高砂市

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「高砂市」の項目を執筆しています。
Chakuwiki.png
長文が読めないバカな人のために、チャクウィキバカたちが「高砂市」の項目を執筆しています。
Wikitravel.png
放浪癖に取り憑かれた人のために、ウィキトラベルのトラベルライター気取りたちが「高砂市」の項目を執筆しています。

日本の高砂を見るには京成高砂を参照。

「正直に言わせて貰おう 「なんか行きたくないな……」
高砂市 について、オスカー・ワイルド

高砂市(たかさごし)は、日本列島にある「醤油戦士キッコーマン」を生産している都市である。過去川に面している。また近年では悪臭を発するところでも知られてる。と言うのはまわしを一生洗わない力士を擁する「高砂部屋」があり、その臭さは幕内力士に行くほど一撃で入院することもある。

元々は日本の首都である東京都の直轄だったが、東京にも高砂(後の京成高砂)があり、紛らわしいので兵庫県に払い下げられた。

高砂は加古川姫路に侵略されつつある。なぜならば加古川だけが人口が低いからである。

高砂潜入における注意[編集]

高砂は謎に包まれている

以上の通り、高砂は謎に包まれている。そのため、潜入にはさまざまな注意が必要だ。

例えば近いからといってうっかり大阪神戸で「高砂駅まで」などといいつつ安易にタクシーに乗ってはいけない。

東京における高砂駅へ連行されてしまうのならまだ良いが、タクシーが某所工作員だったりすると気が付くと北海道の高砂駅まで拉致されてしまう危険性がある。こうなると津軽海峡を泳ぎきる遠泳能力無しには故郷へ帰れないだろう。

高砂の特産品[編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「高砂電器産業」の項目を執筆しています。

高砂の特産品はパチスロであった。0号機時代からパチスロを作っていたが、0号機時代から1号機時代まではパチスロ研究家の間でも古代に当たる時代のため、詳しいことはよくわからない。

2号機時代と3号機時代では業界のトップを切って台を発売した(それぞれ「ウィンクル」、「ドリームセブン」)ことで知られている。3号機時代に出した「ドリームセブンジュニア」はビッグボーナス中に7が揃うという奇策により、約1000枚の出玉が得られるという、大都技研の「吉宗」でも破れなかった記録を持つ大量獲得機であった。

4号機時代の最初の台は「ロイヤルタカシー」という高級な名前だが、大量獲得機とは逆のBタイプというビッグボーナスの獲得枚数が少ない機種であったので、あまり売れなかった。その後も低迷したが、高砂初のタイアップ機である「ダブルオーセブンSP」ではボーナスフラグが成立すると告知音とともにリールの照明が消えるという単純明快な告知でそこそこの人気があった。これをエスカレートさせた「電撃あらっ太郎」では電撃の名にふさわしい強烈な告知で死者が出たと噂された。

しかし、高砂にあったパチスロ工場はアビリット共和国に移転してしまい、現在の高砂ではもうパチスロは製造されていない。

石の宝殿[編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「石の宝殿」の項目を執筆しています。
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「宝殿駅」の項目を執筆しています。

この地には、石の宝殿と呼ばれる謎の物体があり、宝殿駅というJRの駅もある。「ほうでん」とはドイツ語金玉のことである。つまり「石のHODEN」とは、でっかい、・・・(自粛)。そのため「HODEN」駅に着くと、ほとんどのドイツ人が驚いて、おさえる。その驚く様子は結構面白いので、ドイツ人が来て姫路観光するなら、素知らぬ顔で何となく山陽本線を使うと良い。

ドイツトリビアの泉があったら、間違いなく地元民に「HODEN」と言わして楽しむだろうね♪

この地域の方言[編集]

関連項目[編集]