魔法少女リリカルなのは

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
「高度に発達した魔法は科学と見分けがつかない。」
魔法少女リリカルなのは について、アーサー・C・クラーク

魔砲少女リリカルなのは(まほうしょうじょりりかるなのは・Magicannon Girl Lyrical Nanoha)は、「話は聞いてもらうものじゃないの。聞かせるものなの!」という名言で知られる、「管理局の白い悪魔高町なのは愉快な仲間達が繰り広げる愉快痛快シリアス魔法少女、熱血魔法バトルアクションアニメ。[1]続編のA'sについても当記事で扱う。

続き?放送された続編は、魔法少女リリカルなのはStrikerSをご覧下さい!

あらすじなの[編集]

※以下若本規夫ボイスで脳内再生なの


スポイラー
スポイラー

警告:以下の文章にはネタバレ、いわゆるスポイラーが含まれています。これにより記事はより空気力学的に洗練され、その結果としてより高速で疾走できるようになります。

もしあなたが、セブルス・スネイプは二重スパイであり裏切っていないことや、渚カヲルは第17使徒タブリスであることや、ダース・ヴェイダーの正体はルーク・スカイウォーカーの父親であることや、ロジャー・アクロイド殺しの犯人は語り手の医師であることや、キリコはフィアナを助けることが出来ず彼女は死んでしまうことや、流子と皐月は姉妹であることや、翔北は流川からパスを受けた桜木が最後にシュートを決めて山王に勝利することや、力石が試合直後に死亡してしまうことや、トキワジムのジムリーダーはロケット団の首領・サカキであることや、乾巧はウルフオルフェノクであることや、幻王の正体が楊令であることや、ウィキペディアアンサイクロペディアのパロディであることを知らないのであれば、充分注意して、救急箱を手放さないようにしてください。

遠い昔、遥か彼方の銀河系で…

EPISODE 4 A OLD HOPE

淫獣ユーノは、封印されしロストロギア「ジュエルシード」を発掘する。それが事故でばらまかれたことを口実に異世界の女の子発掘ツアーに出かけるが、天罰が下り死にかける。必死に助けを呼んだところ、たまたま出会った小学生の少女高町なのはに救われる。流石に醜い本音を晒すわけにはいかないので、事故でばらまかれたロストロギアを回収に来たという建前で魔法少女のマスコット」としてなのはと共に暮らしながらオイシイ思いをしようと決意するのだった。なのはにソーゼツな魔法の才能が眠っているとも知らず。その先に待つものは、壮絶な戦い。友情。そして…

あらすじ 第1期なの[編集]

「魔法小学三年生リリカルなのは」(まほうょぅι゛ょ(*´д`*)ハァハァ)
淫獣に出会ったなのはは、その意志を継ぎロストロギア「ジュエルシード」を集める。
フェイト・テスタロッサも母の希望であるロストロギア収集に来たがなのはと衝突。
2人は激しくぶつかりあって、激しく結びついた。
近年稀に見るガチンコバトルアニメーション。キャラの見た目と精神年齢の差が激しいのは仕様っていうか都築節。小学三年生の時点で大学卒業後の進路考えてるガキなんざいねぇっての。

あらすじ 第2期なの[編集]

「魔砲少女リリカルなのは A's」
再会を喜ぶなのはとフェイトのもとに謎の敵、守護騎士ヴォルケンリッターが出現。
前回以上の強キャラ出現で某超野菜星人やMSさながらの高速バトルが繰り広げられる[2]こととなる。
力を合わせて平和を守る二人。というか思いっきり砲撃しまくる約一名
しかし、守護騎士たちが戦うのは、心優しき主(あるじ)・八神はやてのためだった。
全ての事実が夜天の光の下に曝された時、戦いは長い長い悲しみをフルボッコして終止符を打つ。

用語集なの[編集]

