高等専門学校

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「高等専門学校」の項目を執筆しています。

高等専門学校(こうとうせんもんがっこう、英語:National College of Technology)とは、大卒並みに高い専門性を持ちながら大企業が安価に使える社畜生産するために設置されている訓練所である。高校と同じく、中学校卒業後に入学する事ができる。略称は高専、NCT。高専の御三家は豊田・群馬・明石とされ、優秀な学生が多いので好成績を取るのが難しくなる。
なお、似たような名称の「高等専修学校」は、法的には全く違う学校である。

概要[編集]

高専は、周辺の中学校から、比較的理数系に強く工業技術等に関心のある若者を入学させ、「諸君はエリートです」等とおだててやる気を鼓舞しながら、5年間かけて安価で質のいい技術者(労働者)を育成(製造)するものである。入学者は、中学時代にはそれなりに成績優秀者であったのにも関わらず、学校から(良くも悪くも)大学と大差ない攻撃を受け苦労して卒業しても準学士という変でビミョーな日本でしか通用しない使いものにならない学位っぽいものを貰い、いざ就職すると中学時代に見下していた連中と大差ない労働環境を強いられる。中学時代に自分と同程度の成績であった者達の多くは大学に進学し、高待遇で楽な仕事に就いていることが少なくない。しかし、卒業後大学に編入する事ができるので高待遇を受けたい高専生は頑張って大学に編入すればいい話。また、就職に関しては高専枠というものが存在している為、高専から大手に就職する者もいる。就職活動に失敗しブラック企業に入る人も少なからずいる。クソ担任のせいで就職に苦労する人もいる。ちなみに大学編入に関してはほぼすべての大学にセンター試験なしで編入することが可能なため非常に有利である(裏道と呼ばれたこともある)。また、高専の卒業生を専門に受け入れる大学も存在するため、他の一般大学の編入試験に落第したとしても浪人するということはほぼ無い。ちなみに化学系の学科がある高専(例えば、鈴鹿高専の生物応用化学科や奈良高専の物質科学工学科)は他の高専・学科よりも少なからず数倍優秀である場合が多い。また高専の御三家では1年から2年、2年から3年に進級できない人が結構多いので、3年以上になるとある程度の実力は保障されたものとなる。

国語や英語、芸術といった高校でもある科目(高専らしく理系教科は高校以上のレベルの奴を学ぶ)、大学1,2年で学ぶ一般教養の科目の他、ロボット、化学、建築といった学科ごとに様々な工業やものづくりの技術について学ぶ学校である。1年生の始めにまず三角関数を学ぶ。1年生の時から全ての教科で60点(100点満点中)以上をとらないと単位が貰えないので低学年のうちは他の高校生に比べてかなりきつい思いをしてる。が、高専の学生はそのことでぐちぐち文句を言いながらも大体はちゃんと単位を取っている。基本的に中学までは成績優秀だった人ばかりが入学するのだから、高専に入学した後、そこらのバカ中学生高校生とは違って自主的に勉強ができるようならば彼らのように普通に単位は取得できるだろうと考えてよいだろう(合格してから勉強を休んでいると信じられないくらいに落第してしまうので注意)。そもそも高校と高専は全く別のタイプの学校なので比べる意味が無い。しかし3年修了すると一応高卒認定のようなものはもらえる。(後述の途中退学の項参照)

工業=男の仕事というイメージがあるためか、基本的に高専は女子が少ない。最近は情報系や生物系、文系の学科といった女性でもとっつきやすいであろう学科を設置する高専も増えてきているのでちょっとは女子学生の人数は増えたかもしれない。だけどそれでも高専はちょっと…という女子中学生の皆さん、大丈夫です。昼休みに女子学生が強姦されて殺されるような高専テスト明けに女子学生と無理心中するような高専もあるけど、高専の学生は男女共に大半が優しいのだから。普通のイジメは勿論の事、女性特有の陰湿なイジメは一切ない。強姦もなければ(あれ?)輪姦もなく、不純異性交遊もない。(っていうか、性器根性なしな学生が大勢なので、そんな事ができる奴は1人も居ない。)しかし、教員はこの限りでなく、度々、教授による生徒や教員(下っ端)へのアカハラが各高専で問題となっているので、皆にも気をつけてもらいたい。(女子学生にメールを1,600通送る教授とか逆に根気を尊敬したい。

