魔法少女リリカルなのはViVid

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索

魔法少女リリカルなのはViVid( まほうしょうじょ - う゛ぃう゛ぃっど)、副題「〜ザンクト・ヒルデ魔法学院にようこそ!!〜」は、TVアニメ・魔法少女リリカルなのはの第四期として絶賛放送中である。

あらすじ[編集]

「ごきげんよう」「ごきげんよう」

爽やかな朝の挨拶が、澄み切った青空にこだまする。聖王様のお庭に集う魔法少女たちが、今日も天使のような悪魔の笑顔で、背の高い門をくぐり抜けていく。

ザンクト・ヒルデ魔法学院。旧暦34年創立のこの魔法学院は、元はベルカ公国貴族の子息のため創立したという、長い伝統を持つ聖王教会系の魔法学院である。クラナガン郊外。古代ミッドチルダの面影を未だに残している緑の多いこの地区では、時代が移り変わり、元号が改まった新暦の今日でさえ、通い続ければ純粋魔法使いになれるという仕組みが未だに残っている貴重な学院である。

この学院で最高の魔法使いに贈られる尊称、歴史に残る最も偉大な伝説の魔法少女の名前から取られたという称号、「NANOHA」の地位を巡り、少女たちの間で繰り広げられる骨肉の争いが描かれる。

NANOHAの地位を捨てて[編集]

魔法学校側は般若が主催となっている魔王軍の存在を恐れて、続編を「ナカジマジム」と言う舞台だけで造り上げる事にした。そこではもう「NANOHA」と地位すらない世界となっている。

主人公の一人であるリンネ・ベルリネッタは「ごきげんよう」な世界の学校で生きていたが、学校内での義理の祖父であるロイ・ベルリネッタを間接的にバカにされた事によって、「魔法使い」となる事にした。「魔法使い」を阻止しようとしたのが、かつての親友であったフーカ・レヴェントンである。

偶然にもフーカはアインハルト・ストラトスで出くわしたために「ナカジマジム」での修行が始まったのである。高町ヴィヴィオが偶然にも魔法勝負で2回勝っているために、フーカが尚の事に根性を叩き直す事に成功する事が出来たのだが・・・・

内容[編集]

時空管理局の大罪と聖王教会の汚点を背負って生まれた業深き少女、高町ヴィヴィオが通うザンクト・ヒルデ魔法学院を主な舞台に物語が展開される。

そして、年齢不詳の学院長である時空管理局のコネクションをいい事に絶大な権力を握っている生臭尼僧カリム・グラシアを筆頭に、ベルカ式召喚魔法を駆使する元凶悪犯罪者だったが異例の措置で娑婆にスピード出所した炎の転校生ルーテシア、教会所属なのにすぐに暴力を振るう対他宗派用暴力要員シャッハ・ヌエラ、そしてその配下の謎の大量殺戮兵器シスター・セインとディード、そして執事トーナメント挑戦者の卑劣漢オットーと、本編とは全く異なる側面を見せる人物たち。

そして、そんな彼女達に忍び寄る謎の美女軍団の影…!

究極正義X”が動き出す時、彼女達のすべての罪業は神へと返される…のか!?

魔法試験[編集]

本作では、魔法の位置付けが過去の作品とがらりと変わっている。定期的に行われる魔法試験で出される課題をクリアするごとに、魔法ランクが上がっていくのである。入学当初の魔法ランクはZ。ここからWXと、順にどこまでランクを上げていけるかが勝負となる。

カード[編集]

魔法を使用するために必要となるのが魔法カードである。新入生は基本カードのみ与えられ、カードを育てたり魔法ポイントを溜めたりして、成長したり進化したりしてバリエーションが増えていく。全156種類。但し、これが何らかの理由によって破壊されてしまった場合、カードに「喰われる」事になる。物語序盤においてヴィヴィオのクラスメートのひとりが、蟹型のカードに生きたまま貪り喰われた。

仮契約[編集]

本来、使い魔は契約すると一生契約が継続する。しかし、学院に在学している間は、「仮契約」にとすることによって、お試し期間を取ることが特例として認められている。そんな仮契約をするための具体的な方法とは? そして、ヴィヴィオが仮契約の儀式に臨むとき、誰も予想しなかった新たなる物語が始まる…!

