高崎市

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「高崎市」の項目を執筆しています。
Wikitravel.png
放浪癖に取り憑かれた人のために、ウィキトラベルのトラベルライター気取りたちが「高崎市」の項目を執筆しています。
Chakuwiki.png
長文が読めないバカな人のために、チャクウィキバカたちが「高崎市」の項目を執筆しています。

高崎市(たかさきし)は、自眠党総理大臣を多く出している事で有名な、群馬県の都市である。

市民性[編集]

東方に位置する前橋市とは、恒常的な戦闘状態にあり、その戦局は予断を許さない状況である。高崎線という名前の鉄道路線が存在する。

群馬県で最も流行の最先端を行く街であると思い込む市民がいる。独立志向が高いので、市民のほとんどが自分は群馬県民ではなく、高崎市民だと思っており、他県で出身地を名乗る場合も「高崎出身です」と名乗ることが多い。また、乗り換えなしで東京に行ける鉄道が市内に存在し90分程で東京に行ける為、東京に対して特別な感情を持っている10代後半の市民はあまりいない。しかし、実態は「籠原止まり」の電車が多いため、東京圏とは解されていないというか行ったら帰ってこられないかも。新幹線だと1時間かからないと自慢するが、東武伊勢崎線の走る太田-足利-館林北関東の2級都市と、東京への交通の便は大して変わらない。前橋市民とは仲が悪い。それは、群馬県庁を自分達の所に移転させようとしているからである。

高崎市の野望[編集]

高崎市の野望は前橋市と合併して県庁を移設する計画である。実は群馬県庁が最初に創設されたのは高崎であった。一回は前橋に移されたが、すぐに高崎に戻された。しかし、前橋出身の太政官が知事の仕事をしていた時、自分の町に県庁がないことを不快に思ったのか自分の町で知事の仕事をするようになったために結果的に前橋にふたたび移された。その後も何回か高崎への移転計画を仕掛けたりもしたが、太政官の子孫による圧力などで玉砕されるなど失敗が続いた。しかし、群馬一の町としてアピールしたい高崎市は前橋市との合併計画という次なるビックプロジェクトを立ち上げた。現在高崎市は前橋市との間で合併交渉を行っているが、前橋市は拒否をしており、交渉の難航が続くと予想されている。

高崎観音[編集]

高崎市を支配する宗教的シンボルである。コンクリート製。夜ライトアップされ白く浮かび上がる姿は偉大な事この上なく、多くの少年少女から尊敬されている。一部高崎市民は、高崎観音の歴史的価値を奈良東大寺の大仏、鎌倉の大仏に比肩するものと考えているため、国宝及び世界遺産への指定を請願している。一説によると一年に一センチずつ前橋市方面に侵攻していると言われている。戦闘状態になるとうごくせきぞうを呼び集団攻撃してくるので注意。

歴史[編集]

約1万5000年前に、今の高崎市の原型となる城砦都市観音山が形成される。

  • 4世紀 - 大和朝廷に追われた人々が流入し、経済活動が活発になる。この頃、共同浴場として高崎温泉が建設される。
  • 1333年 - 鎌倉幕府の混乱に乗じて、新田義貞率いる東国武士がなんとなく進駐。
  • 1580年 - 娯楽施設カッパピアをめぐり、北条氏と上杉氏による争奪戦の舞台となる。
  • 1604年 - 江戸幕府により、高崎藩の首都となる。初代藩主は井伊直政だったが、後に直政は彦根に転居した。
  • 1884年 - 高崎―東京をつなぐ桃太郎電鉄線、開通する。
  • 1897年 - 高崎―下仁田を結ぶ鉄道がなんとなく開通。
  • 1906年 - 安直な考えから、1897年に開通した鉄道に高崎線とい名前が付く。
  • 1936年 - 観音山に高崎観音という巨大な仏像が立てられる。
  • 1987年 - 松浦幸雄が市長に就任。以後20年以上に渡って都市の政治を牛耳る。
  • 22世紀 - 首都機能移転に名乗り。

産業[編集]

古来より、交通の要所として商業が発達する。桃太郎電鉄線の開通により、高崎駅周辺に一大商業都市を形成する。 また、高崎市は1970年代に群馬県の工業特区として外国や日本の工場を誘致し続けていたが、残念ながら、誘致はほとんど成功していない。

高崎に本社を置く主な企業[編集]

なお今北産業は本店ではなく、高崎支店である。

安中市との関係[編集]

西方に位置する安中市とは前橋市と違い特に大きな争いもなかったが、2006年に重大なトラブルが発生した。発端は高崎の名前が入った自動車ナンバープレートを導入する際に高崎市ではない安中市の自動車にも高崎のナンバーをつけてもいい、との決定がなされたことだった。この便乗ともとれる決定は高崎市民の反感、特に自動車のナンバープレートを付けたり発行したりする事を生業にする人々の反発を買い、高崎ナンバーが導入された後も大きなしこりにっている。