都築 真紀(つづき まき) 性別 女 
魔法少女リリカルなのはシリーズの脚本を手がける原作者。
燃えも萌えも書けるうえに絵師でもある多才な謎の人物
好きなマンガは「武装錬金」で、この作品のバトルにも少なからず影響を与えている。
実は恋愛劇が嫌いでおしっこを漏らすほど嫌いだと大昔に言っていた。登場人物が熱いのはそのせい。
ネギが大好物で一日三本はイケル。
本人は、なのはがガンダムや仮面ライダーやウルトラマンとものすごーく対比されていることを知っているご様子。
ネギま!とは無関係。あと重度のスパ厨
シスプリ双恋などのG's読参はアンチ
魔法少女リリカルなのは及びA'sにおいては自身のHPで積極的にフォローしていたが、StrikerSはまったく取り扱っていない。…トラブルでもあったのか!?
そういや彼女が関わっているエロゲーのソフトハウスは、なのはの仕事に忙殺されて新作づくりを放置していたところ潰れました。
都築 真紀(つづき まさき)  性別 男
前述の都築 真紀(つづき まき)がお湯を浴びるとこの姿になる。
この姿になるとボーイズラブも書けるらしい。一説によるとこの姿こそが都築氏の真の姿だと言われている。また、「鋼の錬金術師」も描けるらしい。
新房 昭之(しんぼう あきゆき)
第1期のカントク。彼も「熱血魔法少女」の雛型を作った立派な功労者である。黒板ネタは無しであった。
第2期からは「ぱにぽにだっしゅ!」及び「ネギぽにだっしゅ!」が入ってしまった為、残念ながら降板した。
某邪道魔法少女アニメの元ネタのカントクでもある。
草川 啓造(くさかわ けいぞう)
新房昭之の後を受け、第2期、第3期カントクの大任を務めた。都築真紀と共に「熱血魔法少女」の概念を世に出した功労者。ただし「ヒロインが敵に殺されない」「ヒロインが基本的に人を殺さない」「悪役の完成度が低い」等々、結局根本の部分はそれほどお約束[3]を逸脱しているわけでもない
金子 彰史(かねこ あきふみ)
メディア・ビジョン時代に「ワイルドアームズ」シリーズを手がけたゲームクリエイター。「WA5」のキャストの一人としてフェイトさんの中の人を起用する際に、資料としてA'sを視聴した結果、晴れて自身がなのは厨と化した。メディア・ビジョンから独立後、自身が立ち上げた新会社がA'sのPSPゲームを開発することになったが、これで「WA」シリーズはNice boat.っーことを意味することに…。
魔砲少女
魔法少女とは似て非なる物。悪魔と言ったら、近くでも遠くでも砲撃の的になる。もうめっちゃ危険。コレがあればウルトラマンは不要と思われる。MSさえも撃墜できる。コレがわが国にいると、核保有かなんかで某国から…。
ベルカ式
その名の通り旧ベルカ連邦に伝わる魔法体系。
特攻専用にチューンされた魔法。簡単に言うとタイマン接近戦専用。多人数相手は苦手。
特攻漢は常に迫害されるもので、なのはの(正確にはフェイトやエロノや淫獣の)世界では廃れていた。ドーピングすることで接近戦では一時的に無敵になれる。
ミッドチルダのシステムにベルカのドーピングシステムを内蔵すると、バランスの良さと破壊力を併せ持つ究極のデバイスが出来上がり、なのはさんのレイジングハート・エクセリオンが初めてその方式を採用、外道の素質をさらに開花させるとともに、闇の書事件を終結へと導いた。
なお、なのはさん及びヴォルケンリッターの活躍により管理局もベルカ式を見直したらしく、最近ではミッド派とベルカ派に二分されつつある。
剣や槌で殴りかかるのはどう見ても魔法じゃありません本当にありがとうございました。
少数ながらはやてのように遠距離・広域攻撃を得意とする術者もいる。武器を伸ばしたり巨大化させたり射出したりすることも可能なため、範囲攻撃や射撃も結構できたりする。
ベルカ式作画(斉藤作画)
激しく! そしてダイナミックに! キャラクターの設定を大幅に無視し、燃えと迫力を追求した作画法である。
バランスを廃してバトルに特化した為、上述のベルカ式に喩えられこの名がついた。
主に第2期の一部の話で採用されたが、なぜかDVDには修正されたバージョン(この手の芸術は得てして理解してもらえないものである)が収録され幻となってしまった。
描くのにかかる手間はさほど変わらず、込められた魂は数十倍であるという考察が多いため、かんたん作画とは似て非なる物である。
ちなみにベルカ式の開祖は『グレート・バリ』という人物であり、斉藤はその最後の弟子である。
グレート・バリもまた、アニメのスポンサーから作画修正を強要されたり、「オープニング詐欺師」と揶揄されたりした。エロアニメの監督もしているが、そこでも中世オーバリズム式作画全開だったらしい。彼の作ったバリクーガ、バリカンフー、作画戦士張影、バリグナー、オーバリ、バリヴィオンといったデバイスは珍品として今も一部の愛好家から高い評価を受けている。
バリアジャケット
魔法少女の戦闘服で御馴染みの「コスチューム」の類。コスパなどで売っているらしい。
デバイスの起動時に、本人の妄想によって形作られる。←ここ重要。試験に出るよ