学園内の施設[編集]

図書館[編集]

ここに通うことで、司書資格を取得する事ができる。閉架になっている区画のどこかには、無限書庫へと繋がる通路があるとかなんとか。

温室[編集]

ガルゲンメンラインとアルラウンという名の小人の夫婦が管理している植物園。マンドレイク優曇華が季節を問わず咲き誇っていたり、ユグドラシル盆栽が無造作に置かれていたりする。

ベルカ四天王[編集]

古代ベルカ時代から代々伝わる四大王家をさす。聖王、冥王、覇王、夜天王の、四王家が存在したが、現在ではその存在は確認されていない。

登場人物[編集]

既存のキャラは三期までと設定が異なる点をここに表記しておく。

なのは一行[編集]

高町ヴィヴィオ
なのはの義理の娘。関係的には主人公なのだが、ライバルに出番を喰われているのが弱点。ついでにデバイスも喋れないという点で負けている。
そもそも、以前は補助をメインとした学者タイプを目指していたはずなのだが、なぜか体質的に合わない格闘戦を主体にするというメモリの無駄遣いをしている。
職場での母親の姿
二人目の母親
高町なのは
ヴィヴィオの母親で3期までの主役。勝手に入籍して養子を迎え入れてしまったせいで両親とはうまくいっていない。
フェイト・T・ハラオウン
ヴィヴィオのもう一人の母親でなのはの愛人。3期のトラウマでヴィヴィオの変身魔法に反対している。
ユーノ・スクライア
ヴィヴィオの父親代わり。現在単身赴任中。
八神はやて
管理局のお偉いさん。家族の不祥事のせいでルーテシアの大切な人を殉職させてしまった責任を感じているため、なにかと彼女ら母子の生活の面倒を見ている。
コロナ・ティミル
ヴィヴィオの舎弟1。ゴーレム生成を得意とする。でも格闘もやる。メモリの無駄遣い2。
リオ・ウェズリー
ヴィヴィオの舎弟2。炎と雷を扱う格闘型少女。でもあまり扱えてないメモリの無駄遣い3。
アインハルト・ストラトス
「過去の覇王の記憶を持つ」という中二病を発症しているが、なぜか闇討ちを得意としている。だがショットガンは使わない。
アメリカの刑務所のパックマンの名前をパクッた必殺技を伝授されている。
ルーテシア・アルピーノ
三期で騙されて相棒達と引き離され、保護者を普段は仕事をしないニート侍に殺され、自身の製作した美少女兵器1ダースに種を仕込んだ変態紳士の毒牙にかかってしまうというショックで廃人寸前となっていたが、必死の治療によって再起に成功した少女。
3期終了後から本作の間、保護観察処分のため移送された無人世界でリハビリを兼ね、野山を駆けずり回り周辺の野生生物を叩き殺し、無人世界一の女となる。ついでに暇な時間に本を読みまくってそれなりに知識もたくわえ一級建築士にもなり、相手の罪の意識を逆手にとり管理局のお偉いさんとコネを作り上げるなど、かなりのやり手へと成長した。
コロナのデバイスの製作者。
なお、本作の彼女の性格が激変していることに対し「何があった!?」とファンから抗議のメールが届いたが、あれだけのことがあったら普通人格に影響が出ないほうがおかしい。
メガーヌ・アルピーノ
ルーテシアの母親。全員が露天風呂にいった隙にエリオを狙うが失敗。3期のスバルの母親の親友だが結局昔の彼女達のバトル動画は見せてくれなかった。なぜだ…
ゼスト・グランガイツ(故)
ルーテシアの保護者代理でありメガーヌの上司という、アルピーノ母子にとって大切な人。母親の考慮でルーテシアの前では彼の名前を出さないようにという暗黙の了解がある。
アギト
ルーテシアの親友で八神一家の居候。こう見えて未亡人で、旦那をニート侍に殺害されなう。
クイント・ナカジマ(故)
メガーヌの親友で三期のナカジマ姉妹の母親でゲンヤの妻。アインハルトの新必殺技の名前から筋肉マニアである可能性が指摘される。
ゲンヤ・ナカジマ
クイントの旦那。3期で腹ボテになった変態紳士の被害者の少女達を何人か引き取ったいい親父・・・と思いきや、その実態はいい年してハーレムを実現させたエロ親父である。
おそらく変態紳士の種の子も…

