魁皇博之

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索

この記事については以下のようなことが主張されているようです。

  • この記事は誤りと嘘八百でいっぱいの百科事典であるアンサイクロペディアに掲載されています。ここにあるコンテンツはその全て、もしくは一部がフィクションですが、同時にそうではない可能性もあるなど、言うなれば「超フィクション」の状態にあります。つまり、全て嘘八百ということです!したがって実在する人物・事件・団体とは一切関係ありません!
  • ここにはあなたの社会的評価を害するに足る事実はありません!名誉毀損で刑事告訴しないでください!
  • あなたの社会的評価は全く傷付いておらず、損害は全く生じていません!損害賠償請求しないでください!
  • あなたの経済的評価を損なう危険は全くありません!信用毀損で刑事告訴出来ますが、時間の無駄です!
  • この記事を読んであなたが当局に逮捕されても、一切責任を負いません!
  • Akajisoshou.gifそのほかこの記事のために発生した損失や損害について、一切責任を負いません!
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「魁皇博之」の項目を執筆しています。

魁皇 博之(かいおう ひろゆき、1972年7月24日 - )は、福岡県直方市出身で友綱部屋所属の元相撲レスラー。最高位は東大関。本名は古賀博之(こが - )。現役時代は長らく大関互助会の会長を務め、現在は名誉会長を務める。2010年5月場所後に琴光喜関が野球賭博で捕まって追放されたため、事実上日本人最後の大関となった。

来歴[編集]

1988年3月場所、後の横綱の貴花田(貴乃花)・若花田(若乃花)・と共に初土俵を踏む。その当時はあまり目立った活動をしていなかった。

入幕の前、硬くて回らなかった水道の蛇口をムリに回そうとして破壊。そこから四股名が「破壊王(はかいおう)」となる予定だったが、相撲協会の重鎮はユーモア欠落症だらけだったため認められず、しかたなく歯を抜いて「魁皇」とした。そのため、魁皇の歯はすべて差し歯である。

転機が訪れたのは1999年1月場所。東前頭筆頭で迎えたごく普通の場所だった。後輩で同じく九州出身だった千代大海が、魁皇を殴り殺し(のち蘇生)て優勝、大関昇進となったのだ。「昔も今もツッパリ小僧とかいうクソガキに仕返ししてやる」との意気込みで自身が奮起。2000年5月場所でその千代大海を伝家の宝刀・小手投げで殺し(のち蘇生)、同年9月場所にはれて大関昇進となった。

しかし、そんな新大関には到底理解できない世界が待ち受けていた。「大関互助会」の存在だ。大関のほとんどは横綱になることを禁じられ、なおかつ同僚の大関に白星を献上せよ、というものだった。新大関場所、当時会長の雅山に反発して一切白星を献上しようとせず、11勝4敗となってしまった。翌場所もその次も11勝、10勝、13勝(優勝)と反省の様子が見られず、ついに会長雅山と副会長出る出る出島の命で制裁を加えられた。その結果、会員の千代大海により大怪我を負わされ、休場を余儀なくされた。

だが、復帰場所はその腹いせに13勝2敗で出島を小手投げで殺し(のち蘇生)、優勝した。なお、この場所でタルタルソース、失礼、出る出る出島は休会(陥落)を余儀なくされた。

翌9月場所はまたしても会長雅山と、新副会長武双山によって制裁命令が下され、当時準会員の若の里(東小結)と朝青龍(西前頭筆頭)の2人の手で完全に傷だらけで休場となった。ちなみに、その場所は魁皇に制裁を加えたことを初め、多くの会員が休場したことで、平幕の琴光喜に優勝を許す結果となったため、会員全員で反省会を開き、制裁相手と時期をよく選ぶことになったため、その後は制裁の度合いが下がった。

復帰場所では身をもって教えられた大関互助会規則に則って会員達に白星を供給しようと思ったが、与える相手がいない悲劇。

2002年10月の役員改選で、その性格から会長に推挙された。同時に副会長は朝青龍となった。

規則を多少緩め、ある程度は優勝を許した矢先に副会長が優勝。翌場所も優勝したため、このモンゴルのサッカーおやじは除名処分とした。過去なら名誉会員としてとどめただろうから、この判断は魁皇ならではだった。

後を受けて副会長に就任した千代大敗らに助けられ、会長の面目を守り続けたが、互助をやめる大関が続出したため、ついに会長自ら互助のお手本をすることになった。千代大海副会長も協力し、互助会の復興に努めた。だが2010年1月場所、魁皇は幕内勝ち星の歴代1位のために、大関互助会を休会し復帰を狙っていた千代大海を下した。結果的にこの一番を最後に千代大海は引退。魁皇の責任として大関互助会の会員は黙ってはいないようである。今後どうなるのかはお察し下さい

当然、土俵上での風当たりは強くなった。「いいかげんこんな大関やめちまえ!」「魁皇以外がんばれー!」「八百長してんだろー!」「早く奥さんとアーン♥♥しなさい!」「魁皇がんばれー!」などの逆風の言葉が飛び交う中、非常に多くの記録を残そうとした。本人は意識はしていないという。

会長任期晩年においては互助対象となることが多かったものの、右腕の怪力は健在。がっぷり四つから寄る稀勢の里を上手投げで仕留めた。また最後の優勝を狙った引退直前の九州場所においては、時代劇のヒーローのごとく隠岐の海の左腕をキメた(ただし互助会発展のため、準会員候補の隠岐の海に星を譲る)。 魁皇の小手投げで殺害された力士は数多い。小手投げ星人が地球に来襲した際には、地球代表として地球の運命を一身に担うと期待されていた。

2011年7月場所で力の衰えから引退を決意したが、大関互助会は後任人事が決まらず、書類上は翌場所番付発表まで大関互助会長を務めることが出来るという決まりから会長職をしばらく続投する事態となった。後任人事の決定後は名誉会長職に就任し、院政を敷くのではないだろうか。

後進の指導[編集]

これだけの怪力があるなら、これだけで生きていこうと考えた魁皇は、2000年に年寄株・浅香山を大鵬部屋に夜な夜な侵入して奪い取った。最近では魁道を育てた。また、モンゴル出身の白鵬を「同じ一門の子だから」と、大事に育てた。白鵬は横綱になり、立浪一門に所属する安美錦や旭天鵬、黒海を従えている様子を見て感動したという。だが、2009年1月場所より朝青龍に従うことになった千代白鵬を見て、「横綱白鵬に対立する横綱の土俵入りに白鵬の名の入った力士を入れるとは」と、激怒し、その部屋の大関の千代大海を集中制裁することが大関互助会総会で決定した。だが実際は魁皇が一人で勝手に決めて会員を私刑に処したとされる。

関連項目[編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「魁皇博之」の項目を執筆しています。


朝青龍殴られ 01.jpg この項目「魁皇博之」は、ちゃんこ不足のようでごわす。
さあ、そこの新弟子も力士の要たるちゃんこを作ってみるでごわす。強く当たったらあとは流れで行くでごわす。ごっちゃんです! (Portal:スタブ)