魔力でできている為ヒジョーシキな動きも可能で、衝撃を吸収できなくなると飛び散る。(チョバムアーマーリアクターパージと呼ばれる)ついでに、着装時も飛び散る。中には初めっから飛び散ってるのもある。
飛び散った部位は全裸になる為、魔法少女も、見ているほうも一瞬たりとも気を緩めてはならない。が、本人のテクと希望によっては裸になる瞬間を確認するまもなく装着可能(その気になれば僅か0.05秒)で、早くも2話で実行。ロリヲタにキビシイ現実を突きつけた。また、着装時には魔力で周囲が覆われるため、例え近くにいても全裸を見ることはできない。淫獣涙目。
ベルカ式では「騎士甲冑」と呼ぶが、違いがよく分からない。
ジュエルシード
旧暦時代に派手に紛失、捜索願が出されてたものをユーノが発掘、ちょろまかした謎のロストロギア。手にしたものの願いを叶える力を持つエネルギー結晶体。
プレシアがフェイトに回収を命じたが、途中までの展開はドラゴンボールだった。
ドラゴンボールと違い、1個でもある程度の願いは叶えることが出来るらしいが、人体錬成は残念ながら不可能だった(魔法そのものが「自然の法則をプログラム化して分解・再構築する」物なので、世界の大きな流れに反する人体錬成及び時間操作はできない…筈だが…)。
ジュエルシードは高エネルギーを貯めるだけ溜め込むタンクに魔導的なインターフェイスが申し訳程度に付いてるようなものなんで高望みしてはいけない(作中では暴走しかしてないし)。基本的にテロにしか使えない。ジュエルシードをマジで吹っ飛ばすと次元世界の2つや3つは海の藻屑と化すらしい(DQNテロリストが過去に実証済み)。安定性も考慮されているとは言い難い自爆必至仕様。子供のお使いによくこんなモンを持たせたもんだ…。ロストロギア(=自滅した文明の遺産)なので危険で当然と言えば当然。
実はレイハさんやバルディッシュはジュエルシードを取り込むことでこっそり一時的な出力アップを図っていたらしいが…、一回ヤクに手を出すと(ry
アルハザード
幼女虐待…もといPT事件の主犯、プレシア・テスタロッサが目指していた理想郷。
ミッドチルダをも越える魔法技術が眠っていたとされ、禁断の人体錬成のノウハウもあったと云われている。
プレシア死亡と共に死に設定となってしまった為、多分もう出てこないだろう…。と思っていたらstsでスカリエッティがアルハザードがらみだと言う設定が出てきた。
闇の書(やみのしょ)
またの名を夜店の書(よみせ、やてんのしょ)
各種露店や夜の店の運営法が書かれていた虎の巻だったが、風営法の改定により修正を余儀なくされている。
改定が行われるたびに全ページの修正を行わなければならず、666ページもあることから修正を行っているものがあまりの悔しさ&修正個所の分量に暴れだすため、いつしか闇の書と呼ばれるようになった。
修正は闇のような黒ベタだった。これを使用した者は余程のことがない限り、元のあるべき姿に戻れないという。
管理局の白い悪魔(なのはさん)
なのはさんのこと。燃え上がる炎の中から少年漫画のように無傷で現れたり、ヴィータに「悪魔め」と言われ「悪魔ですが何か?」と返した会話を密かに根に持ち、後に魔法で長距離狙撃するなど、あまりにもその行動が恐ろしいため、小説版(オフィシャル!)リリカルなのはで使われた「白い悪魔」(出典は当然ガンダムだが、別になのはが戦艦並みのビーム砲を……あ、持ってたか。)の類語。
この名前で実際になのはを呼んだものは居ないが、おそらくそれは殺され う、ぎゃぁあああああああああ!!
なのはさん(なのは様)
つまり、なのははとても強くて怖いので敬称くらい付けないと、うわっなにをくぁwせdrftgyふじこlp
なの破産(なのはさん)
リリカルなのはグッズ、DVD、CD、本、同人誌、フィギュアなどを買いまくって金が無くなること。
類)フェイ倒産(ふぇいとうさん)、なのハザード、はや抵当
正常なファンの鑑のことでもある。あれ、フェイトのフィギュア再版されてる。予約今日まで!?
実は製作者達の方が破産寸前なのかも?と思わせる要素多々あり。(月刊アニメ誌における扱い、CMの少なさetc)と思ってたら、最新作「StS」について製作者が予算の少なさを暗に皮肉るようなコメントを出している。
キャストオフ
フェイトがソニックフォームになるまでの動作の事。結構描写が似ている…。
が、パージされた装甲が飛び散って敵にダメージを与えることはない。ただし、視聴者には精神的ダメージが与えられる。
ライダーフォーム
基本的にフェイトのソニックフォームのことを指す。一部のファンが調子に乗って付けている名前。
クロックアップ
フェイトのソニックムーブ。或いはなのはのフラッシュムーブ。ある意味反則技。
三重テレビ(独立U局)
番組が1週間遅れになってしまう呪いのこと。
ネタバレの格好の的であり該当者は関連スレッド閲覧に際し細心の注意、また対策(NGワードや速攻で目を閉じる、記憶から消すための精神的ブラクラのアドレス入手など)が必要である。
