魔力

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索

魔力(まりょく)とは、人間では到底成し得ない非現実的な力の総称である。

自然法則でありながら法則性をもたず、他に類を見ないほど曖昧かつ適当でおざなりな力のため、興味を持つものに対しては、絶大な効果を発揮することもあるが、どうでもよくなったり、初めから無関心だったりすると、どうしようもない。

概要[編集]

一般に魔術魔法と関係するとの説が有力らしいが、実験的な検証記録は存在せず、現在においても確立には至っていない。

このため、近年では、魔力を物理的に力学で解明する動きが活発化している。

魔術・魔法における魔力[編集]

術式や分類によって多少の差異があるが、基本的に何にでも使える便利な力として扱われる。

自然発生することが多く、個人が通常使用する程度なら時間が経てば回復するのが通例である。しかし、組織的に搾取・精製したり、特殊な存在を呼び出したりすると枯渇することもある。枯渇すると大抵、よくないことがおこる。

力学における魔力[編集]

物質要素の基本相互作用の4種類(重力、電磁気力、弱い力、核力)に続く5番目の力に分類され、超大統一理論(SUT; Super Unification Therory)では、複数の多次元不等式で構成される。

入手方法[編集]

魔力を入手する方法は現在のところ判明していないが、とある病を拗らせた状態で一定の年齢を過ぎると、ジョブチェンジにより身につくと言われている。

類似する力[編集]


この記事「魔力」を書いている人は力尽きてしまいました。

あとは適当に頑張ってください。 (Portal:スタブ)