高山本線

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
この記事にはユーモアが不足しています。治療には十分な栄養と日光愛情DHMOが必要です。
ユーモアの摂取方法にも十分気をつけましょう。
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「高山本線」の項目を執筆しています。
Chakuwiki.png
長文が読めないバカな人のために、チャクウィキバカたちが「高山本線(JR東海)」の項目を執筆しています。
Chakuwiki.png
長文が読めないバカな人のために、チャクウィキバカたちが「高山本線(JR西日本)」の項目を執筆しています。

高山本線(たかやまもとせん)とは、岐阜県岐阜市から、富山県富山市を結ぶJR倒壊だったりJR酉日本だったりする不思議な路線である。名の高山という路線名よりも飛騨本線の方が知名度的によかったんだと一部のユーザーからの愚痴がある。そのため富山県民の中には飛騨と越中の一文字を取って飛越線(富山~飛騨高山)と呼んでいる。

概要[編集]

JR職員にさえ「たかやまほんせん」と誤解されているが、本当の呼称は「たかやまもとせん」である。この名称は建設の立役者である高山氏・山本氏の二名を称えたものである。この二人の功績については「歴史」において述べる。

この路線は本州中央部を経て中共と北陸を結んでいる。福岡以東の日本海沿岸から、中共に出るには米原経由より高山本線経由の方が近いのだが、途方もなく遅いせいでそのような利用者は少なく、もっぱら飛騨と北陸、飛騨と中共を結ぶローカル路線として機能している。

歴史[編集]

全通まで 〜高山氏と山本氏〜[編集]

高山本線の歴史は、高山氏の本州横断鉄道構想に端を発す。高山氏は自分の思いついた架空鉄道を実現させるため、地元の財界や中央の関連官庁に協力を求めては無視され不遇な日々を過ごし、ついに自費を投じて建設しようと決断した。しかし、彼の鉄道に対する知識は悲しいほど貧弱だった。とりあえず枕木というものが必要だと知ると、すっかり勘違いして建設予定地に桜木を植え始める始末だった。そんな彼のDQNっぷりは人々の笑いものとなりすっかり有名となる。そして、その噂を聞いてやって来た野次馬のなかに山本氏がいたのである。多くの人が物笑いの種にする中、山本氏だけは立派な桜並木に感動し、事業への協力を申し出た。

山本氏は、高山氏をめいっぱいフォローした。おかげで、高山氏の無軌道な情熱も正しい方向に導かれ建設は順調に進んだ。しかし、建設中の路線が飛騨山中まで達したとき、事件は起こった。その日、台風の接近により飛騨は激しい豪雨に見舞われており、高山氏は建設現場が気になり様子を見に行ったが、足を滑らせ転落、濁流に飲まれ帰らぬ人になってしまった。この場所は、彼への哀悼を込めて高山と名付けられ今日に至っている。

それまでフォローに徹していた山本氏は高山氏が死んでしまったので、しょうがなく一生懸命勉強し、一生懸命建設した。こうして、1934年昭和9年)におめでたく開通したのである。しかし2004年平成16年)に線路が一部寸断されたとき、山本氏は復旧作業には参加しなかった。なぜなら山本氏は高山本線建設の知識を活かし、太平洋戦争では、航空母艦「飛龍」の整備兵としてがんばられたが、ミッドウェー海戦のときに、お亡くなりになられたからである。

名鉄侵攻[編集]

中共の鉄道会社である名鉄は全通以前から高山本線への乗り入れを果していた。当時は日本との間に国交がなく、鉄道省は保安上問題があるとしてこれを拒んでいた。しかし、第二次大戦が始まると事態は一転し、国鉄が名鉄へと侵攻。その後、大戦末期に戦況が悪化とともに国鉄は撤退を余儀なくされた。

戦後、高山本線にはどちらからも侵攻のない平和な時代が訪れたが、1965年、名鉄の侵攻が再び始まり、徐々に北上、「私鉄-国鉄-私鉄」の直通運転という類例のない快挙によってついに立山にまで達したのである。折りしも文化大革命の最中であり緊張は際限なく高まるかに思われたが、日中国交正常化によりピリオドが打たれた。こうして新鵜沼駅構内は配線変更され平和裏に乗り入れできるようになったのである。

副産物[編集]

