高岡市

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「高岡市」の項目を執筆しています。
Chakuwiki.png
長文が読めないバカな人のために、チャクウィキバカたちが「高岡市」の項目を執筆しています。
Wikitravel.png
放浪癖に取り憑かれた人のために、ウィキトラベルのトラベルライター気取りたちが「高岡市」の項目を執筆しています。

高岡市(たかおかし)は、富山県の西の方にある、コロッケの街である。

高岡城の本丸に世界最大の高岡大仏が聳え立っているが、自称猫型ロボットサムライ型ロボットの作者である藤子・F・不二雄の出身地なので、その知名度は蜃気楼のように影が薄い富山県の中ではズバ抜けている。県庁があるらしい富山市はおろか、富山県そのものよりも有名。WARS CITYには敵わない。

市民性[編集]

高岡市民は根は良いが、言葉が荒っぽく態度がデカいので、ちょっと誤解されやすい人が多い。また、かつて金沢市に占領されていたことがあるため、金沢市民とは犬猿の仲である。

コロッケ[編集]

これを揚げて出している店も少なくない。

高岡の主要産業はコロッケの生産である。高岡市民は朝昼晩の食事はもちろん、おやつにもコロッケを食べるため、高岡のコロッケの消費量は世界の9割を占める。市内には数百件のコロッケ専門店があり、郊外のパチンコ店の奥深くでは特殊なコロッケが密造されているとの噂もある。各家庭でも独自のレシピがあり、しばしば嫁姑戦争の原因となるため、大きな問題にもなっている。

コロッケ丼コロッケうどんコロッケカレーコロッケケーキコロッケジュースなどの創作料理や、白えびコロッケホタルイカコロッケ鰤コロッケモノマネタレントのコロッケなどの様々なコロッケが有名。

又、コロッケの宣伝キャラは、高岡が生んだ漫画家である藤子・F・不二雄が創造した「サムライ型ロボット」ことコロ助である。

チューリップ[編集]

沿岸部の埋立地でチューリップが栽培されており、さながらオランダのようである。市内にはチューリップテレビというテレビ局があり、毎日チューリップに関する番組を放送している。同テレビ局では世界初のチューリップ向け番組が放送されており、番組を見ながら育ったチューリップは美しく育つという。

一般市場向けのチューリップの他に、幻覚作用を持つチューリップが密かに栽培されているという噂もある。また、最近、肉食性の大型品種が開発されて各地の海岸に配備されており、日本海の向こうからの侵略に対する防衛に貢献している。

ユーモア欠落症[編集]

高岡市にはヌケニンが多く生息している。

高岡市はユーモア欠落症患者が多いことでも有名である。長らくその原因は不明であったが、最近の研究で市内に多く生息しているヌケニンが人々のユーモアを吸収していることが分かった。ヌケニンは背中の隙間からユーモアを吸収するとみられているが、詳しい調査を試みた研究者はヌケニンの背中の隙間を覗き込んで魂を吸われ、お察し下さい

交通事情[編集]

2度こっそり石川県へ私鉄を延伸しようとしたが、2度とも石川県民にバレて破壊され、計画は中止になった。しかし、北陸本線だけはバレないで建設できた。また、岐阜県岐阜市から国道156号線が伸びている。

  • 北陸線

真っ青な列車が走る。で、北陸新幹線開業後は「あいの風とやま鉄道」に変化するという、

  • 氷見線

能町~伏木間は万葉電鉄と競合している。路線名のわりに沿線市域の殆どが高岡市にあるというのは公然の秘密だ。線路上を某忍者が走ってたという目撃情報あり。

  • 城端線

別名、城端フラワーライン。名の通り線路にチューリップが生えている。際ばかりでなく線路の中まで生えているのでよく踏み潰されてる。どっちみちそんなとこに生えるのが悪い。ちなみに花のほかにシイタケも線路上で栽培されており、チューリップが潰れることにより栄養がシイタケにまわり、育成によく、列車は増えるチューリップに間引きをかけてるとされている。 満員御礼なのに赤字に悩まされている。最近痛車を走らせてる。

  • 北陸新幹線

市域を通ることになってるが、高岡駅の複雑で入り組んでる線路により併設が叶わず、郊外のイオンモールに新高岡を設置することとなった。通称、新高。 しかし、高岡市の裏工作で近くを走るという城端線の真上に変更することに成功した。

  • 万葉電鉄

真っ赤で派手な列車が駅前から港町まで出ている。かつては富山湾沿岸を横断して富山駅へ至る路線だったが無駄に湾を広くしたいという富山県のために陸地もろとも海に沈められ分断された。その間を船で連絡したが東半分は犠牲になった。西半分は高岡市と今はなき新湊市(現在は射水市)の根回しのためになんとか存続し現在に至る。ちなみに連絡船は隣にバカでかい橋が完成すると廃止になり、結局回り道を強いられるため「以前より不便じゃ」と嘆く声が聞かれる。 ちなみに路面電車は高岡~越の潟間で350円、船賃はスマイル0円。そこから富山駅までは550~800円。万葉線にいたっては土曜休日だけ新湊生まれの落語家が透明マントを羽織り車掌をする洒落た案内をする。

関連項目[編集]