神はやてを主人公として、1stとは全く異なるストーリーが展開される。

ZZ[編集]

前作でヒロインが最後に廃人となる暗いストーリーであったことへの批判が強かったことから、登場人物の入れ替えが行われ、明るい話作りが目指された。アースラが旧式艦扱いされたことに涙した旧作ファンも多かったとか。

逆襲のプレシア[編集]

神秘の世界アルハザードが舞台となる。今更逆襲しに来たプレシア・テスタロッサの目的とは……?

V[編集]

時空管理局が機能しなくなった時代。なのはの子孫であるヴィヴィオを主人公とした話。両陣営に死者が続出し、物議を醸す。

G[編集]

ついに都築氏以外のライターを脚本に迎えた作品。全世界の魔法少女が対戦するエクストリームスポーツ「マジカルファイト」を描く。最終回でなのはがとうとうフェイトに告白してしまう。

W[編集]

なのはが事あるごとに「おまえの頭を冷やす」とのたまい、ツインディバインバスターライフルをぶっ放していた。………兄貴はどうした?何故そんな事を聞く?

X[編集]

最終回で「魔法少女なるものは存在しない」という結論となり、物議を醸した作品。

[編集]

そして迷走したシリーズは、これまでの出来事をなかったこととして、黒歴史と定義された。

一連の物語の最後に登場する、歴史を書き換える存在、「白い魔法少女」とは…?

SEED[編集]

仕切りなおされた新シリーズでは、なのはとフェイトを幼馴染の少年同士としてリメイクし腐女子にアピール。しかしシリーズ構成の国語力の無さが批判を浴びた。

SEED DESTINY[編集]

SEEDの直接の続編。前作で孤児となっていたはやてを主人公としていたが、途中からなのはが介入するようになり、いつの間にか主役を乗っ取っていた。事あるごとに総集編が挿入されるなど、前作以上に構成が破綻していた。

00[編集]

前々作、前作の反省から生まれた作品。そのため「取り立てて批判することが無いが、さりとてずば抜けて面白いというほどでもない」という意見が出た。

内容は、なのは達魔法少女が地球の紛争に介入し「戦争根絶」を行うもの。スバル&ティアナ&エリオ&キャロは地球に住む一般人という設定に変更された。

月村姉妹とアリサがこの作品でついに魔法少女になり、ファンは喜ぶ。しかしアリサの攻撃でスバルが家族と片腕を失う展開は多くの論議を呼んだ。

ちなみに、エリオ&キャロは空気です。

魔法戦記リリカルなのはAGE[編集]

監督が他の魔法少女アニメで忙しいので、 某ゲームメーカーに完全に丸投げした作品、 一応、

「イクス編」
「フォース編」
「イリス前後編」(「バトル・エース・パクリ編」・「フローリアン姉妹編」・「エルトリア編」とも呼ばれる。)
「ビビッド編」
「ぶっちぎり機動六課編」

に別れて放送されたが。

しかし出来は微妙であったため、好評を博することは無かった。

この記事は、現在進行どころか完全なるでっち上げです。
更なる大嘘を求めています。
細かい事を気にしてはいけません。 (Portal:スタブ)