高橋克彦

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「高橋克彦」の項目を執筆しています。

高橋克彦(たかはし かつひこ、1947年8月6日 - )は、日本を代表する妄想癖の極めて強い小説家。良く言えばロマンチスト。岩手県出身であるため郷土の英雄であるアテルイ奥州安倍氏に対する思い入れが強く、「火怨」「炎立つ」「天を衝く」の通称「奥州三部作」を書き上げ、奥州の英雄達を喧伝した。が、アテルイも安倍貞任九戸政実も人気、知名度が上昇する事はなく、藤原泰衡の汚名が返上されることもなかったことから、宣伝は失敗したと言える。

人物概要[編集]

彼は誰に言われたことでも大体は信じるため、オカルト的妄想に大きく染まっている。コンノケンイチによる面にUFOの巨大基地があるという説や、小島露観太陽系の悪魔人と戦っていたという逸話、前世がギリシアの詩人であるとともに遣唐使であると霊能視者にいわれたことなどがそれに当たる。

そしてその聞いたことを自分で判断せずに小説やエッセイに書く一方、全く自分で調べることはしようとしないので、伝言ゲームの論理で原形すらとどめないトンデモ説を自らの妄想にて作り出してしまうことが多々ある。更に、これを意図して(だと承知していて)やっている作家はたくさんいるが、彼は自分の書いていることを自分でも正しいと思い込んでしまっているため、本だけでなく講義などでもそれを世に広めてしまうことがある[1]

彼の広めた新説(珍説)の一覧[編集]

ノストラダムス関係
  • ノストラダムスはユダヤ教のラビ(伝道師)である
五島勉からノストラダムスはユダヤ教伝道名家の血筋を引いているため、その知識を彼は有しているという逸話を聞いたことから生まれた新説である。
  • ノストラダムスはカトリーヌ・ド・メディチに夫かつフランス王のアンリ2世の死を予言したため、フランスから追放された
  • ノストラダムスに預言を託した人物(神)はイエス・キリストであり、そのためローマ法王は彼を預言者と認めている
五島勉の本の内容とすら矛盾する新説。高橋は五島の影響でノストラダムス信者となったはずだが。
歴史関係
  • 藤原泰衡が源義経をモンゴルへ逃がしていた。(「炎立つ」)
  • 北条時輔二月騒動で死んでおらず、表の歴史から雲隠れして密偵として活躍した。二月騒動は首謀者である弟北条時宗と結託しての策動で、時宗とは最後まで仲睦まじい兄弟だった。(「時宗」)
これをさらに飛躍させたのが井上由美子。しかしその井上も「時宗と時輔は最後まで仲の良い兄弟だった」「二月騒動は時宗と時輔がグルになって画策した」という高橋の珍説には懐疑的で、大河ドラマでの時輔の扱い、時宗との関係、二月騒動関連の描写は史実とされているものが採用された。
ちなみに「時宗」作中における時輔は出世欲など一切抱かず弟の為、北条の為、日本の為を願い一途に行動するあまりにも出来すぎた人物として描かれている。決して時宗が悪く描かれているわけではないのだが、どっちが主役だよと思わずツッコミたくなる。

脚注[編集]

  1. ^ 1989年にある大学において、ノストラダムス予言によって1999年に人類は滅亡するから、あと10年を無駄にしないで生きてほしいと、8時間も集中講義として説いたことがあるといわれている。

関連項目[編集]