テレビ大阪(一応大阪府の県域局)
第1期しかネットしない呪いのこと。[4]
キッズステーション
田舎者にとっての聖地。[5]
実はなのはさんを放送するのはこのケーブル局ではないっ。
地方局(萌アニメの放映に積極的でない)
第1期どころかまったく放送しない、する予定も無い呪いのこと。
地方に住むファン達を常に苦しめる、ある意味最低最悪最凶の魔法。
某チューブのお世話になってる主な人々だが、DVD購入者や放送する局を遠距離受信する強者もいる。
リンカーコア(びんかんなトコ♪)
魔法を使う者のエネルギー源のような物。とってもびんかんなので扱いは慎重に。
なのフェイはこれを戦闘中に奪われ失神したことがある。
らぶらぶだと回復が早い。
カートリッジシステム(ドーピング)
ベルカ式伝統の魔法技術。イケナイちからの詰まったカートリッジをソレに挿入すると、力が満ちるの。
使い方を誤ると限界を超えて、早漏気味になっちゃうわ。
なのはさんの相棒レイジングハートさんは昨今では一本じゃ足りないらしく、カートリッジを過剰気味に浪費する。
ゲボ子(ヴィータ)
何かの間違いでなのはさんをボロボロにやっつけてしまった哀れなハンマー少女。ドイツの某社のクルマではない。ちなみに某携帯ゲーム機はこれにちなんで付けたという噂がある。
何かにつけてなのはタソを敵視する、困ったチャンなヤンキー少女。
後に家に帰ろうとしているところを遠距離狙撃される(流石のなのはも「やりすぎた?」と反省している)、などの被害を受けゲボっ、という状態であることから、または単に持っているデバイスがゲートボールのスティックだからこのような呼び名が付いたなど、多々説がある。
時空管理局(じくうかんりきょく)
タイムパトロールのこと。魔法少女を主戦力とする警察兼軍隊。つーか西部警察
司法と軍事を一手に担う、実は物凄く危険な組織。往々にして重大事件の元凶になる。この組織もこちらの世界の会社組織同様、大人の汚さというものからは逃れられないようだ。
千葉テレビ
制作幹事で県民に自慢。千葉ロッテマリーンズ選挙があるなら、夕方放送のチャレンジャー。
テレビ埼玉
StrikerSの監事局。しかし西武戦の影響で放送時間が延長されるのと某アニメが「Nice Boat」されたことでファンには評判が悪い。
サンテレビ(海の見えるテレビ局)
A'sしかネットしなかった放送局。StrikerSがネットされなかったのは多分フェイトそんの中の人が崇拝している奴らのエンドレス中継の影響だだろう。受信環境の影響なのか岡山・香川で見られなくなるため、地元では一部でブーイングの嵐があるとかないとか(苦笑 ※類語→サン劇
毎日放送、TBSテレビ、中部日本放送(以上JNN系列)
何をとち狂ったのか本放送4年後にA'sを放送(実質的な再放送)した大手放送局。そこまで追い詰められたかTBS。ちなみに最速放送はMBS(毎日放送)で、関西では珍しく厚遇を受けることに(まあ早朝番組同然の放送時間なのでそうとも言い切れないが)。そのMBSだが、朋友であるアニプレックスを劇場版製作に送り込んだり、挙句の果てには自社の全国ネットアニメ枠内で劇場版のCMを流すという暴挙(?)に出るなど、いずれ「なのはシリーズ」を掌握しようと企んでいるとかいないとか。一方TBSは勘違いして第1期の出演者を公式番組表に掲載する始末で、ここでもMBSとTBSの格の違いが出たといえる。
文化放送
RADIOアニメロミックス枠でなのはのアニラジを放送。パーソナリティは大方の予想を覆してクロノの中の人。まあなのはさんの中の人は隣の番組に出てるからねぇ。
ラジオ関西
上記の文化放送の番組の関西地区(ABCラジオでネット)での裏番組として、シグナムの中の人はやての中の人がパーソナリティを務める番組を放送。2人にまるなげした結果、はやての中の人による問題発言に至ってしまったのはご愛嬌。
角川書店
娘Typeで、第4期の漫画が連載されている。また、なのはが主人公の漫画の連載を予定している。
スクウェア・エニックス
フェイトが主人公の漫画でガンガン系列での連載を予定している。
Fate/stay night
非常に紛らわしいタイトルのアニメ。しかも劇場版が「なのは」と同時期公開で、映画館によっては両方やってるとこもあるので混乱を招くことに。当然ながらこっちは「なのは」とは無関係の作品であり、フェイトそんは出ていない。せいぜいはやての中の人が出てるくらいのものだが、諏訪部順一が「問おう。リリカルなのはと間違っている人間はいないか?」と言っていた。
説得・交渉(という名の方便)
ミッドチルダの方言で「全力でぶっ飛ばす。」を指す。普通に敵対行動をとられる方がまだ全力がすぐ飛んでこない分気が楽だ。
まあでも他の地域でも交渉は武力で行われるのが普通なので特にツッコむところでもないのかもしれないが。
質量保存則
そんなものありませんよ。ファンタジーやメルヘンなんですから。なので何もないところから魔法服や杖が発生したり、巨大化したりしても驚いてはいけない。

