魔女の宅急便

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「魔女の宅急便 (スタジオジブリ作品)」の項目を執筆しています。
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「魔女の宅急便」の項目を執筆しています。
にーこにっこどーが♪
ニコニコ動画中毒患者のために、ニコニコ大百科ではニコ厨たちがお金をかけてまで「魔女の宅急便」の項目を執筆してくれています。
「私の飛行船ロマンが……」
魔女の宅急便 について、月島雫
「親方、空から女の子が!」
キキ について、パズー

魔女の宅急便(Witch's FedEx)とは、スタジオジブリ作成の萌電波系アニメ映画ひとつで魔法使いサリー盗作である。一応本も出ていてそちらが先らしい。内容も勿論違うが、ジブリの方があまりにも有名なので、本項目ではジブリ作品の方を説明する。本の方は頭の堅い方を参照。なお主人公のキキは監督個人的趣味でおおよそ5分に1回くらいパンチラしているが別に見えてもいい下着(パンツじゃないから恥ずかしくないもん!)の概念はストライクウィッチーズ盗作されている。

「宅急便」がヤマト運輸の商標名であることは誰も気にしない

あらすじ[編集]

汚恋持諸島国に住むキキはパン屋でバイトするフリーターである。最近バイト代が削られたので仕方なく宅配サービスも兼業していた。しかしキキは実は自称魔法少女日本警察によって汚恋持諸島国に送り込まれたスパイであった。ここでは生物兵器ポケットモンスターの開発が噂されている。その真偽を確かめるべくキキは汚恋持諸島国政府生物研究所への潜入を試みる。そこでキキが見たものは…。

キャッチコピー[編集]

魔女の宅急便は内容もさることながら、地球上で初めてキャッチコピーを使ったことも有名である。そのキャッチコピーは

というものだった。このあまりにも直接的な内容は今もPTAはじめなんとか還元水大臣をも巻き込む一大ムーブメントになっている。

登場人物[編集]

()内はC.V.である。

本作の主人公。類まれなる魔法の力と持ち前のMっ気で特A任務を日本警察から与えられたスパイ。ほうきに乗ってキキが逆さまになると、白い検閲により削除。夜嵐を やり過ごすため貨物列車に無賃乗車した。翌朝早朝から藁の下に潜む牛により早朝から藁の下に潜む牛により足裏ナメナメ刑に処された。ビショ濡れになったまま(おそらく全裸で)ベッドインするなどもはや伝説。
キキと日本をつなぐ連絡員。誰からも名前を呼ばれたことがないのになぜ名前が「ウルスラ」だと分かるのか、それは不明。建前では絵描きというNEET職に就いている。キキを大人的に虐めることに性的興奮を覚えている。
電波的魔法少女にありがちな愛玩動物(俗に言う淫獣)。キキのペットであるが夜は主従関係が逆転する。お湯をかけると女性格闘家に変身する。
キキのバイト先の女将である。キキが客に媚を売っていやらしいクリームパンやアンパンを売っていた事を見つけてから、時給を850円から720円に引き下げた。表向きには女将だが、芸者、娼婦としては汚恋持諸島国一ではないかとの呼び声も高い。
キキの夜のパートナーでありキキに好意を寄せている。実は汚恋持諸島国政府生物研究所の研究員。キキに首ったけなので研究データを全てキキに渡してしまう。
ある時はキキのバイト先の店主!また、ある時は警官!また、ある時はアナウンサー! しかしてその実態は、ランプの魔人ジーニー!「さぁご主人様、お望みを3つかなえて差し上げましょう!」
トンボが天空で中吊りになってしまった飛行船に乗っていた。その直後に「見ろ、トンボの奴がゴミのようだ!」と不謹慎な発言をし緊急逮捕され、後に検閲により削除。お約束。

キキの宅配サービスについて[編集]

キキが世を忍ぶ仮初の姿として行っている宅配サービスとは、

  1. 連絡を受けた人の家を訪ねる。
  2. 依頼者の家で決められた時間内のみ依頼者の命令に従う

というシンプルなもの。ちなみに料金は一回60分10,000ペリカ、以降20分ごとに3,200ルピー追加料金を支払うことになる。

キキの罪状について[編集]

キキは魔女の宅急便にて、ドジっ娘では済まされないほどの数々のドジや悪事や犯罪を犯している。その中で主なものをここで取り上げる。

キキが上空を飛行したらご覧の有様。
  • ラジオの恐喝
  • 箒の手放し運転
  • 領空侵犯
  • 貨物列車の無断乗車
  • 車両の交通妨害
  • 警察からの逃走
  • 飛び出し
  • 宅配物の紛失、損傷
  • 動物虐待
  • 接客対応(特にトンボ)
  • 箒の柄の破損
  • 消防士にパンチラ
  • 住宅屋根の損傷
  • オープンカフェの営業妨害
  • デッキブラシの未返却
  • レストランの営業妨害、器物破損

これらはキキだから許される行為である。よい子のみんなはマネをしてはいけない。

関連項目[編集]