高専=留年と言われるほど、留年率は高い。留年の重苦に耐えかねて自殺する学生もいるが、どこの高専も自殺ではなく事故として隠蔽処理するのでニュースにもならない。→ 3人が自殺した後に隠蔽が失敗して大炎上、Twitterのトレンドに入った高専

高専はほぼ全国に置かれているが、その殆どは地価の安い辺鄙なド田舎に設置されている為、自宅通学生にとっては非常に不便である。終電が12時前なんて学校が大半である。そのため学生寮を設置している学校が大半だが、刑務所じみた場所であったり、待遇の良い場所であったり学校によってまちまちである。入寮に関しては、越県して入学した学生や、外国からの留学生が優先される。

高専は大学と同じ高等教育機関であり、大学2年にあたる5年生でも学費が私立高校なみというけっこう安価で済むしたがって貧乏な学校、学生、教員共に変な人だらけの個性豊かな人が多い学校、高専病が蔓延している学校、男が大半の男が男に盛る危険のあるBLっぽい学校、なのである。

高専といえばロボコンである。といってもロボ根性のことではない。実際盛り上がるのは一部の学生のみだが、その熱狂ぶりは甲子園に匹敵するとも言われている。学校も単位認定する等しっかりと評価してくれるようだ。長澤まさみはよく知ってると思う。ロボコンネタの映画に出演したし。しかも初主演映画。しかし映画のモデルとなった高専は前述したあの昼休みに女子学生が強姦されて殺された高専である。そのくせ操縦しているマシンは昼休みに女子学生が強姦されて殺された高専のマシンではない。人に何でも言うことを聞かせられるマシーンも研究中である。 実際の高専には小栗旬も長澤まさみもいない。いるわけない。しかし伊藤淳史は高専生っぽい。

一部のマニアックな学生によって割り箸鉄砲ならぬ、割り箸ガトリングが作られるのは最早恒例行事である。

留年[編集]

高専生と高校生とは全く違う

一、置かれている状況が違う
高専生は優秀であり、将来、世の中で活躍するはずの技術者であるので他の高校生とは置かれている状況が普段から違う。例えば留年率は他の高校とは一線を画しており、卒業者は入学者の2分の1である事もあるほど厳しい条件下に置かれて毎日を過ごしている。また大学と同じく、欠課時数が授業毎にカウントされ、定数を超えると成績がつかず、100%留年という現実が突きつけられる。よって不登校などの行為は許されず、しつこく家に電話したりする担当教員はまずいないと思って良い。この事から高専では歪んだ者が事ごとくつまみだされることがわかる。また高専は定員が40名と教員が数えれる範囲であり、教室は空席があるとすぐにわかる教室なので、代返は絶対に不可能となっている。よって「大学2年+高校3年=(高校のように厳しく、大学のように難しい)=高専」という式が成立。
一、留年に2回目はない
学業不振で成業の見込みのない者は退学となる。これは最も恐ろしい制度で「使い物にならない」と烙印を押された瞬間にポイされる仕組みである。よってこれを受けた者は中卒のまま世の中に放り出されるという「ゴミはゴミ箱へ」のような制度がある。高専生となった者が恐れるべき1つはこれである。なので、留年した学生は必死にあがくが、一度留年した者の再留年率は高く、1度も留年はしないのが最良。

15ヵ年計画[編集]

留年と休学を絶妙なタイミングで行うことにより15年も高専に居座る在学することのできるテクニック

大いなる矛盾[編集]