オトナの事情なの[編集]

原作者は元来ごくノーマルかつ穏やかでゆるゆるな魔法少女ものが好きなのだが「エロアニメだらけの深夜帯で女児向け恋愛魔法少女なんぞウケるわけねー!書いた話がウケないのはいやじゃー!!」という商業意欲溢れる微妙に大人気ない『わがまま』で信念をねじ曲げ、「熱血バトルを前面に出して展開する」というなんか「跳躍」の名を持つ雑誌の如き方向に転進した。しかしそれでも一部の心無い厨により「さ〇らのパクリじゃね?」などという根も葉もないデマを流され窮地に立たされた。その後、ライバルキャラのフェイト・テスタロッサの登場を機に熱い友情とバトルで名誉を挽回。が、皮肉にもこれがこの作品の「味」となってしまい、続編「A's」においては開き直って最初っから魔法少女を放棄、正統派バトル路線へとチェンジした。これはテーマソング「エタブレ」の曲調、及び「A's」冒頭のなのはの台詞「ごくごく最近まで普通の小学生だった」に現れている。[6]

しかし、その一方で物語の核心には常に大人社会(組織)のしがらみや人間関係の生臭さ等々、つまり政治的・社会的なテーマを有しており、その性格と前述の『魔法少女+「熱血」路線』とのマッチングの妙(例えば、苺大福、和風ステーキのような)が高い評価に繋がったという考え方もある。