高山本線はその建設の過程や、これまでの歴史の中で様々な副産物を生み出した。以下は、その一部である。

  • 東海道本線 - 高山氏があんまりしょっちゅう陳情に来るので、気の毒になった当局によって作られた。だったら高山本線を作ってやれば良かったのにと……
  • 桜街道 - ここに生えている桜の木はだいたい高山氏が植えたものである。このことから当初は酷道一殺線に沿って建設するつもりだったことが分かる。
  • ゲロ下呂温泉 - 下呂市にある。日本の温泉のなかでかなり有名。高山本線によって温泉利用客が増えるだろうと思いつつ、最近は減っている感じ。露天風呂「噴泉池」での入浴は、ギャラリーがあまりにも多いので、注目の的になること間違いなし。ちなみに混浴で、水着を着用しないと当局に連行されるらしい。
  • 第6益田川橋りょう - 下呂市内の本橋りょう上で、人と列車の「エクストリーム・並走」が2010年秋まで繰り広げられていたが、万が一の有事の際に多額の賠償金を請求され会社が破綻することを恐れたJR倒壊は、ついに通行禁止を地元に一方的に通告した。今後厳重なバリケードを施す計画。しかし、一部住民がこれに反発している模様。またこれの見返りとして、今話題の中央新幹線をはるかに上回る、最高時速20キロメートルの新型車両を本路線に投入する構想があるらしい。
  • 高山祭屋台 - 高山氏が山本氏と出会う前に製造した鉄道車両。人間が曳かなくては動かない、軌間が考慮されていないなど、列車としては完全に欠陥品である。屋台のことを「高山氏の鉄道車両」を略して山車ともいい、全国的にはこちらの名称が普及している。また、高山氏が雨の日に亡くなった反省から、雨天及び降雨が予想される場合には、各屋台蔵で待機となる。
  • 高山市 - 上記のように、高山氏にちなんで名付けられた。高山市が日本一の市にまで巨大化したのも高山氏の人徳があってこそであり、故人のDQNな遺志を受け継いでのことである。
  • 飛騨市 - 高山市に対抗して作られた。新海映画でJR東海にもICカード発売される程に公認化されたのでこれなりの効果はあったのだろう。
  • 日中共同声明 - 中共最大の私鉄である名鉄が立山まで攻め込んできたので、びっくりした日本政府は中華人民共和国との国交を正常化させた。しかし、「北アルプス」号廃止後の関係は北の国からと共にお察しください。そして、最後まで運行した8500な車両那珂川マレーシアで発見された。

特徴[編集]

  • 全線単線である。複線に出来ない理由は川沿いに走っているため線路が落っこちてしまうからっぽい…なわけないだろ。まぁいろいろあるんやさ。一部並行している名鉄各務原線は複線なのにね。その関係で川崎重工業の航空工作員も訪れる。
  • 電化はされてない。電化工事の予定もあったそうだが、工事会社のストライキにより中止になり、ディーゼルカーでの運転を余儀なくされているらしい。
  • 列車の本数が非常に少ない。2〜3時間に1本のところもある。少ないくせに特急が停まる駅と停まらない駅があったりで面倒くさい。しかしJR東海およびJR西日本はしらんぷりをしている。自由席安くしてやってるんだから、いいだろ? とか。濃飛バスをご利用ください運動を実施中。
  • しかし、いざ特急が運休となると濃飛バスだけでなく名鉄バスが混雑する。せめて、岐阜まで行って岐阜バスも使ってやれよ・・と思う所だが事故るので断る乗客も多いらしい。ただ知らないだけと言ってはいけない。
  • 区間運転列車が意外とある。上りでは、早朝に白川口発の列車がある。下りでは、午後に岐阜発白川口行きや岐阜発飛騨金山行き等というものも存在するが、終点の駅よりも先に行きたい人々にとっては無意味な列車である(下り区間運転列車は美濃太田駅でほぼ人が降りてしまうが)
  • 美濃太田駅以北を過ぎると、時々駅も無い場所で鹿や猪が強引に列車に乗ってこようとするため、轢かれてしまう事がある。そのため、徐行運転もしているが、それでもぶつかる。轢いてしまったら…後は美味しく…とはならないか。動物にも安全講習を行う必要が出てきている。
  • 大人の事情により途中の区間が3年くらい寸断されたままだったが、どうやら運転再開されたみたいだね。2018年にも梅雨の締め豪雨で同じ様な不通が起きたが美濃太田~高山・飛騨古川まではお盆までに、全線に関しては年末までには復旧させると言っている。どうも最近は国土交通省の職員も国道の混雑するのを避けたいらしく仕事をしてくれるらしい。それに類した法令も出来た事もあるが。
  • 西日本区間には「八尾」とか「千里」とか、大阪っぽい名前の駅があったりする。創価おわらで有名な越中八尾と、無人なのか有人なのか分からない千里も、残念なことに大阪の旅行客を中心に「えっちゅうやお」だの「せんり」だの呼ばれるのが通例となっている。

