高田馬場駅

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「高田馬場駅」の項目を執筆しています。

高田馬場駅(たかだのばばえき)とは、東京都にあると思われるいろいろと無視された駅である。いや、東京だ。そうに違いない。意味のわからない駅名だが、高田純次ジャイアント馬場あたりが絡んでいるものと思われる。

利用できる路線[編集]

概要[編集]

この駅は、迷宮とまではいわないまでも東京の主要な駅であり、利用者も比較的多い。周りに都の西北の大学池田大作先生の出身校などいろんな学校もあるようなので。ところが、こんなにも重要な駅であるはずなのに最狂線には無視された駅となっている。その上利用客も最狂線を無視していて、非常に平和である。

さて山手線の他に西武新宿線と地下鉄東西線が通っているわけだが、西武新宿線は山手線の隣に併設、東西線は地下にちょいっと作っただけであるので、新宿駅渋谷駅には程遠い。新宿線が東西線に直通する計画はあるが、これも無視された計画となっている。

所沢方面利用者との関係[編集]

近年、西武新宿駅から新宿駅までの延伸が挫折してしまったので、新宿駅利用者以外は全員が高田馬場駅で乗り換えることが確実となった。このことから所沢の方から破竹の勢いで迫ってくる西武利用者の勢いの衝撃吸収をする役割を果たしている。

ところが、近年西武利用者が増えすぎ、高田馬場駅では吸収仕切れなくなってきている。朝夕は西武鉄道のホームは人で溢れ、ホームから転落してグモッチュイーンする人が後を絶たない。西武鉄道はホームドアを設置しているが、ホームドアが客の圧力に耐え切れず崩壊する事件も発生しており、より頑丈なホームドア設置が望まれる。

山手線のホームドア建設計画[編集]

先ほども述べたように衝撃を吸収仕切れなかった分は山手線にも回ってくる。そのため、時々乗客が転落する事例が発生していることから、JR東日本はホームドアを建設することを決めた。現在、特に工事はしていないようだが水面下では準備しているようだ。

その他[編集]

混雑を分散させるため、山手線では改札口を両端に設置して混雑緩和をしている他、所沢西東京市民のために乗換専用口を作っている。ただ、大手町方面への最短経路となる東西線が何もやっていないので根本的な解決には程遠いようである。

埼京線の停車予定[編集]

これはまったくありません。残念ながら埼京線は高田馬場駅などという駅は無視しています。期待はしないほうがいいでしょう。 もし停車できるようになっても、西武で川越に行く人が減るだけの話ですから。

高田駅との関係[編集]

Mikuru Asahina.jpg
ごめんなさい。ごめんなさい。
この時代ではお伝えできない事実が含まれていたため、対象箇所は消去しました。

関連項目[編集]

Gomen.jpg この「高田馬場駅」に停車中の電車は、現在運転手がいないため発車できません。運転して下さる乗務員を求めています。 (Portal:スタブ)