それと共に、路線変更しまくった結果、原作重視なら本来そうなるはずだった純真無垢で可憐なかわいいかわいい妹の白い幼女とお前ほんとは何歳やねんと言わんばかりに肝の据わったカッコかわいい黒い幼児の涙と情欲と嫉妬を誘う運命の盟約は果たされることなく忘却の彼方へ消え去ってしまうのでした、チャンチャン。え? なのはは俺の嫁?恋愛なんざ見たくない?

ベルカ戦争終結後、財政難にあえぐベルカ公国が外貨獲得の為に広報を支援していた。特に観光協会は本作のイラストを旅行パンフレットなどの表紙に積極的に採用。歴史協会もベルカ式魔術に関する貴重な文献、資料を惜しみなく製作陣に提供した。これらの取り組みにより観光客は増え、一時的に財政も持ち直したが根本的な解決にはならず、結果としてベルカ公国は環太平洋戦争(ベルカ事変)への道をひた走って行くのである。

劇場版なの[編集]

魔法少女リリカルなのは The MOVIEもどうぞ。

1stなの[編集]

正式タイトルは魔法少女リリカルなのは The MOVIE 1st

見た感じなの
作画のクオリティは上がったし、戦闘演出もかなり強化された。魔砲少女は伊達じゃない。ジュエルシードモンスターのデザインは相変わらず首をかしげるようなクオリティだし、プレシアの召喚したゴーレムはアインストゲミュートにしか見えないし、モブ同級生は正直分身の術を展開しているようにしか見えないが、気にするな。誰もそんなものを見に来た訳じゃない。なのは様とフェイトさんの美しき姿を眼に焼き付けておけば良いのだ。
時間の都合なの
TV版は1クール13話で約5時間。映画版は2時間ちょい。どうしても切らねばならない所は出てこざるを得ない。そういった次第で………
  • 温泉旅行ネタは消滅
  • 複数の雑魚が消滅、出てこれても魔王様とその未来の妻の圧倒的な能力の前に秒殺
  • 高町一家の台詞は全カット
  • 忍・ノエル・ファリンの出番は全カット
  • なのは様とアリサが仲良くなったくだりも全カット
  • 「いつも背中が温かいから安心して戦えるんだよ。」がカット、司書長涙目
  • クロノがなのはに惚れるシーンがカット、活躍シーンも超縮小 商業世界はいつだって、こんなはずじゃないことばっかりだよ!!
また、TV版が「なのは(様)の物語」とするなら映画版は「なのは(様)とフェイト(さん)の物語」である為、若干なのは様のウェイトが低下したような気がするようなしないようなフェイトさんのウェイトが増加したようなしないようなイヤ確実に増えたな