誰が優秀?
「高専生は優秀である」とされながら、卒業後の扱いは短大の者と同じようになる。また下級生の間はみな優秀で「才能・やる気・根気」があるが、上級生になるにつれてそれが失われていく。(それに嫌気がさしたものが前述の途中退学して受験という道を選ぶ。)しかしながら、やる気がないのにも関わらず好成績を収める者があるが、それは全て過去問によるものなので、高専内における順位や成績はものさしとしては役に立たない。実際のところ、上位の者より下位の者の方が説明がうまかったり、知識があったりするので話にならない。
これが高専における大いなる矛盾点である。高専生を高専外の者(普通の高校生)と比べるのは不可能であるが、高専内の者と比べる事も無意味なことなのである。
となると、高専においても上位の者も下位の者も厳しい条件下で難しい勉強をしているという事になるので成績・順位を問わず、高専生は優秀なのである。これで大いなる矛盾は解決し、「高専生はそれぞれ高専生や世の中にとってかけがいのない尊い存在であるのでこれを大切にしよう」という事が言える。
そもそも論として、安価な学費&寮の設置で地方のウブな若者を引き寄せて、「君らは優秀」っておだてあげ、就職後は「君らは短大卒相当だから」って事で社畜をくぁwsでfrtgひゅじ;@p「:」

法則[編集]

高専生にはいくつかの法則が存在する。

中学1位はAランクかDランクになる
寮に入り家族から解放され部活で多忙もしくは部活に入らず遊び呆けるなどすると、中学時代の勉強スタイルを維持できなくなる。そこでペースを崩すと中学時代の貯金をあっという間に使い果たしてDランクに落ちる。下級生の頃の科目、特に数学物理が出来ないと上の学年でも成績が上がらない泥沼である。
春休み転落説
入学方法として推薦選抜と学力選抜を用意している学校がある。推薦の方が中学校での成績(内申点)が必要であるので、オツムとやる気には差があるはずなのだが、1年が終わる頃(早ければ夏休み頃)には推薦選抜合格者の方が下位層を占める場合がある。この現象はいかに入学までの春休みを遊びつくしたかに比例する。
下級生は睡眠を削り、上級生は授業を削る
高専の講義はほぼ全てが必須科目である為、時間割はほぼ固定されている。その為レポートなどで時間が足りない場合、下級生は授業を優先して自身の睡眠をコーヒーやドリンク剤によってレポートに使う。そして上級生は、講義に対する慣れ・就職進学でよく欠席がある・内定/合格したからやる気がなくなる等の要因から講義を軽んじる傾向にある。「そんな事より卒論をやりたい。」
一番強いのはマジメそうなやつ
学校内にてケンカはほぼないと思っていいが、高専は髪型や服装が自由なので、色々な格好をしてくる者がいる。悪ぶった格好をしている者は見かけによらず案外ケンカには弱かったりする。見た目オタクのものは見たままの戦闘力である。一番ケンカに強いのは髪の毛も染めず、マジメそうな格好をしている者であったりする。
試験勉強は過去問(過去問はカンニングよりも強い)
上級生から申し送りを受けた過去問を活用すれば、良い成績はとれるはず(むしろ無いと学級上位は無理)。カンニングをしても記憶だけの問題は少ないので点は取れない。なので、カンニングに頼る者に対しては、冷ややかな評価をする者が多い。

設置学科[編集]

