鬼ごっこ

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「鬼ごっこ」の項目を執筆しています。

鬼ごっこ(おに-)とは、主に学校休み時間などに行われるゾンビ(一般的には鬼と呼ばれる)と人間(以下参加者とする)の争いを再現した体感型ホラーゲームである。

概要[編集]

鬼ごっこは基本的にゾンビがプレイヤーをタッチ(もしくは確保)し、感染させることによってゾンビの移動が行われる。以下に一般的な鬼ごっこの進め方を解説する。

  1. 一般にじゃんけんを用いてゾンビを決定する。
  2. プレイヤーに数秒ないし数十秒の猶予が与えられた後ゲームが開始される。
  3. 休み時間終了のチャイムが鳴るか、最終下校時刻を過ぎた段階で終了となる。
Nemurineko.jpg この節を書こうとした人は途中で寝てしまいました。
後は適当に頑張って下さい。(Portal:スタブ)

さまざまな派生ルール[編集]

ふえおに[編集]

よりリアルな恐怖を味わうことのできるゲームモードである。ゾンビは参加者を感染させても通常の参加者になることができず、ゾンビがどんどん増えていくことになる。このゲームモードでプレイした場合、プレイヤー全員がゾンビ化した段階で終了となる。

ケイドロ[編集]

ケイドロとは察と棒の略であり、ゾンビに追われる恐怖ではなく、警察に追われるという恐怖を味わうことができる。基本的に捕まった泥棒は逃走中の泥棒に助けを求めて救出してもらうこと(脱獄)ができるため、警察側が牢屋番の配置をし、それに対して泥棒側は集団で襲い掛かるなどという頭脳戦を楽しむことができる。

逃走中[編集]

run for money 逃走中ではなく、ただ単に逃走中とするのが正しい。主に大型ショッピングモールなどで行われる大規模戦。広い会場で行われるため携帯電話の所持が必須となり、携帯電話を持っていない参加者は持っている参加者と共に行動しなければならない。(トランシーバー可) 過去の事例として携帯電話を所持していない参加者を放置して帰宅してしまい、その参加者が親に伝えたことがきっかけで校区外での遊びがバレてしまい、教室の外で放置プレイされてしまうということが発生している。

エンドレス[編集]

試合終了時のゾンビ役が翌日に持ち越されてしまうルール。足の遅い参加者がゾンビになってしまうと数日間続けてゾンビ役をやる羽目になってしまうため、いじめと疑われてしまうことがあるので逃走中と同様注意しなければならない。

関連項目[編集]


ExSport.png この項目「鬼ごっこ」は、エキサイト不足のようだね。
さあ、君もこの記事に胸が高まるような文付け足してみよう。レッツトライ! (Portal:スタブ)