ライバル魔導師達 [編集]

空前の地球ブームのため、地球かぶれの少女が多い。どこかしら間違って伝わっているが外国人が思い浮かべる日本のイメージ(スシ、ゲイシャ、ニンジャ、サムライ、ハラキリ)みたいなもんと考えてください。

フードの少女
関西弁を扱う格闘魔導師。かなりの実力者だが持病(中二病)によって過去に棄権せざるを得ない状況に陥る。
好きなキャラは『北斗の拳』の次男坊。
裕福な家庭のお嬢様
『雷帝』の血を引くいい所の少女。相手が分身使ってきただけで逆上する、体ばかりでかくなったキレやすい若者。
好きなキャラは『テニスの王子様』の108式波動球の使い手。
なんちゃって不良
自称『砲撃番長』(だが女の番長はスケバンである。)不良に憧れて男言葉を使うが舎弟と違い服装もいたって普通、お前のような絶対領域を持つスケバンがいるか!
好きなキャラは不良漫画の番長全般。以外にもスケバンは嫌い。
八神家の所の門下生
収束魔法を使う蹴り主体の僕っ娘。明らかにかませ犬かと思われたが、実力者とヴィヴィオを葬りさるというメンドクサイことをやってしまった。
犬なコーチ以外は『接近して殴れ』『斬れ』としかアドバイスをしてないのに理不尽である。
好きなキャラは『範馬刃牙』の海王。
剣術師範代
日本の剣術にはまっている少女。アインハルトが昔の癖で道場破りにやってきたが、実践なら20回は死亡するレベルのダメージを与え追い返す。ツヨシ工業で廃車解体のアルバイトをしている。歪みねぇな
好きなキャラは『るろうに剣心』のニート。
魔女
ソウルジェムが濁りきっても自我を残す3期のルーテシアの似た性格の魔女。相手のトラウマを呼び起こして精神に修復不能なダメージを与える呪術を得意としている。おそらくルーテシアとの戦いで彼女のトラウマが呼び起こされることは確実であろう。
彼女と戦った少女は思わず彼氏のレフリーに抱きついてしまい、イケナイ関係であったことが公共の電波で暴露されてしまっている。おそろしや。
好きなキャラは『まどか☆マギカ』の青い子。
シスター
元不良少女のツンデレ。親はいない。白昼堂々ヴィヴィオに斬りかかる危険人物。Exな吸血鬼を超える分身を編み出すが力も分散してあっさり退場。
好きなキャラは『ポケモン』のかげぶんしんを使えるポケモン全員。

NANOHAの地位すら捨てた者達[編集]

フーカ・レヴェントン
広島弁で任侠を重んじ魔法使いを阻止する主人公。アインハルトを師匠としてアメリカンな技を空手に消化している。
後述のリンネを魔法使いから普通の美少女に戻そうと企んでいる。
リンネ・ベルリネッタ
フーカの親友であったが、お嬢様になってから上流階級の生活に馴染めなかった事もあり、「魔法使い」を志したもう一人の主人公。
しかし、フーカに根性焼きを食らった事により、普通の美少女に戻ってしまった。あとはお察し下さい
ノーヴェ・ナカジマ
魔法使いを粛清する組織「ナカジマジム」のオーナーであり、かつての作品で「戦闘機人」でもあったが高町 ヴィヴィオによって粛清する者となった。
フーカと仕事と同居生活を始め、アインハルトがこのジムと言う名のリーダー格である。
ユミナ・アンクレイヴ
粛清組織「ナカジマジム」のマネージャ。癒し系とも言える?
ミカヤ・シェベル
魔法使いの立場すら捨て、剣術に徹している。先輩として、「ナカジマジム」での魔法封じや支援に立つ事もある。
ジル・ストーラ
別の経路から魔法使いを目指そうとした組織のリーダー。リンネが所属している。
「早くノーヴェ・ナカジマに出会っていれば、立派な魔法使いになれたのに・・・」と悔やんでいるが、「戦闘機人」であったために無理ゲーであった。

関連項目[編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「魔法少女リリカルなのはViVid」の項目を執筆しています。
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「ViVid Strike!」の項目を執筆しています。
Nuvola apps important yellow.svg 警告
この記事はもはや完全なでっち上げです。信じる人はいないとは思うけど信じてはいけませんよ。