設置してある学科は全国にある高専によってまちまちであるが、たいてい以下のような学科がある。

機械工学
高専病にかかっている者の中には放置自転車を改造して警察に怒られてしまったものもいるが、その際に作ったギアは教授たちの間でも高評価を得た。
この学科においてはオタクという痩せ型でメガネで色白というイメージは捨て去らなければならない。筋肉ムキムキでごつい野郎どもが多い。
校内スポーツ大会強い。
東京の某高専においてこの学科は一学生のタイプミスあまりのブラック学科であることから「奇怪工学科」という蔑称別称で呼ばれている。
同高専においては教員は「狂員」と揶揄され、学生の転学科や編入学の阻止進路指導に余念がない。
そのため、多くの機械系企業に卒業生を排出輩出している。
他の高専の機械ではそんなことはないはずなので安心していただきたい。ん?ないよね?
電気工学
電力会社・鉄道会社(もちろん電化)など就職先が最も限定されるがその分、公共の業種なので非常に安定している。
ところが最近の地震で東○電○は(ry
化学
優秀。なので、専門教科において成績で(80点以上)はほぼ取れないと思っていい。
物質,環境と同じく、女子が多い。メガネ。実験が多く、データとレポートに押しつぶされる学生がクラスによっては多く出る。
これを防ぐヒントはクラスメイトや先輩と仲良くすること。専門教科の基礎部分を担当する先生は基本的に意地悪。
その意地悪の理由は上級生になればわかる事になる。いわゆる愛のムチ
電子工学
ロボットは主にここで作られる(もちろん他の学科の生徒も参加するがまとめるのはここ)
変人が多い
電子システム工学科?なんですかそれ?
情報工学
オタクが一番多い学科である。大抵機械・電気・社会科(?)に寄っている。
分解されたパソコンが授業中に床に転がり、机に広がる事がある。先生も黙認で、実は過程と結果を楽しみにしている。
教員がコンピューターのごとくレポートの採点基準が厳しい(うちだけ?)。
おそらく認めたくはないが生物学上女子が一番多い学科であろう。
物質,環境工学
女子が多く、雰囲気は他の学科に比べ異端である。さらに座学系が主になるところも他とは一線を画している。
建築工学
この学科を出ても建築家にはなれない。
「あぁ、土木ね。」って言うと怒る(一部環境工学科も同様)。
某鹿児島高専では都市環境デザイン工学科という無駄に長くて覚えにくい名前である。土木科から名前が変わった瞬間それまで生物学上女子の人数1位であった情報工学科を差し置いて1位となった。
航空宇宙工学
この学科を出てもパイロットにはなれない。
どこかの高専がJAXAに人工衛星を打ち上げてもらったが、故障していて話にならない。また1つスペースデブリ(宇宙ゴミ)を増やした。
医療福祉工学
この学科を出ても医者にはなれない。
通信工学
就職先は携帯会社や某N**が一般的である
基本的に運動神経がおおいものが多い
商船学
なぜ高専に分類されているのかわからない学科。全国の高専の平均学力の足を引っ張っている。
この学科を設置している高専は5校あるが、高専ごとの順位でいつもワースト5を争っている。
曲がりなりにも第1種船員養成機関の指定をうけているため、卒業すると3級海技士の筆記が免除される。
デザイン学
商船学以上になぜ高専に分類されているのかわからない学科。全国の高専の中で唯一男子生徒より女子生徒のほうが多い。もれなく女子生徒も高専病
しかし高専高専。大学編入後も微妙に美大生になりきれない可哀想な学科。

高専症候群[編集]