   なぜか、虚数空間に落ちそうなフェイトに手を伸ばすシーンは削られていた

  • 父・士郎の重傷にまつわる幼少期の回想シーンがほぼ一瞬で終わり
  • アリシア・リニスが登場、プレシアを交えた小説設定に因んだ過去シーンが大増加。しかし、すべての元凶である「組織」(前述同様小説版設定)については、まったく言及されていなかった。(ただし事故については未来のクロノの嫁のセリフの中にある)
こうして見ると、トライアングルハート絡みのネタはとりあえず削られるという傾向にあることがわかる。だが全ては一枚のファンディスクから始まったことを、忘れてはならない。
変身シーンなの
当然強化済み。剋目せよ。何しろ一番最初に激・披露した後は、両者とも全て省略版で済まされてしまっているのだから。省略版とは、体が光に包まれたらもう着替え終了、という…味気ないが実戦的な変身法である。まあ、魔法少女モノの変身シーンなんて尺を稼ぐ為の姑息な常套手段でしかないのだから、本編を大幅にカットしまくっている苦しいタイムスケジュールの中で何度も出せる筈もないのだが。というか、映画で変身シーンを何度も出したら間違いなくスポンサーも観客も怒り出すこと請け合いである。
新コスなの
勿論お二人とも新コスチュームが用意されている。まあマイナーチェンジ程度だが。なのは様のは将来の本気モードに若干近くなったよう、な?嫁を貰うための気合の程がわかる。一方のフェイトさんは腰部前面装甲?がオミットされて中のレオタード部が丸見えになっている。相変わらずバルディッシュはいい仕事をする、と大きなお兄さんたちから大絶賛だが、中の人たちの会話では「布がほとんどない」から服を買ってあげろよビーバー、との事。
主題歌なの
『なのは(様)シリーズ』といえばOPリトルヘッド、ED世界一可愛い般若(17才)の主演主題歌コンビが御馴染み。ただ、構成上OPに歌を持ってこれなかった為か、本作では第一ED般若、第二ED(スタッフロール)ビーバー、という変則的な構成を取ることとなった。尚、劇中歌はいつも通り近藤さんである。
宣伝なの
TV時代の『なのは(様)シリーズ』は、ほとんどのアニメ雑誌からスルー、という哀しい伝説を持っている。唯一、スポンサーも兼ねている学研の大きなお兄さん向け雑誌が扱っていた位である。が、そこは流石に劇場公開作品、今回は角川の大きなお兄さん向け雑誌も積極的に宣伝してくれていた。まあマンガ版四部もやってくれてるしね。
また、2009年冬季には毎日テレビ系列で第二部「A's」も再放送。盛大な援護射撃となったと言えよう。が、なんで第一部の公開前に第二部を見せる?
尚その再放送に際しては当然というか毎回劇場版のCMが流されていたのだが、そのナレーションは後の機動六課の面々が毎回別の組み合わせで映画の感想等を語る、という構成だった。全ての回がワンオフである。なんと贅沢な。
ロングランなの
封切りは2010年1月23日。主にシネ・リーブル系で公開。うん、あまり大きくない所だね。全国ロードショー、と言うわりに当初の上映館は20にも満たなかったんだ。でも、その後全国各地で単日~数日程度のプチ公開を続けていて、現在の所最終公開予定は10月22日のジョイランドシネマ沼津。これは立派な「全国ロングラン」と言えるはずだよ。…ドサ回りと言ったのは誰?
でも機動六課入隊希望者からすれば、この微妙なロングランによってDVDリリースが大幅に遅れざるを得ないことの方が大問題であった。もう2010年中に出るかどうかすら危うくなってきていた。
BD&DVDなの
が、ようやく2010年11月26日に発売決定。待たせすぎである、といわざるを得ない。
公式HPなの
TOP絵ではフェイトさんが脇チラを激披露中。一番喜んでいるのが対峙している御方であることは、最早言うまでもなかろう。
しかしキャラ紹介ページがなのは様とフェイトさんの二人だけで終わりとは、やる気が無いにも程がある。
グッズなの
因みに劇場では、原作都築真紀デザインのマフラータオル「二秒でわかるリリカルなのは(様)」が発売された。
  • なのは様「ともだちになりたいんだ。」
  • フェイトさん「こちらこそー。」
声に出しても5秒で終わる。ある意味、『なのは(様)』第一期の究極完成形と言えるだろう。

2nd A's(仮)なの[編集]

BD/DVD発売を記念して2010年11月23日にリリカルパーティIVが開かれることになった。しかしそんな程度でわざわざさいたまスーパーアリーナを借り切るなんてことはしないだろ、と大きいお兄さんたちは全員思っていた。