使用車両[編集]

キハ25形
313系に米国製のエンジンを積んだもので、整備の共通化によるコストカットを図ったもので、ロングシート。故に金のない18キッパーから嫌われるが普通の観光客は優等列車を使うのでJR東海はそんな貧乏人共の戯言は全く気にしてない。
ところが近年運用線区が増えてきてはなはだ迷惑。でも、太多線直通の岐阜~多治見間はまだクロスシートの時もあり優遇されている。
キハ75形
快速みえの車両。転換クロスシート車。中間車はないのに、最近になって先頭車を中間に組み込んでゴリ押しで3両編成にしたゲテモノが現れた。こちらはクロスシートなので金のない18キッパーに喜ばれる。こちらもホームが合わないと白川口まで行けないじゃ!!と言い訳して、岐阜~多治見で優遇されている。
キハ120形
大人の事情でトイレを付けられた。猪谷以北で運転。猪谷から南に入ると火災ATSで止められる。
キハ85形
特急形車両で、なかなかの出来だが、こいつもかなりうるさい。また発車後のホームにはディーゼル黒煙が蔓延する。駅のポイントが高速化されていて、こいつが110km/hで通過する時、駅で待つ人は冷や汗をかく。絶叫マシンとも言えるが東海道新幹線以外ではケチなので通過の理由でホームドアは作っていない。逆に時間帯での車両融通がきかないので面倒な事になるし。
新型車両が発表されたので、引退フラグが立っている。

過去の使用車両[編集]

キハ10形(国鉄
近郊型ディーゼルカーのパイオニア。
キハ20形
キハ10形をハッテンさせた気動車。
キハ8500
元・名古屋鉄道所属だったが気動車メンテナンスが面倒になり、会津鉄道に嫁いでいったため姿を消す。その会津鉄道からも姿を消した。と思ったら意外な所で発見されており、1両で転車台を使ってロケット運行をしているとか?2両化する噂も聞いたが
キハ8000
名古屋鉄道所属。見た目は国鉄だが内装は私鉄というバケモノ。足腰が弱く嫁に行けず、1990年前半に天に召された。
キハ40形の中間車代用先頭車
キハ40形、47形、48形
走行音がかなりうるさい!! うるさい!! うるさい!! でも、風情はキハ11形よりあるよな……?
長い昼休を取ることに定評があった。2015年6月にあぼーんされ、例の軍事国家送りとなった。
キハ11形
トイレが無いせいで先輩格のキハ40系列に長距離運用を丸投げしただらしねぇ奴。2015年3月に――だけど、伊勢車両区ではステンレス製300番代がひっそり生き残っているが。
キハ58形
急行型ディーゼルカーのなれの果て。富山近辺で細々と余生を送りたいところだが、自重できない大人たちに囲まれ騒がしい日々を送っていた。2011年3月にさよなライオン

沿線状況[編集]

