出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
Wikipedia
ウィキペディア専門家気取りたちによって「」はリダイレクトページになっています。変なページに飛ばされるので、クリックしても意味はありません。
Pixiv
同人マニアのために、ピクシブ百科事典では同人ゴロとその愉快な仲間たちが「」の記事を執筆しています。

(たましい)とは、生命維持に必須となる臓器の一つ。

概要[編集]

魂はと密接な関係にある半随意器官で、脳の信号を中継し神経系統の精度を高める役割をもつ。通常臓器の配置は性別による大きな差異はないが[1]、魂に関しては異なっている。雄の場合は胸部に[2]、雌の場合は下腹部に配置されている。

魂が失われたり破損した場合、身体は脳からの信号が伝達出来ず随意器官が機能不全を起こし所謂植物状態に陥ってしまう。また魂は常に大量の神経伝達物質を蓄えている為、脳との接続が断たれた後も一定時間は活動を停止せず、更にその伝達物質を外部へ放出することで周囲に影響を与える。墓地や病院などで「存在しないはずの気配」を感じるのは、放出されたまま残留していた神経伝達物質を検知したことによる謂わば脳の誤作動だと考えられる[要出典]

器官としての性質[編集]

魂は臓器の中でも移植が難しいとされており、2018年現在生体間移植の成功例は存在しない。また生命維持の根幹器官である為一度損傷すると回復が難しい。その為、魂を傷付けるような行動は厳に戒められてきた歴史がある。例えば江戸時代武士は非常に繊細な心の持ち主が多かったらしく、武位の証となるを貶されたり物理的に傷つけられたりした場合肉体に損傷が無くとも魂が致命傷を負う場合があったとされ「刀は武士の魂(=だから大切に扱うようにしましょう)」と常に最優先に扱うことを求めていたと言われる。

因みに他の臓器と同じく、魂も負荷によりその性能を高める事が可能。脳が送り出す信号が恒常的に増加していけば、その処理能力は日増しに上がっていくことになる。道なき道を切り開き頂上へと昇ろうとする気概を持って鍛えれば、未知の世界へと魂がレボリューションする事も良くある[要出典]。ただし短期間で高負荷をかけた場合、結果にコミットする前に魂が疲弊し機能を損なってしまう場合もあり、脳が命じても五体にそれが伝わらず「身体が思い通りにならない」というストレスから脳が鬱状態に陥る可能性もある。他の臓器もそうだが、急速に鍛えようとするのは好ましくない。

脚注[編集]

  1. ^ 雌雄双方にある器官のみ。例えば消化器系臓器は子宮や卵巣の有無に関わらず男女とも配置はほぼ同じ。
  2. ^ また、右脇腹には浪漫がある。

関連項目[編集]

その他の魂[編集]


この項目「」は、執筆者がクラックをキメていた可能性もありますが、今はまだクソの山です。より愉快にしてくださる協力者を求めています。さぁ、これを見ているあなたも、恥ずかしがらずに書き込んでみよう! (Portal:スタブ)