そしてイベントまで1ヶ月を切った10月30日、本イベント用に作られた雑誌「なのはType」の予約が始まったが、とあるサイトが極秘であったはずの当該雑誌の内容の一部をサマリーに書いてしまったことでネタバレが発生。書かれてはいけない内容とはもちろん劇場版2期製作決定の話。リリカルパーティIVで公表される予定であった。もちろん当該サイトから速攻で一時削除されたが後の祭り。

しかしながら大きいおにいさんたちには全く驚きはなかった。なぜなら「前回の劇場版が1stと銘打っている以上、そのうちつくるだろ」「都築氏ははぐらかしつつもやる気満々なのは明白」と大半の人には認識されていたからだ。むしろこちらも解禁前のネタバレになってしまったゲーム第2弾のほうがよほど驚きを持って受け止められたのであった。

そしてリリカルパーティIV当日に、正式にA'sの劇場化「魔法少女リリカルなのは The MOVIE 2nd A's(仮)」であることが明らかにされた。公開は2012年予定である。長いな・・・。

注釈なの[編集]

  1. ^ 公式な 宣伝文句(熱血魔法バトルアクションアニメ!)とんでもねぇ!!
  2. ^ 参考魔砲少女にはモビルスーツの駆動音がよく似合う
  3. ^ むしろ「斬新」という見地からすれば、ファンシーキャラ+ブラックユーモアの「おねがいマイメロディ」の方がよりそれっぽいと言える。
  4. ^ 第二期ではシグナムが某経済新聞を読んでたシーンがあったのにね
  5. ^ 中の人たち(田村水樹)の地元では放映されないという悲しい現実…Orz
  6. ^ 「普通の魔法少女」でもなくなってしまったというダブルミーニング。

関連項目なの[編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「魔法少女リリカルなのは」の項目を執筆しています。
魔法少女リリカルなのはStrikerS
紡がれる新たなる伝説! 第3期の情報はこちら!
魔法少女リリカルなのはの登場人物・デバイス
○○○の形をした使い魔などなどの詳細!
魔法少女リリカルなのはの魔法
「キャリブレーションを取りつつゼロモーメントポイント及びCPGを再設定、擬似皮質の分子イオンポンプに制御モジュール直結、ニューラルリンケージネットワーク再構築、メタ運動野パラメータ更新、フィードフォアード制御再起動、伝達関数、コリオリ偏差修正、運動ルーチン接続、システムオンライン、ブートストラップ起動!」
的なもの。わからない人は広辞苑とかで。
ベルカ公国
魔法少女リリカルなのはA'sはベルカ観光協会の広報番組です。5トン爆弾投下を!
大魔法峠
こんなモノでは足りん!もっとクスリを!!と喚く悪魔憑きに処方されるモルヒネ。
くそみそテクニック
山川純一の代表作。話の内容は初めて出会ったホモ二人がケツの中にションベンするというだけ。一見関連はなさそうだが、実はアニメ版製作スタッフがほぼ同じである。

Icon-not-under18.png この項目には、18歳未満には有害な記述が含まれています。

下の毛がまだ生えていない等の理由で情報入手に法的制約のある方は、お母さんに見つからぬよう背後の気配に細心の注意を払いつつ閲覧してください。アンサイクロペディアの連中は、そんな面倒臭い検閲を行っておりません

ウルトラ魔法少女まなな
アリスソフトでなのはをリメイクしたらネジがダース単位でブッ飛んで逝きました…。あっぱっぱーなS級魔法少女まななさんと基地外な仲間たちが毒を吐いたりテロ行為に邁進したり淫獣をブチ殺したりする非十八禁紙芝居。
天才バカボン
この漫画の主人公の口癖はなのなのだ。
DOG DAYS
魔法少女リリカルなのはの原作者が戦争とをスポーツを融合させるという発想を試みた新しいタイプの作品。ワンちゃんチームと猫さんチームとリスさんチームで競技する一方で、水ある所でもない所でも禊ばっかやっていたり、ワンちゃん姫ライブとか、本当は戦争なのに愛さえあればどうにかなるのなの。

外部リンクなの[編集]

魔法少女リリカルなのはポータル「時空管理局」
リリカルなのはに関する最強のファンサイト。萌えから燃えまで。
NanohaWiki
こっちの方が明らかに目線上なWiki