名所とか[編集]

がんばって挙げてみますからよろしくお願いします。

高崎駅
群馬県唯一の駅ビルを備える上越新幹線北陸新幹線が乗り入れている。平日は県内各所から通勤通学者が、休日には県内各所からDQN的な人間が集まる。前橋の駅と違って周りには高いビルがわんさか建っている。
LABI1高崎
ヤマダ電機前橋市が不便になった為に、横浜市へ行って箔をつけようとしたけど、追い返されたので仕方なく建てた本社兼店舗。高崎駅に併設されており、とにかくでかくて広くて何でも売ってるが、客より店員の方が多い。
高崎市役所
21世紀になるから」という安直な理由で21階建てになった市役所。群馬県で一番高い建物だったが、程なく前橋市の群馬県庁に抜かれた。群馬県庁と違って軌道エレベーターとしての機能は持ち合わせていない。
群馬音楽センター
クラシックオーケストラの本拠地。名前に音楽が入っているが、音楽以外のこともやっていい。狭くて古い。
少林山達磨寺
名前に少林と入っているが、少林寺との関係は不明。年始にはダルマという中身のない紙製の人形が付近の市場で売られている。
慈眼寺
桜で有名なお寺。それ以上でもそれ以下でもない。「JIGANJI」と英語表記するとかっこいいかもしれない。
イオンモール高崎
田畑の中に突如建てられた巨大ショッピングモール。田舎者の唯一最大の活動拠点。
群馬県の山中
秋にドングリや枯葉がたくさん落ちている山。よく探すと動物の骨や機械の部品、ゴミとかも落ちている。ちらほらと公園やキャンプ場があるが、平日やシーズンオフには人が少ない。都会からアクセスが良いためよく殺人遺体の捨て場所にされる。
アニメイト高崎店メロンブックス高崎店
群馬県ではそっち系の店は、高崎市にしかなかったが、地元資本の類似店が前橋市の新前橋駅前にある。メロンブックスにいたっては何故か頭の堅い真面目さだけが取り柄の辞書に旧高崎店の外観(パッと見、どこの町にもありそうな個人経営のパン屋さん)を映した写真が掲載されている。後にアニメイトは高崎駅前にあるビブレとかいうリア充の集うファッション専門店内に移転。旧アニメイト高崎店の跡地にはメロンブックスが転居した。
この2店舗がある為、週末月末問わずキモオタ達がどこからともなく集まってくる。って言うかこんなのが名所とかって言ってる時点で十分いなkry
創造学園大学
八千代町に本部を置く日本屈指の大学。パンフレットを見ると教師陣にやたらと「業界の第一人者」が多いが名前は聞いたこともない。大学だが、隣にある高崎高校の生徒の方が多分頭がいい。酒井法子に毎日会えるよ♪
高崎経済大学
市立で学費が安いので、東京の大学の受験に失敗した人が滑り止めで受ける大学。そういう性格のせいか、週刊誌に「将来を悲観して自殺してしまう学生が多い大学」として載ってしまうほどである。でもOBとして言わせてもらえば自分は上場企業に就職できたし、のどかで良い大学ですよ。ただ、全国で入学試験を行っているため入学して初めて高崎を訪れる学生も多く、その田舎っぷりに愕然とする者も少なくない。
東京農業大学第二高等学校
通称「農二」。前橋高や高崎高などを受験する受験生の”すべり止め”としての存在であり、それ以上でもそれ以下でもない大根踊りなる謎の踊りが創立以来綿々と引き継がれている。
高崎健康福祉大学高崎高等学校
ビートゥギャザー。
群馬の森
高崎の端っこにある無駄にただっ広い公園。群馬県民にはお馴染みの場所で、行ったことがない人間は非県民と罵られるのは有名(通称群馬入り)。群馬県の博物館と美術館があるが、車でないと行けなず、展示品も面白みに欠けるので人はあまり来ない。
昼間は親子連れで賑わうが、夕方になると本公園の南北に隣接する量子なんちゃら研究所怪しい製薬会社に点在する廃墟郡に不法侵入する為に廃墟マニアがウジャウジャ集まってくる。これら廃墟郡は戦時中に旧軍が作った岩鼻火薬製造所なる工場の名残である。これらの一端として公園内に、「例の意味のない橋」や「誤って火薬が爆発した時の為の堤防に囲まれた遊具郡」や「立ち入り禁止のトンネル」などが見られる。

政治家[編集]

高崎出身者
高崎転入者

関連項目[編集]


この記事はまだ書きかけなんです、優秀な記事とは違うんです。誰か優秀にしてください。 (Portal:スタブ)