高校野球

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索

高校野球(こうこうやきゅう)は日本の伝統行事。軍事教練及び公営ギャンブルとしての側面も持つ。

概要[編集]

典型的な試合の決着の仕方。運の善し悪しが著明に現れる瞬間でもある。

毎年、なぜか必ず2回行われる、どの高校が運が良いかを決める大会、日ごろ磨き上げた運の良さをNHKの総合と教育を行ったり来たりして披露する、2回とも全国大会は甲子園球場に集合しなければならない、1970年代までは近畿地方に運が集中していたが、どんどん運気が全国に広がり、近年、北は北海道、南は沖縄まで運の良さが拡大した。

歴史[編集]

元来、高校野球はナチスヒトラーユーゲントにヒントを得ている。体育面での教育を建前として、青少年にミリタリズムの思想を植え付けるのが目的である。現在の高校球児にみられる坊主頭のファッションは、ネオナチ・スキンヘッズと共通しているものがあるが、それは当然のことである。

大会歌は陸軍戸山学校合唱団が歌い、「撃ちてし止まん」等ミリタリズムの陰が色濃く反映されている。このような高校野球とミリタリズムの濃厚な関係は、有事の際に鉄砲玉とか捨て駒として戦地へ送り込む若者をある程度確保しておきたいという政府筋の思惑によるものである。

野球を行うときに装備する標準的な服装としてユニフォームがある。昔は袴のように太くダボダボしたものがカッコよかったが、最近はプロ野球選手を中心にタイツのように細いパンツをはいて美脚効果を生み出す仕様のものもある。だが、東北楽天の岩隈投手以外の選手はみなスタイルが悪く、生まれたての子羊のように足が折れそうで頼りなさそうに見えてしまう。 さらに少し前からピチピチアンダーシャツが発売され、中学二年生を中心に爆発的なブームを巻き起こした。

ギャンブル[編集]

日本各地の公務員の間では、高校野球を対象とした賭博が行われている。なお、参加者は公務員に限定されており民間人が行った場合は懲役・禁固・流刑などの処罰を受ける。オッズはパリミュチュエル方式により算定され、官報で告示される。

環境への影響[編集]

全国の電力会社では高校野球の決勝戦の時間帯に、電力消費のピークを迎える。猛暑による冷房需要と、テレビ観戦による電力需要が重なるためである。電力はその性質上、貯めておくことが出来ないので、電力消費のピークが高まるとそれに応じた発電所の建設などが必要となる。高校野球が環境に悪影響を与えているように思われるが、その辺はマスコミなんかの大人の事情で問題視されることは無い。

問題点[編集]

夏の大会は猛暑の炎天下という過酷な状況の下で、未成年である生徒にギャラも出さずに野球をさせ、主催者が収益を得ていることが問題となっており、国連人権理事会は日本の人権状況に関する報告書で是正を求めている。

また、最近ではマウンド上でキッスなどの過激な行為をする選手が発生(但しノンケらしい)している。 美談に仕立て上げようとする朝日放送も対応に苦慮している模様。

このため、性別やカップリングを問わないセーファーセックス推進のため厚生労働省が介入し、文部科学省の反対を押し切って、試合中の応援で七回にコンドームを飛ばすイベントが1985年ごろから開かれるようになった。また、優勝チームが道頓堀川での水泳を楽しむことが奨励されている。結果として、2009年には、日本中に新型インフルエンザをばらまく結果となったが、なぁに、かえって免疫がつく。

応援歌[編集]

応援団に対してもカスラックの介入があり、イカニモなお坊ちゃま学校では「紅」だの「狙い撃ち」だのをカネ払って演奏しているが、最近は寄付金集めがはかどらないためか、パブリックドメインのごく一般的な歌を使用する例が増加している。スーザホンを11人も用意して、竹槍チバラギ仕様車のような低周波で相手ベンチやマウンドを襲撃するのも最近の流行り。以下に、高校野球で用いられる主な楽曲を紹介する。

  • 蛍の光
    • イギリスの伝統的民謡であり、学業成就をめざす文武両道の精神に沿った名曲。通常は相手チーム投手の退場時に、相手の健闘を讃えるべく攻撃側チームが演奏する。
    • オフコースの「さよなら」も、同様の場面で、主に広島県代表校が演奏する。こちらも、中高生の合唱曲に選ばれるほどの名曲。伝統ある宝塚歌劇団のエンディングテーマも使用されるが、なぜか中京地区の代表校が使用し、京阪神地区の代表校は「蛍の光」のほか後述の「にんげんっていいな」「阪神電車ではよ帰れ」などを演奏する。関東地区では「なみだ君さよなら」「幸せなら手を叩こう」など。
  • 猫ふんじゃった
    • 古代ローマ時代から存在するらしい名曲であるが、黒鍵を使いまくることからブラスバンドでの演奏はかなり難易度が高い。甲子園球場に多数の猫が住んでいることは知られており、ランナーが猫を跳ねたり轢いたりといったアクシデントの際にしばしば演奏される。最近は末尾部分だけを演奏することが多く、打者がアウトになった際に、相手の健闘を讃えるべく守備側チームが演奏する。
  • さくらんぼ
  • 阪神電車ではよ帰れ
    • 校歌斉唱に引き続いて演奏される。なお、天理高校では「天理臨ではよ帰れ」、創価高校では禁則事項です
    • 相手校のエラーをした選手を励ましたり、前述のように相手投手の健闘を讃える目的でも演奏される。
  • 六甲おろし
  • メス豚交響曲
    • 豚肉がおいしく食べられる、大変に男らしい応援歌として知られ、これも、上と同様に甲子園球場では非常にポピュラーな曲。作詞 根岸崇一、作曲 ヨハネ・クラウザー・II世。歌詞は「阪神さえあればいい 阪神さえJASRAC検閲により削除」など。同グループの「SATUGAI」を、倒せ応援として使用する野手もみられる。
  • 威風堂々の歌
    • この世の悪を倒す名曲。特に、相手がミッション系だったり坊さん学校だったりすると、倒せ応援としての破壊力抜群。
    • ただし、歌詞はお察し下さい そのためカラオケとするのが大先生率いる仏弟子のたしなみ。
    • なお、校歌の「草木は萌ゆる」も、なぜか大先生作詞の5番が歌われたが、空気を読んだNHKにより1-4番の作詞者が作詞したものとして放送された。
  • にんげんっていいな
  • ハイサイおじさん
    • 沖縄県の誇る名曲[1]。応援団・選手一同、ラクダシャツ、ももひき、腹巻姿という暑苦しい格好で合唱する姿は夏の風物詩である。作曲者が禁則事項ですであるほか、戦時下にぴーになった母親が禁則事項ですをして娘の禁則事項ですが転がり、母子とも失った父親が、酒に溺れて禁則事項ですをさまよう姿をみた子供が、父親を励まし立ち直らせる、感動のドラマ[2]の主題歌として知られる。

関連項目[編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「高校野球」の項目を執筆しています。
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「阪神甲子園球場外野席」の項目を執筆しています。

脚注[編集]

  1. ^ http://archive.is/9J3sq
  2. ^ http://taru.ti-da.net/e734031.html


ExSport.png この項目「高校野球」は、エキサイト不足のようだね。
さあ、君もこの記事に胸が高まるような文付け足してみよう。レッツトライ! (Portal:スタブ)