岐阜 - 猪谷
岐阜は起点ではあるが特急ひだは名古屋から来てバックで高山方面へ向かうが稀に大阪から来る事もあるという。当駅を出ると鵜沼まで名鉄各務原線と並走することになる。特に那加~鵜沼間はかなり近い。また名鉄よりも安い値段であることや駅数の少なさで所要時間の面では圧勝である。鵜沼から山岳地帯に入り美濃太田駅到達する。この駅までは太多線の列車がガンガン乗り込んでくるが奥へ進むにつれて段々寂しくなっていく。さらに美濃太田を過ぎると本数が一気に削られ、普通が長い昼休みをとってしまうため、普通より特急が多い。蛇行した飛騨川を遡りホモプレイヤーがガチで恐れる運転さばきがみものとなる。そのため途中で吐き気を訴える客が続出し内容物を吐くために途中のゲロ温泉で下車するという。すっきりした客を乗せ列車は山を登るが客は嘔吐後の喉渇きを申し乗務員は地元の天然水をジョウロに入れて客に飲ませるのが恒例だという。
山々を避けるようにクネクネ登ると松本方面へ乗り換えができる飛騨高山に到着する。
さらに山奥へ進むと富山県に入り猪谷に到着するがここを直通する列車は特急を除いて全て跳ね返される。
猪谷 - 富山
猪谷を抜けると富山市が近い事もあって北陸臭が段々強くなり途中には八尾とか関西にありそうな駅名があるが誰が気にしただろうか? そんなことをしているうちに北陸線と仲良く走りながら富山駅に到着する。

主要駅[編集]

富山駅
北陸臭が漂う駅のひとつ。富山県で最大級の駅。北陸ブルーの富山では東海オレンジは異色と思われがち。
猪谷駅
富山県最南端の駅で県境が近い。JR西とJR海の境界線を敷いた駅。長野県の南小谷駅と似ているが跳ね返されるのは全て各駅停車。南小谷は南が電化で北が非電という境であるが当線は全線非電化。当然、車両も汽車なので通し運行可能なのだが今のところ特急列車が雄一折り返さない列車である。また境界駅なので乗務員交代も見られるためここから富山方面は東海の乗務員が西日本乗務員に化ける。ただし、数年前までは運転士だけ交代して東海車掌だけ引き続き富山まで乗車することがあった。最近の時刻表を見る限り特急ひだの多くは飛騨古川か飛騨高山止が多いため乗務員交代こそ貴重な秘境駅といえる。駅前には郵便局と商店はポツポツあるものの県境に近いので閑散している。だから凍死には注意だ。
飛騨臭と北陸臭が交じり合う地域。でもどちらかといえば飛騨臭の方が強い。つい最近まで神岡鉄道という奥飛騨温泉までのアトラクションがあった。水蒸気爆発による突風で車両が激しく揺れるという特徴を持っていたが既に廃止している。
飛騨高山駅
この駅で折り返す列車が絶えない。高山が他にある事を配慮して飛騨を用いる。飛騨高山市の中心駅。駅前のターミナルから松本行特急バスの運行もある。
飛騨渚駅
海などないのに渚。飛騨をつければいいのにと渚を付けてあげたよ。渚駅は長野県にもある。
下呂温泉の露天風呂例。もはやゲ*である。
下呂駅
決して嘔吐の町ではないと思われるが、ひそかにゲロを混ぜてるのだろう。どっかに上呂もある。
白川口駅
こんな駅でも特急が止まる事があるらしい。世界遺産白川郷への最寄り駅とされているためと思われる。白川郷へは、ここから進行方向逆の北方向へ徒歩1,620分。一方、白川郷がないが同名の白川町へは、徒歩600秒かかる。
美濃太田駅
昔、頭固い方でも美濃門田駅として話題になった駅。JR太多線(岐阜直通便)と両端が繋がらないままJRよりも先に民営化した越美線を前身とする長良川鉄道越美南線の乗換駅。
鵜沼駅
なんとも平凡な駅。名古屋鉄道の新鵜沼駅に隣接していて犬山線と各務原線にも乗り換えできるとあるが、名古屋と岐阜が頭の名鉄に変えたというのにこの駅などは変えてない。
岐阜駅
起点であり終点である。ただし、特急はこのままバックで東海道本線経由で名古屋まで乗り入れる。また、ごく一部はバックできずに大阪まで行ってしまう。

おまけに乗入[編集]

名古屋駅
愛知県最大の駅にして本線の事実上終点。ここまで来ないと新幹線のお客を取れないためか乗り入れている。
大阪駅
大阪府最大の駅にしてアーバンネットワーク総本山。同様に1往復だけ乗り入れる「しなの」と、同駅発着時点での乗客数争いをしていたが、2016年ダイヤ改正で大阪行き「しなの」が廃止されてしまった。

関連項目[編集]


東西線で押しくらまんじゅう.jpg この「高山本線」は、混雑がひどく、両数を増やす案が出ています。両数を増やして下さる協力者を求めています。  (Portal:スタブ)