高専症候群とは、高等専門学校に在籍する学生の大多数が罹るといわれる高専病の総称である。主な高専病として以下が挙げられる。

やる気がなくなる
大学入試試験の試練を乗り越える必要がないために、大学受験にしか使わない付け焼刃をこしらえるようなくだらない勉強受験勉強をする必要がない。したがって勉学に対する意欲が減退してしまう。高等学校中学校よりも授業が厳しいと世間一般では言われているが、高等専門学校は専門学校であり大学寄りなので低学年の頃に多い文系科目は中学校に比べ遥かにユルいことも原因のひとつである。その分、専門教科と一般教科の割合が中途半端な3年と5年の大学編入試験、卒業研究、就職試験の時期は大忙しである。
刹那的な考えになる
高専で生活していると「次の試験でジャビら(ジャビる=JABEEる=60点以下を取る=「赤点を取る」をさらに切羽詰まらせた言い方)なければいいや。」と将来のことより目先のことを気にし始める。試験のことは試験1週間前(よくても2週間前、悪くても当日)から気にし始める。(勉強するとは言ってない)前日徹夜勢なんてザラである。これは大学受験が無い高専生特有の性質で、時間があればとりあえずゲームに励む。(まぁ、5年生になれば「ある程度」の進路は保障されているのでとりあえず単位さえとれればいいっちゃいい)よって高専生には「その日暮らしの高専生」の称号がぴったりである。
ストライクゾーンが広がる
前述の通り、高専は女子の比率が少ない為、大して可愛くもない女子であっても女子であるというだ;けで憧れの対象となってしまう。症状が進むと女子じゃなくてもいいと思うようになったりする。
とある高専では男子どうしが手を繋いだり抱きしめあってたりする。
「この子を外せば一生結婚できなくなる」と思いこむ。
この思い込みはあながち間違いではない。高専を出てそのまま就職すれば、その後出会いは確実に期待できない。
自転車が大好きになる
高等専門学校は寮制を採用している学校が多いため、学生はある程度束縛される。そのため、自転車で家まで逃亡を図ったり、コンビニまで自転車で爆走したり、別に電車を使えばいいものをわざわざ自転車や原付で遠くまで行こうとする。
ヲタクになる
元々オタク気質を持つものが多く集まる学校である為、いつの間にか本格的なヲタクになってしまうことが多い。高専ではむしろヲタクでない方がカッコ悪い、という認識が一般的である。もともとは成績優秀スポーツ万能だった人も、在学しているうちにヲタクの学生によってどんどん染められて・・・まぁ、ロリコンはほとんどいないからその分ましではあるか? 先天性ロリコンはどうすればいいんだ例として、
仮面ライダー電王が放送終了した際、とある女子学生が嘆き悲しみ暴れまわった。
とある高専の近くのコンビニで、ローゼンメイデンが連載再開された号のヤングジャンプが発売後すぐに売り切れた。
昼休みにケロ⑨destinyを踊る。(一部の学校に限る)
さらには放課後にチルノのパーフェクトさんすう教室を踊る。(一部の学校に限る)
文化祭でハレ晴レユカイを踊る。(一部の学校に限らない)
雑談の話題は基本アニメエロゲ下ネタである。
昼休みには遊戯王MTGで闇デュエルが開催される。最近ではヴァイスシュヴァルツベイブレードなどが流行っている。
改造されたpspの残骸がなぜか机の上に2,3台積んである。
教室で30人規模のモンハン大会が開かれる。
下級生でも普通に教室にPCを持ち込む輩がいる。
女子なのにラブプラスをやっている者もいる。
軽音楽部ですらアニソンや東方アレンジのコピーバンドやらがザラにいる。
BLになりやすい
あまりにも男子が多く、寮生活など移動範囲が狭いため、普通の高校生に比べて異性との接触が極端に少ない。
そのため、同性に目覚める学生もいる。見た目では分からないがどこの高専にも必ず居る。
とある高専の寮では、実際に5年生が1年生を無差別に襲ったという事件が起きている。その寮ではその恐怖により、夜間に鍵をかける習慣がついた。
近年では反ホモ活動が活発になり、多くの学生がホモホモしい行動を嫌がる傾向にある。
ロッカーが痛くなる
とある高専では教室の後にあるロッカーにマグネットシートが貼ってあるロッカーがある。
A高専では「俺の妹がこんなに可愛いわけがない」のマグネットシートが貼られているのが確認されている。
噂によれば画像も上がっているらしい。
教室内でネットスラングやオタ会話が飛び交う
一般的になりすぎて本人たちも何が一般常識で何がオタなのか区別がついていない。つけることができない。
バレンタインデーに起きたうまい棒買占め騒動によって多くの高専の近くのコンビニからうまい棒が消えた。

隠された利点[編集]

イケてないグループの方々は中学校時代よりも楽になる。
女子とイチャつく幸せそうな人達リア充供が圧倒的に少なくなり、パソコンが得意なオタクは一部の教科で優秀な成績を上げることができるようになるということが要因とされる。
また元々女子との交友を諦めているこの項目の筆者のような人間にとっては女子と仲良くしたいと言う思いを断ち切りやすい場所となっている。しかも男子と仲良くやってるだけでも結構上位グループに入りやすく、今まで見えなかった地平線を望むことも夢ではない。
寮生は貧乏?
寮生は貧乏とよく言われるが、実際は寮生であることを利用して親にお金がないと言い、毎月たくさんのお小遣いをもらっている者がいる。中には月10万円の仕送りをしてもらっている輩もいるとかナントカ...

関連項目[編集]


この項目「高等専門学校」は、執筆者がクラックをキメていた可能性もありますが、今はまだクソの山です。より愉快にしてくださる協力者を求めています。さぁ、これを見ているあなたも、恥ずかしがらずに書き込んでみよう! (Portal:スタブ)